需要

釣り三昧の3連休のはずが・・・



3連休は釣り三昧と行きたいところでしたが月曜日は仕事。となると土曜日か日曜日しかありませんが、これまた天気が悪い。

波の高さを見るとかろうじて日曜日の後半から回復傾向ではあります。

しかし、西風が強く釣りが出来たとしても釣り場所が限られそうです。そんな条件の悪い中、平日に釣行したロックさんからハチガラのいやみな写真が届いたものですから、ハチガラ釣りに行きたくてうずうずしておりました。

初めは苫小牧の流しを考えたのですが、電話で聞いてみるとすでに予約で満杯状態。話を聞くと船が出せても底荒れ後なので、釣れない可能性も高いとの事。

そうなると他の船を捜す気分もすっかり萎えてしまい、だんだんとモチベーションも下がり気味でございます。

しかし、折角の休みでもったいないので日曜日の夕方、近場で釣りが出来るところが無いか探して見ました。


以前、海水浴に行ってロケハンを済ましていたのですが、すっかり行く機会を逃していた「オタモイ海岸」札幌から近いし、西風避けれそうだし、何よりも泳いで海底の様子見ていたので、魚が付きそうな海草が結構生い茂っているのです。

したがってうになどの魚介類も豊富でございました。魚がいかにも住み着きそうな感じです。沖では船釣りのポイントでもあるし、夜釣りならハチガラポイント間違い無しといった感じです。

が、しかし着いてみると思った以上に、波風が吹き付けています。白波も立っており、うねりで入ろうと思っていた、岩場がさらし状態に・・・。

こりゃ無理だわ。このうねりだとどこ行っても無理だろうと考えていたのですが、このような状態でも釣れる場所が近くにあるんです。

そうだ!あそこしかない!そう「忍路漁港」。

ここはかなり奥深い湾状になっているのでどんなに時化てても釣りは可能です。奥に行けば磯もあるし、もしやハチガラが潜んでいるかもしれない。

漁港はあまり期待できないけど磯で釣れるかも知れないと思い、車を走らせます。案の定、着いてみると港内はベタ凪。磯場の方も何とか釣りになりそうです。







防波堤の付け根から歩いて向かいますが、いける所まで行って見ましたが、磯に出てみると意外に風が強い。

仕方ないので少し戻ったところの大岩の上でロッド出してみることにしました。まずは日暮れ前なのでアブラコでもいないかと思い、Z式シンカー5号で、底の状況探るのも兼ねて探りいれます。

平盤が張り出しているようで、波の状況で分かるのですが、そうすると結構ポイントが限られそうです。しかしハチガラなら1mの水深で30センチクラスが潜んでますから、浅いといえども侮れません。




△白い雲を引きづりながら飛んでいた飛行物体



あたりも一度だけ「こつこつ」っと来たきりで、リグを二つロスとしてしまったので、マッカ岬で使用したウキワーム釣りにチェンジです。

今回はフックをオフセットからフカセバリに変えてフッキング率アップすると共に17号で小物は排除です。例によってサンドワーム付けて探ります。

1時間ほど粘りますが、まったくあたりが無いので、漁港の方へ移動してみます。到着時、結構な数の釣り人居ましたが、日が暮れても、釣り人結構残ってます。

テトラ越しにウキワームで探りいれますが、テトラ際でこつこつ小さなあたり連発しますが、小物っぽく、フッキングに至りません。



魚影もかなり薄そうなので、この際ヒラメ狙いにチェンジです。意外にヒラメ狙いアングラーっぽい人が少なかったですね。

空いていた先端側でGパルス赤で岩鬼に持ち替え、探りいれます。数投目に小ゾイ君ヒットです。その後も釣り人の合間縫って、内海側で探り入れますが、反応皆無です。ま、ヒラメ狙うとなるとこんなもんですが。





さすがにあたりもないと飽きてくるので、再びテトラに戻って探りいれてると、まあまあの引きで23センチ程のソイ君ヒットです。

気持ちはハチガラだったものですからすぐに飽きてしまい、最後に根掛りでリグ一つロストして終了でございます。



tanaさんから月曜日室蘭行きませんかと誘われたのですが、行きたかったなぁ?。いま原稿かいてて天気予報見ると晴れだし、デカアブやソイ釣ってるんだろうな?

なんて思うと、いてもたってもいられません。

週末→条件悪し。ここんとこ釣り人に厳しい週末続きますね。

探りメール入れてみよっと。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/405-eda6a825
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ