需要

積丹岬リベンジ


△ファイヤーライン新調しました(笑)

本日はどうしてもあの、「積丹岬の先端で夜釣りをしてみたい!」と言うのがあって、あそこなら釣り人も入らないだろうし、投げ釣りで春に入ったときに、結構いい思いしてるんですね。

ホッケ、シマゾイ、アブラコ、クロガシラ、○コetc・・・。

あの険しい先端なら、巨ゾイ、巨シマゾイ、巨ハチガラのオンパレードかも知れない。おっしゃーいったるでー!

と言うわけで「北海道フィッシングフロンティアby北海道の釣り」の管理人「サラリーマンんZ」事、私は風光明媚な島武意海岸のポテンシャルを引き出すべく、波風も落ち着く6月にMURAMASAシェフご同行の上、リベンジした次第でございます





下腹ぽっこり






車の中で行きがてら盛り上がるんですね。島武意海岸ではショアブリ狙うアングラーが居るはずなんです。

その外道で「ヒラメ」が釣れてると・・・。

さらに島武意海岸ではダイバーと出くわしたり、○漁のおじさんとでくわします。

必ず「底に魚居ますか?」ときくんです。するとダイバーは「投げ釣りで届きそうなところにヒラメ群れてるよ」と言うんです。

ならば、メタルジグ、10フィート位で投げると届くかもしれない。

他にも「アブラコは無数に居るよ」とも。○漁のおじさんは、「ハチガラもいっぺいるべさ」だと・・・。







△やはり韓国からの漂流物が・・・。

これが島武意海岸のポテンシャルなんです!

じゃ、夜釣りで巨ゾイ、巨シマゾイ、巨ハチガラのオンパレードだべさーと妄想を描いたわけです。

6月の1週目になると日本海も夏枯れシーズンに入ります。釣り会の人達も6月入ったら日本海で大会しないですね。

でも、でも、でもですね。ワームではまだまだロックフィッシュの可能性あるわけです。しかもヒラメがシーズンインしてくる。





そして私の好きな磯ロックです。防波堤の人工物での釣りもなにか私的には味気なく感じるんです。磯は全て自然創作物。

気持ち良い、オゾンも感じられる。釣り人しか味わえない雰囲気を感じられるわけです。

でもって、年齢的なリスクも感じることなく今回も行きました。

もちろん明るいうちに入らないと危険なので、明るいうちに手前の、二万歩の出岬や最先端のルシ岬で試すも明るいうちは良形アブラコは一尾のみです。

ただ、相当ガヤの魚影は濃いですね。








「こっこっこ」とあたりあるわ、あたりあるは。

豪腕「岩鬼&ファイヤーライン」直結なもんですからはじくはじく(笑)

そして夜に突入です。幸い日中は岬の先端から吹いていたのですが、日暮れと同時に逆風になりました。

あたりはあるのですが、がやばっかりでございます。

そこに!来ました!待望のハチガラ君。でも22センチと小ぶりです。
続いてひれの先が青々ときれいなマゾイ君です。でも20センチ無い(笑)













この時期、8時過ぎないと真っ暗にならないですね。その後期待したのですが、子ガヤのオンパレードでした・・・。

巨ゾイどご行った!町長呼んでこい!

と積丹町攻めてもしょうがないし・・・。今年は春の巨ゾイに見放されましたね。






△蛙が泣く季節になってきましたね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/440-efdc4ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ