需要

ヒラメ釣りのメソッド3



今週のヒラメ釣りの反省で少し考えてみました。

遠浅サーフの場合です。

今回の中ノ川河口海岸ですが、
食い気たっぷりのヒラメが相手なら
どんなリグを使ってもいいのですが、

どうもあの海岸はヒラメは遠めに居そうな感じです。
釣り新聞でも35gのジグ投げてるところからも

間違いないと思うのですが、
だとすると食い気がない場合は
食わせるためにはゆっくり確実に誘わないと

いけないと思うんですね。
そうすると重いジグでは早巻きしないと

くねくね動いてくれないんですね。
ただ遠めに居るとなると重いのじゃないと居る所まで
届かないし。

ジレンマですね。

ワームのみの仕掛けは遠投できないし、
ヒラメ釣りのメソッドリグもあまり飛ばないんですね。




それと夜間にヒラメはどのように
ベイトを認識してるかですが、暗いがゆえに
見ては認識してないはず。

波の波動なのか、匂いなのか、
間違いないのは「形」として認識してる可能性は
昼間より低いんではないかと・・・。

それで思いついたのが、ゆっくり引いても動く、
さらに匂いでも誘える、遠くに飛ばせる、
などの条件を考えると

スプーンにオフセットフックで、ワーム付けたら
結構万能なのかなと思いました。

上の写真ですね(笑)

これだとトレブルフックに多かった藻の絡みも激減するし
遠くにも飛ばせるし、ゆっくり巻きでも動くし、
匂いでも認識させることも出来るし、
夜光ワームなら「形」でも認識させることも出来るし。見たいな(笑)

一番上が武美で買ってきたオオナゴカラーの28g
のスプーン。サクラマス、アメマス用で売ってました。

真ん中は25gのカラフトマス用に買ってあったスプーンです。
一番下は20gのアワビがはげてしまった(笑)
スプーンですね。

ワームもこれが一番風の抵抗受けることがない、
ヒラメ釣りのメソッドでも推奨しているワームですね。

これでヒラメ一発か(笑)



ヒラメ スプーンはこちらです。


クーロン Xサーバー
クーロン コアサーバー
MT 自動投稿
MT 指定日投稿
MT 予約投稿
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/302-27f89584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ