需要

抱卵ボッケ今年もアウツ・・・。



今年はタイミング外しに外しまくってますね。完全に時期の後追いやってました。1年を振り返ると春の、のっ込みの抱卵ソイ。完全にタイミング外して釣れませんでした。

そして、もしかしたら海水温度高いので狙えば釣れるかも知れませんが、ヒラメです。これも時期こそ長いのですが、他の釣り物を狙って、まともに狙いに行けませんでしたね。

さらに鮭。今年も枝幸の鮭、天候により延期延期であえなく中止です。カジカこそ何とかなりましたが、抱卵アブラコの岸よりもタイミング外しましたし、雪が降る前の磯での夜釣りも出来ませんでした。

こう考えると欲張りだったですね(笑)

自然相手の趣味ですから、天候にどうしても左右されてしまいます。

今回の抱卵ボッケは完全に外しました。

抱卵で爆釣時期はどうも11月3週目あたりだったようです。週末の天気予報は土曜日が波風なく、バッチリの予報で日曜日は一転崩れる予報でした。

ならば土曜の朝まず目、抱卵ボッケ釣って、美国のマメイカでも釣って帰ってこようと計画しておりました。
FXの始め方、外国為替人気の業者リンク集
レーシックのデメリットや種類を紹介
クレジットカードとキャッシングのリンク集
アルバイトや転職に関するリンク集
ダイエットや美容・健康に関するリンク集


夜明けぐらいに兜の千畳敷着いてみるとすでに満員御礼。波風ないので広い兜の千畳敷ですから、ポイントは広いです。

しかしじっくり凝視しているとあまり竿が忙しそうに動いてないんですね。

ちょうどたなさんが隣の盃漁港に居るので電話で聞いてみると、そちらもぱっとしてないとの事。

磯に下りて、ゴールデンポイントの右の湾洞が空いてるので行ってみると、群れが入ってる様子無いんですね。

先に入っていた釣り人に聞いてみると先端しか釣れてないとの事。

見てると先端と左側で、ぽつぽつと言った感じで、兜の千畳敷に居た2時間ぐらいでもいい釣り人で10匹ぐらいでした。



私はワームで釣るつもりでしたので、コマセも撒きつつ、右側で攻めますがまったく反応ございません。

仕方ないので万が一のため持ってきていたブラーに、カラフトマス釣りで余していた紅イカ(笑)付けて試すもまったく反応無いんですね。

それでも、釣れてる釣り人の横に入らせてもらって、同じようにワームやブラーに紅イカ試すも反応無いんですね。

釣れてる人はウキ釣りで、エサまでじっくり確認しませんでしたが、釣れてる人は同じ人に限られてました。ここでも先週に引き続き、擦れた魚を釣るには、仕掛けなどのシステムが必要になることが分かります。



私は食い気満々のホッケ想定してたので、結構安易に考えてました。

その違いがたなさんで、隣の盃漁港で、まずは夜中に入り場所取りからスタート。そして見えるホッケでほとんど釣れないウキ釣り師を尻目に34匹も釣ったそうです。

釣り方はフカセ釣りだったそうです。いかに自然にエサを漂わせ、喰った瞬間に、即、合わせを入れての釣果だったそうです。

喰い付いても吐き出すことが多かったそうですね。

で、気になるホッケの魚体はと言うと、25センチぐらいの痩せた魚体、つまり産卵が終わったということです・・・。


がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

今年も抱卵ボッケ逃してしもた・・・。


△ふぐが釣れてましたのでまだ海水温度は高いんでしょう。


ならば、こんなに凪のいい磯もこの時期めったにないので、島武意海岸に行ってみることにしました。アブラコぐらい釣れるべとたかをくくっていたのですが・・・。


△水溜りは氷が張ってます。気温は低いです。







12月ともなれば葉っぱも生い茂ってないので、すごく入りやすかったです。

しかも、誰かが入っていたと思われる足跡も残ってました。居るんですね、私以外にもつわものが(笑)

時間にして10過ぎぐらいだったでしょうか。時折差し込む日差しで、崖の頂上から見る海岸は大変綺麗でしたね。

実はちょっと風邪気味で鼻水がブーブーだったんです。体調万全ではなかったので、一番手前の磯でやることにします。

と言うか、体調万全でなければ釣りに行かない方が良かったかもしれませんが(笑)

右に左に。方向変えて探りいれます。時々「ちょんちょん」と言う小さなあたりがあります。えいやーと合わせを入れますが、乗らんのです。





ま、ガヤでしょうけど。何度かやり取りしてると、乗ってきました。案の定ガヤでございます。

四方八方探りいれますが、ガヤのみでございます。

どうやらアブラコにもふられたようです。それじゃ天気も良いし、野塚の岬の湯に入って夕まず目戦考えます。

と、その前にせっかくなので、この海岸来るたびに、もしかして登れるのではと思っていた、黄土の火山灰っぽい斜面登りに挑戦してみました(笑)







これがところどころ軟らかい土でしたが、固いところがほとんどで、一直線で登れます。ただ、岩と言うか、火山灰質の土の塊がそこいらじゅうに、転がっているので、落ちてくる危険性はありますね。

登りに利用するよりも、くだりでまっすぐ降りた方が良いかもしれません。

でも、さすがに急斜面ですから、息は上がるは、2?3回休みながら登らないと、上りきれません。上りきった頃は汗でびしょびしょです。

即効、岬の湯目指します。



温泉はこの時期良いですね?。疲れた体を癒してくれるし、汗も流れてさっぱりです。露天風呂から見る神威岬も綺麗ですね。後半からくずれる予報でしたが、いたって穏やかな天気です。

休憩所も広いし、飯食ってねっころがって最高の気分です。


△カメムシと一緒に寝てました(笑)

小一時間寝て休憩&作戦タイムです。

どうせホッケやっても同じ結果だろうし、やっぱやった事が無い美国のマメイカですね。

と言うわけで、休んでから美国漁港へ行って見ます。居ましたね。釣り新聞の記事に出てたようにジモティー子供達が小さなエギで狙っております。



おじさんたちもウキ釣りで狙ってるのが見えますがさっぱり釣れてる様子ありません。地元の人たちが次から次へと釣果尋ねに車でやってきますが

「一匹も釣れてね?」「がっはっはー」と言う会話が聞こえます(笑)

一人のおじさんに声掛けて聞いてみましたがぜんぜん釣れてないとの事。

30分ほど様子見ましたが、まったく釣れてないようなので、余市港のイカ狙いで夕まず目一本勝負しか、どうやら無さそうな気配になってきました。

まったくもって穏やかで波風ありませんでしたが、こんな日に限って釣果も穏やかなんですよね?。

さて、最後の余市港は午後4時半には到着です。

本日は早朝よりかなりの時間、遊んでいます。実は先週、昼過ぎに家に帰ったらカミサンが「もう帰って来たの?」なんて聞いてくるものですから、晩飯までは遊べるなと踏んでおりました(笑)

南防波堤の基部付近からどうもチカ狙いの釣り人が結構居ます。

ガードレール付近にはウキ釣りで明らかにイカ狙いの釣り人も居ました。

南防波堤に登ってみると角ではイカ狙いのウキ釣り師が1名。何かあまりいい時間帯にも関わらずイカで賑わってる様子ありませんね。

しかし、今日はこれでラストチャンスなので必殺ワームイカフィッシングで狙ってみます。

ほぼ独占の南防波堤をまずは左側で狙ってみます。キャスト、着水。カウント数えロッドを煽って、フォールさせます。その繰り返しで足元まで探ります。

反応ございません。

防波堤中央付近で繰り返しです。

反応ございません。

防波堤右付近で繰り返します。

反応ございません。

防波堤右角で余市の街方面めがけて繰り返します。

反応ございません。
 反応ございません。
  反応ございません。

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

ガードレール付近のウキ釣り師のお方もまったく釣れてない様子。


△このライトですから夜に魚が集まるんでしょう。

さすがに眠気と空腹が襲い掛かってきて、やる気モードが下がってきました。1時間ほど粘りましたが、やめます。終了!

一番最初にも書きましたが、今年は後追いで釣果に恵まれないケースが多々です。これからはホッケはいったんさて置き、ソウハチとコマイを年内確実に釣る計画を立てたいと思います。

釣れるときは必ず最初に訪れます。それを聞いてからでは遅いです。

帰りに床屋で話してたら、案の定、美国で2週前にホッケ200匹釣った話を聞きました。産卵岸よりフレッシュラン、食い気満々ボッケはもう終了でしょう。


△最後に息子カットです(笑)
FXの始め方、外国為替人気の業者リンク集
レーシックのデメリットや種類を紹介
クレジットカードとキャッシングのリンク集
アルバイトや転職に関するリンク集
ダイエットや美容・健康に関するリンク集
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/397-7f67004a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

兜千畳敷、カブト盃漁港の抱卵ホッケ釣り、のリベンジ

2008年11月29日、今日の速報です。レポートを加筆修正しました。 またカブト

北海道の釣りを楽しもう!?北海道エンジョイフィッシング![2008/12/01 00:27]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ