需要

砂原海岸ヒラメアタック!


▲目印は「澤田水産看板」

釣り新聞北海道に「ヒラメ80センチ!」なる記事が。

こりゃいくっきゃないっしょ!

と言うわけで砂原海岸にヒラメ狙いで行ってきました。

しかし、地の利がまったく分からず、
そこはヒラメ調査隊が行く!のひとし隊長に連絡し、詳しく場所、確認することが出来ました。

時間的に狙える時間が限られており、
夕まず目一本勝負です!



タコ関連商品



▲砂原灯台案内看板

まずは場所で迷いました(笑)

事前にひとし隊長に聞いてたとはいえ
行ってみると迷いました。

最初は砂原漁港と掛澗漁港の間だとすっかり思ってました。
迷ったので行きながら隊長に話し聞くと

どうも砂原漁港の右側らしかったです。。


▲砂原灯台案内看板からまっすぐこんな道進みます。

なんとかたどり着くと居ました!
明らかにヒラメ狙いアングラー。

5名ほど夕方の6時半過ぎでしたが居ました。



確実にヒラメ狙いアングラーっぽいですが、動かないんですね。
動かないと言うのは、右に左に探り歩かないと言うもの。

サーフヒラメは特に離岸流や川の流れ込みの無い海岸の場合
どこにいるか分からないので探り歩くのですが

その場で動かず狙ってました。

しかもトウィチングしたり、リフト&フォールで狙ってました。
リグまで確認できませんでしたが、

このポイントの特徴ですね。



私は右に左にウィーダー履いて動き回ります。

リグはマイブームのZ式スプーンメソッド。

波は無いとは言え、噴火湾(太平洋)特有の
大きなうねりが襲ってきます。

したがってウェーダー無いと無理ですね。

波が引くのを待って出来るだけ遠投で探るため
波に近寄り遠投掛けます。

とりゃーと10フィートロッドで遠投かけて
くりくりとスプーン引いて来ます。

灯台が見える側の湾洞に歩いて探ります。
浅くなりそうなところで今度は左に戻って探ります。

あたりがうっすら暗くなります。
まだ続けます。

こんどは左側にしばし進みます。
反応ないです。すっかり暗くなったので

駐車スペースまで戻りつつ探りいれます。
一時間ほど粘りましたが(粘ってないか)

あたりなしでございます。
完全に砂浜なので他の魚期待できませんね。


で、先日の謎の生物と同じ形状の生物発見しました。



これ「カメノテ」に間違いなさそうですね。

形、一緒でした。動いてなかったのですが、
何かの物体に寄生し群がってるパターンが一緒です。


で、明朝は、Z式磯ロックダイエット入隊釣行です。(笑)
早々と終了し八雲の「遊楽亭」の日帰り温泉で

疲れ癒します。夜の11時半まで営業してるとの事で助かりました。

久々のんびり浸かって、サウナであせだして翌朝の
小幌海岸ヒラメ調査第二弾!Z式磯ロックダイエット。

小幌海岸を陸路で攻めろ!に鋭気を養うことが出来ました。





続きは明日。。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/286-aab090c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ