需要

ワカサギのちょい釣り


▲生振大橋の水門付近の様子

やはりこれだけ近いところに引っ越したのだから
行かなきゃね?。

というよりも石狩のコマイも不振だし、
サクラマス、アメマス狙うにも天候よろしくないし、

ならば、ワカサギぐらいしかないのかなと。

折角だし、一応いろんなポイント試してみました。
今年は寒いので氷の厚みにはどこに入っても問題なさそうです。

雪は振らない予報だし、風も弱そうだし、
テントもまだ張ってなかったので、

息子をダイスオーカードゲームをやらせてあげるから
その前にワカサギ釣りに行こうと誘うと、まんまと乗ってきました(笑)

が、直前で、やっぱ行かないと・・・。
でも、正解だったかもしれません。

行く場所は一番近い生振大橋と決めていたので、
のんびり9時半過ぎに向かうと雪は降ってないものの風が強い。

まだ、試したことのない橋の石狩側の北側で出してみます。
アプローチが比較的楽ですね。

釣り人も入った形跡あります。
一応、テントを張ろうと思い持っていきましたが、

息子も居ないし面倒なので張らないでスタートです。
雪が降り積もってますので雪かきからスタート。
30センチぐらい降り積もってます。

スコップでかき分けると、氷の上には水が溜まってます。

氷と雪の間が水たまり状態になってます。
なるべくスコップですくい上げて場所を確保します。

ドリルで穴を開けて準備します。氷の厚さはゆうに50センチ以上は
ある感じです。

さて、竿を準備しようと思ったところで、一番使いやすく
長くて感度のいい、竿云えに忘れてきたのに気がつきました。

あ?らら・・・。

もどるのめんどくさいし、予備で持ってた振り出しの竿でやります。
餌はアカムシですね。

仕掛けは1.5号のワカサギ仕掛け。



オモリはブラー赤の3合を使用して、落下するときや
誘うときに仕掛けを踊りやすくします。

落とすとすぐにあたりがきます。しかし乗らず・・・。
氷の穴に氷の塊が出来るので救いながらやります。

途中に氷があるのかブラーだと軽すぎて落ちていかないので
ナス型オモリに変更してしっかり底を取ります。

が、ぜんぜん、あたりなくなちゃったのよね?。

時間も30分以上過ぎましたので移動しようか考えます。

風向きからして対岸ならまだ、いいかなと思い、
一瞬、川を渡って行こうかとも思いましたが

氷の薄いところがあったら危ないので
一度、車に戻って、橋を渡ってから向かいます。

場所は先週と同じ場所になります。生振大橋の当別側の北側です。

ソリに道具を積んで雪を漕いで進みます。

雪がかなり積もってますね。同じように雪かきからスタート。
穴を開けて驚いたのは、先週よりかなり厚くなってます。

へたすると1m位ありそうな感じです。
ただ同じように雪と氷の間は水がたまってるので

しっかり場所を雪で固めて開始します。



穴に仕掛けを降ろすとすぐに穂先が揺れます。
何度か揺れるタイミングに合わせてあわせを入れます。

ようやく一匹確保しました(笑)

そこから、ぽつぽ?つと連れ始めましたが、
先週の勢いからはかなり遠い感じですね。

さらに雪も降り始めてきて、テントがないとかなり
しんどくなってきました。

そこで前から気になっていた橋の真下に移動試みます。



もしかしたら氷が薄いのではないかと思ったのですが
全然逆で、雪が降り積もらない分、

氷がかなり固く、厚みもかなりあります。
ドリルで穴を開けるのが一苦労でした。

ここなら雪や風が結構しのげますね。



そしてワカサギ釣り再開します。今回の3箇所の中では
一番、頻繁にアタリが来ます。時々ダブルも交えながら

7、8センチのワカサギがほぼここの一箇所の釣果で
37匹で終了です。



もちろん夜は天ぷらにしました。
いつもはカミサンが腸を丁寧に出してから天ぷらにしてましたが

今回は出さずに天ぷらに。餌を飲んでるかもしれないからと
言うことで、やってたのですが、今日はお腹を出さずにします。



せっかく抱卵してるのでお腹だしちゃうと卵も出ちゃいますからね。
ワカサギもエサのアカムシはほぼ飲み込んでませんので

気にしなくてもいいと思うのですが、カミサン的には
気持ち悪いからとのことです。

子供たちは喜んで食べてましたが、
カミサンは一匹も食べてませんでした。

そう言えば一匹だけアカムシ飲み込んでたワカサギ居たな(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/27-0e674e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ