需要

小樽周辺ボート釣り



今週はアーティクル号で船長、髭のおじさん(ダンディ髭おじさんではありません)hojoさんと

小樽周辺でボートでのヒラメ狙いです。今回は釣り業界で著名な

髭おじさんのポイントガイドお願いして、秋からのまたは来年からの
ボートでのヒラメ釣りをより確実にしようとするのが半分狙いで。

この話を髭おじさんに、日程と時間お伝えしたところ開口一番、
「釣れねー!」でございます。

確かにボートでの釣りはほぼ終了でございますが、
ヒラメは居ない事はないでしょう。



アーティクル号出撃!



がまかつ ロッド関連商品




まず、最初のポイントは一昨年の7月14日に60センチの
ヒラメを釣ったポイントの赤岩沖35m程のポイント。

Z式シンカー2連結じゃないと底取れませんね。
ワームはパワーホッグ黒。現在、廃盤で赤が無いんです。

黒だけが流通在庫で残ってるのが釣具店にあって
何とかワームボックスに残ってます。

一昨年これでヒラメを釣ったので試してみます。



hojoさんは私とほぼ同じようなスタイル。

髭おじさんと船長はオオナゴエサにバケ振ってますね。

1.5mの波の予報ながら、揺れる揺れる。
チョットやばい感じになりそうでしたが、酔い止め飲んでいたので
かろうじて大丈夫でしたね。

エサもワームもまったく反応ございません。
確かに時期は悪い。でも、喰わないだけでヒラメは居るぞ!
を合言葉にロッド振り続けます。

髭おじさん曰く、「ヒラメは6m程の浅場にも居るぞ」
と言う言葉もあったので、いつも流すポイントよりも浅場
で試したりします。

岸に対してほぼまっすぐ17mライン程まで移動します。
シンカーも6号一個付けまで落とします。

するとあたりが頻繁になってきました。

ま、ガヤでしょうけど(笑)



やっぱあたりの犯人はガヤでございます。

しかしエサには反応無いんですね。

確かにオオナゴのエサよりガヤは小さいですから掛からないんでしょう。

もちろんヒラメも反応無しでございます。



次はオタモイ海水浴場沖のポイント。バラ根交じりの砂地
と言った感じです。水深も20m以下ですね。

振り返ると本日ココが一番反応多かったですね。

ガヤですけど(笑)

エサ釣りのオオナゴにもガヤが掛かる始末でございます。(笑)



ここも結局ヒラメ出ないので今度は塩谷沖に向かいます。



今まで船長も知らなかったのですが、この塩谷沖には
浅い沖根が縦に伸びているらしく、結構沖でも15m程と

浅くきつい根が張り出してるようです。
確かに根掛かり頻繁になってきました。

あたり頻繁になるのですが、フックを3/0としたためまったく乗らんのです(笑)

ま、ガヤが掛からないでヒラメが掛かればいいわけですが、

まったく魚の顔見ないのも寂しいしね?。



それでも何とか乗せたのは小型のマゾイ。

実はココでは唯一の獲物のマゾイ30アップをヒットさせて
おりました。春ののっ込み時期来ると面白いかも知れませんね。



次に余市のシリパ沖のポイントです。

シリパ岬の沖ですが、そんなに岸から遠くないのに
27m程あるんですね。しかも潮の流れがメチャ強いです。

6号二連結でもまったく歯が立ちません。

hojoさんなんか、5連結ほどしてましたが底取れないと
言ってましたからね。





それから少し沖の根魚ポイント向かいますが

結局、ジ・エンドでございます。

最後の砦、朝里沖行こうと思いましたが

小樽港周辺のうねりが強く断念。

エサ釣り、ワーム釣りにもヒラメは出ませんでした。

船は今度は秋ですね。ポイント分かっただけでも収穫かもしれませんね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/293-7c87e7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ