需要

マイワシ釣り



マイワシ釣りに行ってきました。北海道は苫小牧市苫小牧東港のフェンス前です。ここのマイワシ釣りの時期は1月から3月ぐらいまでです。

確か以前はゴールデンウィークあたりまで釣れてたようなときもありましたが。

ま、前置きはさておき、夜中の2時には札幌を出発。たなさんから暗いうちは小アジが釣れると聞いていたので、暗いうち小アジ、明けてからマイワシ釣りです。




マイワシ関連商品はこちら
やはり付いてみると小アジ狙いの釣り人は居なくて、皆さん車中待機です。しかし案の定場所取りされてます。

何とか入れそうな場所を探し、三脚を立ててちょっと大きいかなと思いましたが、サビキ8号で狙ってみます。

ポイント的には以前マイワシ爆釣したところです。

大げさにしゃくると結構、あたってきます。と言うか、多分群れが居てあたるんだと思いますね。

案の定、最初に掛かってきたのは小アジの擦れ掛かりです。サイズ的には15センチほどですね。

でも、あたりが遠いです。サビキが大きすぎたのかも知れませんが、コツコツあたりはあるものの乗らんです。

ま、本命はマイワシなので、あまり力はいってません。

結局、小アジは二匹のみです。

さ、いよいよ夜もしらーっと明け始めマイワシ本番です。釣り人も車から続々出てきます。

が、あたりが遠い・・・。

周りも同じような感じです。

それでもしゃくるとようやく本命マイワシ君が掛かってきます。

でも、小アジより小さいのよね?。10センチ位かな?。ちっちぇー。

そこでサビキ7号に落とします。見ると隣の隣ぐらいの釣り人がぽつぽつ釣れているので、聞いてみると、サビキ2.5号で錘もかなり小さいの使ってるようです。

私の入ったポイントは排水溝そばなので流れがあるために、周りとのトラブル避けるために10号使ってました。

ならば、サビキ3.5号まで落とし錘も思いっきり軽くしてチャレンジです。

それでもあたりは遠く、ようやく5匹目追加です。時間にして7時半ぐらいでしょうか。

コマセカゴは付けてたのですが、まずあたり遠いっす。それからオキアミ擦ってみたりしてもダメ。両隣の常連っぽい人も同じですね。

フェンス前からフェンス横の岸壁まで釣り人でごった返していましたが、釣れてたのは、なんとフェンスが無い岸壁の一箇所のみ。



ほぼ入れ食いです。時々針数付いてました。

今日はポイントが違ったようでございます・・・。

当然、場所は開いてません。同行S氏も釣れないので車中で睡眠中です。

これなら、夜中に小アジのみ狙えばよかったかも・・・。


△たまりはアメマス狙いのアングラーが

たなさんが小アジ、小アジって言ってたの分かったような気がします。

朝方、海鵜がものすごい数(100匹近く、大げさじゃなく)居て、潜っては小魚追っかけてるんですね。

時には岸壁近くまでやってくるほどです。

それが明けたら、海鵜もほとんど岸壁から遠ざかり小魚追っかけなくなりましたから、やはり今のところは夜釣りで攻めた方がよさそうですね。

と言うことで、マイワシの手開きの手順の紹介です。


?鱗を取ります。


?頭を落とします。


?内蔵を出します。


?親指で中骨に沿って身をそぐように頭の方からしっぽの方へ開いていきます。ここが一番難しいです。


?尾っぽまで行ったら骨を「ポキッ」と折ります。


?尾っぽの骨をするするーと引っ張ると綺麗に骨が取れます。


私は刺身で頂きました。やはりあぶらがのって旨かったですね?
マイワシはこれが楽しみです。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/362-71c3043a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ