需要

これで本当に最後のISOフィッシング


▲hojo号で釣り場に向かう車内。たいしたあずましい・・・。

今年の磯も先週で最後かと思っていましたが、

先週の車中で同じチーム激磯のy旦那さんと
来週は太平洋のソイでも釣りたいねと話していました。

何といっても太平洋のクロゾイはほぼ「黒ゴマ」
がついてないんですよね。



ここでこの自分のためにも「黒ゴマ」の正体のおさらいです。

扁形動物吸虫類の一種、リリアトレマ・スクリジャビニ
という寄生虫のメタセルカリアと呼ばれる

発育段階の幼虫です。この幼虫がクロゾイのなかに入ると
魚の異物反応によって、袋状に覆われるそうです。

その袋にメラニン色素が沈着して黒く見えるようになります。
なので黒ゴマを破るとこのメタセルカリア

が出てきますね。じっくり見たことないでっすが(-_-;)

リリアトレマは寄生虫なので宿主が必要となります。

成虫はヒメウやセグロカモメに寄生してるそうで、
卵が糞などに混じって体外に排出されます。

その卵がどこに寄生するか分かってないそうですが、
リリアトレマの幼虫であるメタセルカリアが

幼虫の宿主であるクロゾイ、アブラコ、ガヤに
寄生して幼虫になるそうです。


そして、その魚を捕食するヒメウに食べられ、
成虫のリリアトレマになるそうですね。

今のところこの黒ゴマの正体「メタセルカリア」が
人間に寄生して害を及ぼした事がないそうなので

安心ですが、やっぱり食すのはキモイわね・・・。

そんなんで、美味しく綺麗なソイを釣って食べようと
計画してたわけでございます。

週末に近づくと、冬の気圧配置でしたが、
噴火湾はなんとか良さげな感じです。

はじめは苫小牧ボートフィッシングあたりでソイを
狙おうとも考えていましたが、

波もないので、やっぱチーム激磯メンバーとしては
磯でやりたい!(笑)

そこでy旦那さんから潮回りも夜の9時半にかけて
干潮になるので小幌か川尻のサキあたりでどうですかと打診があり

今回は、同じチーム激磯センターのhojoさんと
新しくチーム激磯に入隊した秀怜丸さん


4人で川尻のサキへ入磯することにしました。


何度も川尻の先に入ったことはありますが
夜に入るのは初めてでございます。

しかも新月の大潮で干潮での入磯。

波の予報が良いとは言え、太平洋特有のうねりや、
季節的な天候の急変、寒さも手伝い、不安は不安でございますね。

しかしながら現地に到着すると波なし、風なし、心配された
雨も持ちそうと、なんとか釣りには支障なさそうです。

それに今回は4人での釣行ですから、真っ暗な磯でも
心強いです。

そして釣りにも集中できます。寒さだけが心配ですが。

川を渡り、磯を歩きだしますが、
こんなに潮が引いてる川尻のサキに入るのは初めてですね。


▲分かりにくいですがかなり平盤から潮が下がってます。

一箇所だけ先端に出るのに危ないポイントあるのですが
全然、岩が露出しており、ラクラク先端にでられました。

早速、思い思いのリグでスタートです。

時間にして干潮一時間前の八時半ころでございます。

根掛かりが少ないのは知ってましたが、あまりの波の
静けさに、6号シンカーのテキサスリグから試します。



遠投掛け、大げさなリフト&フォールで探ります。

反応がございません・・・。(-_-;)

平版に近づくと「こっこっ」と小さなあたり。

うぉりゃーと合わせるとやっぱり「ガヤ」(^^ゞ
そして、ナマコもヒット(笑)





皆さんも同じように苦労されてます。反応あるのは
小さなガヤか小アブラコぐらいです。

車中でも30アップ3本ぐらい釣れたらいいね、
なんて話してましたが、まったくソイが釣れないんですね。

しかも、噴火湾なのに不気味なぐらい静かです。

益々、釣れる気がしませんね(-_-;)

さすがにあたりも遠いと寒さもこたえること・・・。

時々、気合を入れて叫びながらキャストします(笑)

途中、スプーンリグに変えてスイミングさせるもやっぱりガヤ。




▲ガヤの連発・・・。

ジグヘッドにチェンジして、遠くでなんとかヒット
するも小ソイ&ガヤ。




▲こいつは20センチ以上有りましたが・・・。

やっぱり、中々大型が出ませんね。

それでも、hojoさんy旦那さんまずまずの夜アブ上げてましたね。

時々、暖を取るためにロッド置いて平盤の上歩き回ります(笑)
なんせ外気温1度でございますからね。

潮が動き始めれば、大型も潮に乗って回ってくるかと
ロッド振り続けましたが、

大潮の噴火湾は釣れないという定説はあながち本当かと
思えてきたのが、この日確信にかわりました(笑)

お持ち帰りサイズなしで、これで本当に今年度最後の
ISOフィッシングが終了でございます。

多分ですが(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/41-4dec535c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ