需要

小樽沖防波堤クロゾイ釣り!



今週は小樽億防波堤でクロゾイ釣りです。

突然、11歳の娘が「お魚食べた?い」と
言い出しました。

そう言えば小さい頃からソイやヒラメの刺身
食わせまくってました。

喜んで食べてたの思い出しました。
カミサンが「鮭ならあるよ」と言ったら
「いらな?い」だって。

舌肥えたもんです。

で、今週はクロゾイ釣って娘に食わせてやることに。。


▲この冬活躍してくれそうです。

カルディア関連商品

▲なんと小樽港にエチゼンクラゲ!

本日は今年初めての小樽沖防波堤です。

結構、行ってたんですが、行かなくなった理由があって、
沖防波堤の外側にケーソンが入って、浅くなり

釣りに行った釣り人に聞くと
一投、一根掛かり状態で釣りにならないとのこと。



それを確かめるべく、調査の意味合いもありました。

私の船頭さんはきみえ丸の菊池じっちゃんです。
(電話番号:0134-22-9302)

渡し賃は2,000円でございます。
高島漁港から夕方の4時出船でございます。


▲こんな感じ

本日はさすがに天候も良かったために
渡るアングラーも10名以上居ました。

私は男の投げ釣り氏Sさんとマルさんと
3人で渡ります。

日中は好天に恵まれたと言えさすがに
寒かったですね?。



他のアングラーさんは中央の白灯台付近で
降りたのがほとんど。

我々は赤灯台と言うか、北防波堤の延長の
付け根に陣取ります。

何でも中央付近は工事中で立ち入り禁止のため
両端でしか釣りが出来ないとのことです。


▲ものすごいベイト

ほぼ貸切の状態からスタートフィッシングです。

ケーソンどんな状態かと思いきや
確かに外海側が敷き詰められて浅くなっておりましたね。



で、今回試そうと思ってたメソッドがあって、
12フィートロングロッドに10号ぐらいのシンカー

付けて遠めを狙おうと言うもの。

北海道の釣りの10月号に100m以上飛ばして
沖防波堤の際からロックフィッシュ狙う記事読んでから
非常に気になっておりました。

確かにそんなロックフィッシュ狙いもありかなと。
その実験もして見たかったのです。

まずは明るいうちは足元のアブラコ狙いですね。

際にGパルス赤落とすと一投目で35センチ良型
おなかぽってりアブラコちゃんヒットです。



リリースするつもりでしたが針を飲み込んでしまったために
死んでしまいしかなくキープでございます。

マルさんは苦戦中、S氏はジグヘッドにサンマ付けて
30UPアブヒットさせてます。

後で分かったのですがアブラコこっこおなか
ビッチリ入っており、産卵で港内に入り込んでる模様ですね。



ただ本日の狙いはあくまでもクロゾイ。

実は日が暮れる間際にあたりが頻発するパターンなんです。

根掛かりの心配があったのでボトム取らずに
慎重に中層スイミング意識して誘ってました。

これがこないんですね?(笑)釣れない。。。。

実験的に分かったのは、12フィートロングロッドで
外側は遠投すれば根掛かりかなり近い位置までは大丈夫。

内海側は遠投しても根掛かりけっこうします。

するとマルさんに35センチの良型クロゾイが
日が暮れた直後にヒットです。



小樽沖防波堤はこのパターンなんですね?。

一方のS氏はエサ釣りでサンマをエサにウキ釣りと
ジグヘッドにサンマパターンでガヤ入れ食い状態です(笑)

私はと言うとジグヘッドの7gにワームローテーション
させながらGパルス、ラグワーム、サンドワーム、

エコギアグラムミノーなどなど、様々なワーム交えながら
スイミングさせるのですが

つんつん、ガヤっぽいあたり連発のみで肝心のソイが
こないんですね(汗)

カウントも3、5、ボトムとってちょっとパターンなど
様々なたなを探るもガヤっぽい反応しかないんですね(涙)

すでにあたりは真っ暗。

小樽の夜景と月明かりで結構明るいのですが
こうも、ソイが釣れないとモチベーションだんだん下がります。

そして際狙いで探り入れると案の定ガヤが掛かるんですね。



しゃーないので娘のためにガヤ釣って一夜干で食わせてやろうかと
考え始め、ガヤを本気でフィッシングです(笑)

シンカーを3gまで落とし際に徹します。

釣れるは釣れるんですが、ちっさい。。。。



これじゃー干し物も出来ない。

ならばノーシンカーリグでサンドワーム試すも
釣れるのはちっさい。。。

時々感触良いのが掛かるも小アブラコ。。。



こっちもちっさい。。。。



するとS氏がなにやら叫んでます!

「ハチガラ釣れたぁ!」



近寄ってみるとおなかポッコリの28センチの
良型ハチガラでございます。

やっぱエサ釣り強いね?。

厚着するの忘れ、完全にモチベーションもさがり
寒いのでロッド置いて防波堤をランニングしてたところでした。

28センチのハチガラ見たら当然やる気モード全開で
ございますがな?

S氏がハチガラ釣れた場所中心にサンドワームで
際中心に攻めまくります。

よし!来たぁ?





小カジカ(笑)




次に来たー!







ヒトデ。。。



ハチガラもソイすら来ませんでした。。。

なんとソイはマルさんが釣った35センチ一匹のみと
予想を反する結果でございます。

本日ロストも意識してたので4個で済みました。

結局、干し物サイズのガヤも釣れず、
最初にキープせざるおう得なかったアブラコ一匹
のみでございます。


▲マルさん小型のハチガラゲットしてました。

娘、アブラコじゃ喜ばんのよね?(笑)

めっちゃ寒かったので帰りは久々「湯の花」で
温泉入って帰ります。

冷えた体、メッチャ暖まったな?。



寒い季節の到来です。防寒対策して冬の釣りに挑みましょう。

これから磯のロックフィッシュもいいし、イカも寄ってくるし
ホッケの抱卵もの逃さず釣りたいですね。

急がしい秋のハイシーズンですね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/256-de51ac6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ