需要

悲願達成!ヒラメ釣り



兼ねてから予定をしていた小幌海岸へ行ってきました。
もちろん狙いはヒラメ。昨日、オリジナルヒラメ釣りメソッド試し、

反省点も見つけることができたので、早く試したくって(笑)おそらくヒラメがいればいちころだろうと。

で、今回は男の投げ釣り師S氏、y旦那さん、y嫁さんとまーずさん、Mさんとご一緒でございます。礼文駅を7時5分に出発でございます。

なんとhojoファミリーも一緒でございます。hojoファミリーは半分釣り、半分山歩きですね。家族サービス兼です(笑)


△堀田さんの最初の『鮃力』

堀田さんの鮃力関連です。









△出岬周辺ボート多数

仙人の居なくなった山を下ると、20分程でゴロタサーフに出ます。本日はかつてない程のべたなぎです。

うねりもほとんどないんですね。このパターンなんかいやですが(笑)
まずはサーフでヒラメ、

そして干潮になったら窓岩の出岬でアブラコ入れ食いの予定でございます。まずゴロタサーフでシーホーク10フィートで昨日テストのヒラメ攻略オリジナルスプーンメソッド試します。


△ベイトはカタクチイワシですね。

が、ほぼべたなぎの上、海藻やゴミが一投一投引っ掛かって来て釣りになりまへん(>_<)

期待してた窓岩手前湾洞もアブラコの反応すら無いんですね。するとhojoサさんすでに一人で干潮待たず窓岩の出岬に一人立っています(笑)


△すでに出岬に立つhojo氏

あれほどアブラコのあたりがあったサーフもまったく無いので窓岩を越えて磯場で試しことにします。

リグをアブラコ使用でZ式シンカー5号、テキサスのGパルスチャートリュースの変えて、出岬に渡る前に周辺探ります。

遠投掛けボトム探っていると現れたのは30センチ程のアブラコでございます。アブラコのセオリー考え、真下にリグを落としてみるとあたりが頻繁にあるんですね。



姿を現したのはガヤでございます。しかもワームを見える位置に泳がしてると。もううじゃうじゃ寄ってくるんですね。

かなりガヤの魚影濃いですわ。



少しガヤと戯れたあとはいよいよ本番の出岬。

ただし一箇所だけ渡りを気をつけなければならない箇所があって、ジャンプするか、岩に捕まり壁伝いに行くしかないんですね。




△まーずさん決死のジャンプ



ココを越えればパラダイスが待っています。(笑)

のはずが、以前の遠投ボトムアブラコ入れ食いパターンがこの日はまったくはまんないんですね。

しかし際を攻めると飽きない程度にアブラコ顔出します。最初のアブラコは43センチとまぁまぁのサイズです。

早い時間のキープはお持ち帰りが大変なので全てリリースです。




△この日はマイボート組みがかなり多かった。

一応、本日の目標は50UPアブ一匹とヒラメをキープ出来ればいいかなと。

本日はマイボートや遊魚船もかなり岬の周辺や海岸一帯に出てますね。

で、少し迷ったんですが、アブラコばかり狙ってても、確立は高いとは言え、男じゃありません(笑)

オリジナルヒラメスプーンメソッドでヒラメ狙いにチェンジです。



出岬の左から右に流し始めます。

おもいっきりキャスト、着水、着底、カウント15ぐらい数えないと底に着かない感じです。

ゆっくり巻き始めます。ゆっくり巻いてもくねくね動く、オリジナルヒラメスプーンメソッドでヒラメいちころのはずです(笑)


同じように繰り返しあたりが無ければ少しずつ移動です。

まーずさんと「今日、ヒラメ釣れなかったら岩内寄って帰りましょうか?」などと話している矢先です。

右側に移動しました。同じように底を取り、巻き始めるとがっつーんと魚がヒットです。

よし、乗った!アブラコかヒラメか?

巻くと結構な重さです。しかしアブラコ特有の首振りの感触がありません。

澄んだ海面から偏光サングラス越しに魚影が見えました!

ヒラメだ!

「タモーーーーーーーー!」

と叫んで助け求めます。一番近くに居たMさんが駆け寄り無事ネットインです!

「やったー!」と叫びつつ、こぶしを天に突き上げます!






△やりー

ついに悲願達成です。

小幌に通い始め5回目ぐらいでしょうか。ヒラメが釣れると聞いて、まったく釣れない回数をすごし、

春に来てみたり、秋に来てみたりとポイントも充分に把握しました。

これでヒラメが釣れることが分かったのでかなり満足でございます。

皆さんの祝福も受けつつ、計測すると53センチの良型でございます。


△Z式ヒラメ釣りメソッド確立!

やーウレピー!

時間にして10時過ぎたぐらいです。この時間帯に釣れるのは嬉しいですね。

それから二匹目を狙うべくまた探り始めます。いつの間にか明らかにヒラメ狙いの遊魚船も投げて届くような位置に着ております。

晴天、無風、ベタ凪と条件的にはかなり厳しかったですが、時間帯的にアブラコのあたりも少なくなってきます。

とりあえず一通り流したので、50UPアブラコ釣るべく、再びワームにチェンジです。

するとMさんに良型アブラコヒットです。丸太サイズの50センチジャストです。でっけーなぁ。






△こんなに干満の差があるんです



それからは二匹目のヒラメもアブラコの大型もここないので、崖を降りたところの出岬に移動します。

そして第一投目、着水、底とってゆっくり巻き始めると、こつこつと小さなあたりです。

うりゃーとフッキングさせると、かなりの重量感です。

おっと、これは目標アブラコかもしれません。

海面に姿が見えました。タモを肩に掛けていたので、自分でネットインです。目測で50センチに近そうなのがわかります。

計測すると50センチジャスト!





やったーこれで目標達成です。こいつはキープでございます。



帰りの電車の時間も15時26分で、目標アブラコ釣った時間も13時頃とまだまだ時間はありますが、日差しも強いのもあって、残り時間はほぼ休憩でございます。


△変な生き物・・・。

この小幌海岸ですがアブラコの魚影はかなり濃いですね。

ヒラメも居ることが分かったのでまた挑戦したいですね。






スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/300-245a9f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ