FC2ブログ
需要

ハチガラ釣りたい。


△駐車帯付近のようす。超ベタ凪。

ハチガラとはフカサゴ科メバル属の魚で生息は北海道の日本海側が中心となってる魚。いわゆるソイの仲間であるが、離島ではかなり魚影が濃いところもあるそうです。以前、天売島でハチガラ釣りを投げ釣りでした事があるんですが、2?3時間で10匹以上釣ったことを思い出しました。

生息域が磯場の根掛かりが激しいところのため、仕掛けのロストが激しく釣りに行きたいのだが、あまりの激しいロストで狙う気持ちが萎えてしまうことも多いんですよね。

ただ、釣った人は分かると思いますが、あの引きを味わうとやめられないんですね?。

しかもソイと同じくワーム釣りでの好ターゲットになるため、釣りものの少ない夏場など主に狙いに出かけたりしております。

で、春に刀掛に釣りに行ったときに、夕まず目までパタパタとカレイやらアブラコやら釣れたのですが、暗くなったとたんパタリと釣れなくなったのすね。

刀掛で釣れないことは無いだろうと思っていたところに、今週末は久々に凪の予報であります。ならばリベンジするしかないでしょう!

と言うことで今週は岩内は雷電海岸、刀掛けでハチガラ釣りリベンジでございます。

△途中の岩場。

午後4時には駐車スペースに到着です。今回はいくさんとのコラボレーションフィッシングでございます。どうもいくさんのイメージは港なのですが、磯に行ってみたいと言うことなのでご同行いたしました。

と言うか、一人の夜磯は怖いので無理矢理お誘いいたしました(笑)


△旧トンネル入り口が見えてきます。


△反対側から見たところ。


△落石が・・・。

例によって岩場を歩き、旧道を進みながら刀掛け目指します。途中、落石なんかもあって、チョット怖いですね。こんな道、バンバン車通ってたわけですから、いつ落石事故合っても不思議じゃなかったでしょう。


△途中に掛かる覆道


△刀掛けが見えてきます。


△降り口の階段。


△釣り場から見た橋。


夕まず目はアブラコ狙いです。するといくさん45センチの良型2投目にヒットです。嬉しそうな顔してますね?。

あ、そうそう、いくさんもネットで岩鬼のベイトロッド購入して、今回が試竿だったようです。で、45センチ掛けましたから、これで魂入りましたね。そしていくさんもチーム岩鬼入隊です(笑)



明るいうちに、前も来たときに確認したんですが、先端まで入ってるお方が居るような痕跡があったので、このベタ凪なら怖くないかと思い、チョット渡ろうかと思ったのですが、やっぱりこの幅はいくら板とロープがあるからといっても、やはり怖くて渡れませんね。




△先端側の岩場。行けない・・・。

仕方ないので手前の岩場で四方八方探りいれます。風もないのでZ式シンカー3号まで落とし、ガルプ4インチミノーで、もしやの抱卵アブラコ狙います。



最初に上がってきたのは20センチ程のクロゾイです。ま、あたりはそこそこあるのですが、小さいためか 乗らないんですね。

次に、まぁまぁのクビ振りダンスで30センチ程のアブラコゲットです。
まだ、色も変わってないし、産卵岸よりシーズンは後ですね?。



そして、期待の日暮れハチガラタイム突入です。

ウキワームロッドにチェンジし浅場中心に流します。



方向変えて流します。

移動して流します。

とにかく流します。

しーん・・・。

まったくあたりございません。いくさんも小ゾイ程度でさっぱりです。夕まず目過ぎるとまったくあたりなくなりました。

期待はずれか、刀賭け、ハチガラいねぇーぞ、刀掛け、ガヤすらいねぇーぞ、刀掛け、増毛方面のほうがよっぽど魚影が濃いぞ。

「町長呼んで来い!」

と叫んでも魚が釣れる訳でもなく。仕方ないのでいくさんに「岩内にヒラメでも釣りに行きましょう」と告げて、正味2時間ほどで岩内向かいます。



8時前には岩内西防波堤に到着です。車も10台ほど止まっております。防波堤歩き出すとイカ狙いの釣り人半分、ヒラメ狙いのアングラーが半分と言った感じです。

基部付近からGパルス赤で流し始めます。こつこつと投げるたびあたりがあります。数投目、手前でがつんとフッキングです。

魚が見えました!すーっ・・・

バラシでございます。たぶんソイでしょうね?。

近くにいたイカ狙いの釣り人に話しかけると4?5ハイ釣ったと申しておりました。一瞬、ワームイカ釣法でやろうかと思いましたが、しばしヒラメ狙いです。

30分が過ぎ、1時間が過ぎ、あたりはあるんですが、小ゾイっぽいです。さすがにほぼ無風ベタ凪ですから、魚の活性も悪いのか、時間帯が悪いのか、ヒラメが居ないのか、こうも釣れないと飽きてきます。

ならば!ワームイカ釣法始動!

テトラ側に浮き釣り師の間に陣取りゲーリーヤマモトスーパーグロウにライトを当てて光らせ、イカ針付けたオリジナルリグでキャストします。

狙い方はカンタン。

キャスト、着底。大げさにリフト&フォールです。イカはフォール中に乗ってきます。なので大げさにロッドを持ち上げ、フォール時間を取るようにします。

1投目。キャスト、着底、リフト、フォール、「ムムっ!」

乗りました!巻いてきます。イカが一定の間隔で引っ張るのがロッドに伝わってきます。ようするに脚に針がかかってるので、逃げようと引っ張るわけです。



うぉー小さいけどヤリイカが掛かったぜ!
2投目。キャスト、着底、リフト、フォール、「ムムっ!」

また乗った!

今度は抜き上げる途中でぼちゃんです。

3投目。キャスト、着底、リフト、フォール、「ムムっ!」

またまた乗った!これ、確実に浮き釣りの人たちよりヒット率高いです。

今度はかなり重い。

シュー、シューと海水を吹き上げながらイカが見えてきました。胴長30センチぐらいありそうな大きな茶色のマイカです。





これって・・・。




おもしれぇ?



1投1匹確実に乗ります。そんなこんなで正味1時間程でゲット3匹、海面バラシ2匹、途中バラシ2匹とかなりの確率で乗るの分かりました。








この釣り・・・。










おもしれぇ?


病み付きになりそうでございます。ロッド軟らかいのに変えたらもっと確保できたでしょう。

と言うことでハチガラ、ヒラメはボンズ。イカ3バイで今週は終漁でございます。



帰りに袋がなかったので、イカをタモアミに入れて運んだら、底を食いちぎられておりました。イカは歯がするどいので、素手で触る場合は注意が必要ですね。

タモアミのアミ参りました(笑)縫うか。


スポンサーサイト



[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/404-070b10a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ