需要

小樽沖ボートフィッシング



今週は昨年もお世話になったアーティクル号で小樽沖周辺のロクフィッシュ&ヒラメ狙いです。昨年、7月14日に60センチのヒラメを釣ってます。

期待が高まります!波の方も小樽に着いてみるとほぼベタ凪の状態。予報では1.5mだったので心配してましたが、過去このボートに乗った中では一番条件良さそうです。

今回の同乗者はひらきんさんのみです。今回は無理をお願いして朝の4時から出航と、磯近くのロックフィッシュお願いしておりました。

さて、ほぼベタ凪ほぼ無風の中出航です。





△途中の祝津漁港右側の山です。

最初のポイントは昨年60センチのヒラメを釣ったオタモイ沖の32mラインです。リグも昨年のヒットパターンアパワーホッグ4インチにZ式シンカー6号2連結です。

波が無いとは言えこれでも、32mラインまで来ると潮の流れが速く底を取るのが難しいです。流れに任せてラインを送って、一度底に着いたかなと思われるあたりで、ベールを戻し、誘う感じで底を切りながらロッドを煽って、巻き取り、また送ってやる感じで誘います。



流されすぎたら巻き上げてまた繰り返す感じです。

実は岩鬼はこのボートフィッシングも意識して買ったロッドで狭い船上で使い回しがしやすい長さと、ロッドパワーあってちょうどよかったです。

1時間も経過した頃でしょうか、ひらきんさんが「来たー」と興奮気味に叫びます。1オンス2連結のベイトロッドが良い感じでしなってます。

魚が見えました!クロゾイです!ナイスサイズ!40センチ以上ありそうな感じです。船長がタモ入れをして船上へ。太った40センチジャストのクロゾイゲットです!





時期は少し過ぎたとは言え、出ましたね。船長曰くここ数年だんだん釣れなくなっては来てるようです。やはりボートが多いのとポイントも限られるからだそうです。

私はと言うとここで何かが引っかかる感じがして、巻くと付いており、かなり重いのがリグに引っかかって、寄ってくるのですが、必ず途中で抜けちゃう感じで、そんなのが数度あってお魚は拝めませんでした。

長い海草のような気もしますが・・・。

あたりもなくなったので、今度は24mラインまで岸よりして、ロックフィッシュ狙いです。予定では祝津沖ぐらいから窓岩まで探りながら移動して、もしやデカゾイ、デカアブ、なんちゃってヒラメ狙いです。



今度はあたりが連発に来ます。が、乗らないの繰り返しです。ひらきんさんが掛けると、正体は「ガヤ」でございました。



相当な数のガヤが群れてる感じです。ひらきんさんに25センチ程の良型ガヤもヒットしております。

ボートの方はと言うとデカイのが中々来ないので移動移動の繰り返しです。便利なのはセンサーとGPSが付いていて、海底の深さと状態が分かることです。魚が居るとセンサーに映ったりするのですごく便利です。



ロックフィッシュ狙いなので、当然海底も岩場中心に攻めざろう得ません。したがって根掛りも頻発します。海底の地形を見ながらかけ上がりや、大きな岩場中心に攻めます。





通称滝の流れ込み前、12?13mラインに移動してきました。ここではガヤ、ガヤ、ガヤのオンパレードです。サイズも全て20センチ以下のレギュラーサイズばかりです。





テキサスでリフトアンドフォールさせてたのですが、着水と同時にガヤが寄ってくる感じで、ガヤの中からビッグフィシュどうやって抜き出すかがポイントです。

そこでジグヘッド21gにアカパルスでスイミングで攻めてみます。ガヤらしいあたりはすぐにあるのですが、そこは我慢でスイミング続けます。

フック大きいのでガヤは乗ってこないんです。すると「どしっ!」と乗りましたね?。30センチ後半ぐらいのアブラコヒットです。



デカアブとは言えませんが、良い引き楽しめます。さらに同じポイントで同じパターンで今度はサイズアップの40センチがヒットです。

ちょいと不安だったのでこちらはタモ入れお願いしました。





とにかくガヤはあきれるぐらい居ます。ひらきんさんは、ちょうど岩と砂の境目だったので、沖に向かってメタルジグ投げて、ヒラメ狙ってましたが、それでもガヤの猛攻にあってました。

さらに移動で窓岩の付近にまで来ます。やはりここでもガヤのオンパレード。一応、ヒラメ狙いなのですが、中々お目にかかれません。



そこで船長にお願いして、以前、塩谷で犬を散歩のおじさんが、ボートで塩谷と忍路のラインにヒラメポイントがあって、ずいぶん良い思いをしたと言う話を思い出し、塩谷沖まで行ってもらう事にしました。

先月まで忍路の船のヒラメ漁やそんな話もあって船長も竿を出したことないと言ってましたが、海岸に居るぐらいですから、沖に居ても不思議じゃありません。


△塩谷漁港の沖通過


△ひらきんさんカレイをすれで・・・


△ポイントです

着いてみると無数に網が仕掛けてあります。その網の付近24mラインで試すことに。これが、底取るとあたり頻発なんです。でも絶対乗ってこないんです。

ひらきんさんとフックサイズ落としたり、ワーム小さくしたり正体探るべく奮闘してました。するとひらきんさんにヒットです!なんと正体は「カレイ」でした(笑)



ようやく気が済んだのでヒラメ狙いに徹すると、まもなく船長のバケ釣りにヒットしました。ヒラメしか掛からんでしょう。

35センチ無さそうなヒラメがヒットです。ヒラメ居ましたね?。もちろんリリースです。



結局、塩谷沖ではそれ一枚のみで、最後に朝里沖まで一気に移動掛けます。

過去には70センチのヒラメが上がったポイントまで移動します。便利なのはGPSに釣れた時のポイントが地点登録されており同じところが一目両全なんです。

海底の形が変わったりすることもあるでしょうから、必ず同じポイントで釣れるとは限りませんが、目安にはなります。

こちらの海底の状況はかなりの荒根で過去、ソイやアブラコが必ず出たポイントだそうです。14?17m位の間です。

やはりあたりは頻発してきますが、乗りません。ガヤでしょうかね。案の定ちょっと油断すると根掛します。

そんな時、船長のエサ釣りの放置竿がぐんぐん引いてます。船長が慌てて巻き上げると、なんと40センチ近いマゾイが上がってきました。



時間もお昼近い時間帯です。考えて見ると朝の4時からですから8時間経過しました。誰も止めようと言わないので、さすがに疲れの色も見え始めたので、12時を回ったあたりで終了と言うことで切り出しました。

帰ってニュースを聞くと気温も30度越えたそうですね。真夏と同じです。船上も後半風が吹くと気持ちよかったですが、かなり熱かったです。

今度はもうちょっと早い時期にチャレンジしてみたいですね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/433-57552c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ