需要

小樽沖モンスタークロゾイ狙い


△アーティクル号くじらのシート張ってリニューアル

小樽沖に毎年お世話になってるアーティクル号でモンスタークロゾイ狙いに行ってきました。

毎年、7月初旬にお誘い受けてたのですが、今回は無理言って、抱卵時期に出していただきました。

で、最初にばらしますが、出ましたよー!
モンスタークラスとまでは行きませんが。45センチ抱卵クロゾイ!


↑これ使ってます。


ダイワのリール関連商品はこちら






まずは、オタモイ沖15?20m付近流します。

毎年、ガヤがうるさいぐらいいるのですが、今回は全然いませんね。
63センチが出たであろう付近を流してもらいます。

シンカーは7or8号でボトム攻めます。セオリーですね。

まず、魚をかけたのはたなさんです。でもホッケ(笑)



魚探で海底の様子分かるのですが、岩場には違いありません。
余市側に少しずつ流れながら、場所を移動します。

続いてロックさんにもホッケが掛かります。



今年はホッケかなり濃いですね。私は愛竿「岩鬼」でファイヤーライン18lbなのですが、つんつんあたりはあるものの乗らんのですね。

自然にボートは流れるのですが、窓岩方面に近づくと砂に変わる地点があるそうなので、流されては戻りの繰り返しです。

でも、出ないんですね?。仕方ないので、深場に移動しましょうと言うことになりました。


△こんな感じの距離です。

ポイントは一昨年ヒラメの60センチが釣れた、黄金のベストポイントです。ここは根があるらしく、魚が付くそうなんですね。

ちなみに35m程です。

ワームもG赤パルス、旧パルス、パワーホッグなどとっかえひっかえ試します。さすがに35mラインでボトム取れないので、7+3号の2連結です。

たなさん、ロックさん、あたりが頻繁になってきたようです。さすが黄金のベストポイント。船長お墨付きです。

私もようやく来たのは小アブラコちゃん。



海にお引取り願って、ワームをサンドワームにチェンジです。

ここでも私含めて皆さんホッケがスイミングさせてると乗ってくるんですね?。ホッケホント濃いですわ。

ショアからの釣りとこの深さでの釣りはまったく感覚違います。

潮の流れがきついので、ショアのように明確にあたりが感じられないんですよ。

キャストして流してボトム意識しながら誘っていると、ロッドに何か違和感がありました。

ん、ん、ん、重い・・・。岩鬼がかなりしなります。

「乗った!」と叫びつつ、巻き上げます。35mラインから巻き上げるのでなかなか上がってこないです。

確実に魚ついとります。揺れるボートの上で足の屈伸と、ロッドの弾力、ドラグのバランスで、外れないようにと思いながら、いなしながら確実に巻き上げます。

ロックさんにタモのお願いをしながら、海面に魚が見えました!

「でっけー!」明らかにクロゾイです。

40以上は確実にありそうです!

無事ランディングに成功です。立派な45センチクロゾイです。







プチモンスターかな(笑)

続いてロックさんも50センチに届きそうなアブ上げました。
黄金のベストポイント恐るべしです。





あたりも頻繁にあります。多分ホッケでしょうけど(笑)

で、あたりが遠のいたところで、朝里川の沖に移動です。
本日はロック家、サラリーマンZ家、共に屯田のイトヨーでアンパンマンショーを息子に見せる約束があったので午後1時までしか釣りが出来ないんです(笑)



そこでもアブラコが頻繁にかかりましたね。私はホッケだけですけど。
そこでもドラマが・・・。



なんとたなさん41センチのマゾイ上げました。
マゾイの40アップ初めて見ましたね。



そんなんで午後1時には予定通り終了でございます。やー楽しかったな?。今後はこの時期、アーティクル号さんにはお願いしたいな。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/327-fc04daad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小樽 ニアショア ボートでロックフィッシング

今年もzさんにお誘い頂き、行ってきました小樽ボートフィッシングです。この時期のビ

北海道の釣りを楽しもう!?北海道エンジョイフィッシング![2009/05/05 15:33]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ