需要

茨戸川ワカサギ釣り下見詳細



本日、来週のhojo家との恒例ワカサギ釣りの下見と言うことで、いつもの茨戸川の教育大裏にワカサギのチョイ釣りに行ってきました。
暖冬なので一番気になっていたのは氷の厚さなんですね。駐車スペースについてみると確かに雪は少ないんですが、雪ががちがちです。

午後の2時過ぎに付いたのでさすがにワカサギ釣りの釣り人少なかったです。車が数台です。
もともとこの場所は釣り人少ないですから。午後ならなおさらですね。雪が無くて、改めて川までの道のりがどんなのだか分かりますね。

↓ワカサギの煮干し







道路から川まで50mぐらいあるのですが、木を養生する添え木がきちんと整列して並んでいるし、
近くには遊具っぽいのがあったので、整備された河川の川原のような感じですね。冬しか来ないもので分からないんですよね。

で、毎年あるのですがワカサギ小屋が2棟ほど。釣り人がちょうど帰り支度始めてました。他にもテントが一張り。
川の状態も何せ雪がないので、邪魔な雪も無く、スケートリンク状態ですね。

風もなかったし雪も降ってなかったので、テントなしでの釣行です。天候はばっちりだったのですが・・・。

まずはドリルで穴を二つ開けます。なにせ年に一回しか行かないものですから、仕掛けや竿、リール、
どんなのがあったか忘れちゃうんですよね(笑)竿が3本、仕掛け多数、リールはベイトリール(笑)が二つ、スピニングが一つ。

氷の厚さ50センチぐらいありそうですね。ただ、昨年よりは薄いのは確かです。

ワカサギウォーム、赤虫をえさに秋田狐針1.5号の仕掛けに、一個づつ丁寧につけてって、これが寒い冬だと
かじかんでめんどうなんですよね。ホント思うのはワカサギ釣りほど、大きさの割りに道具が大量に必要な釣りないですよね(笑)

直径20センチほどの穴にワカサギ仕掛け落とします。しばし・・・・・・・・しーーーーーーーーん。はんのうなす。




すると、テントの釣り人が携帯電話で話してるのが聞こえます。
おじさん「がっはっは朝からワカサギ3匹しか釣れてないわ!」

あれれ、こりゃだめだわね。それでも、一本の竿に、あたりが来ました!ちょん、ちょん。
よっしゃー、あわせだーー。くいっと竿、煽りますが、なんか軽いし、みたいな・・・。



案の定、ワカサギ付いてません。完全にモチベーション下がります。
日暮に釣れるのはなんとなく分かっていたのですが、これじゃ知れてると思い、下見だったので
このは場所は諦め、色んな場所見に行きました。

まずはすぐ近くの、茨戸大橋のポイント。夕方に関わらず釣り人10組以上居ましたね。
聞いたり、見たりして回ると、数はそんなに出てないのですが、型がでかいんですね。



話をしてた親子が、すぐさま15センチクラスを釣り上げ「でかい、でかい」と言って喜んでましたね。
その後、一番有名なポイント、川の博物館前を様子見。さすがにワカサギ釣り人多いですね。

帰る釣り人も多いですが、それでも夕方の4時過ぎてるのに30組ぐらい居ましたね。

帰る釣り人のバケツ見ると20?30匹ぐらい入っていたので、そこそこ釣れてたんですね。
やっぱ、型はでかいです。



そこで今年の傾向ですが、型が大きくて数が釣れないパターンですかね?。
来週のポイント困っちゃったな?明日の朝、リベンジすっかな?(笑)

ワカサギ関連商品はこちら
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/375-fcb00cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ