需要

釣りに役立つオルブライトノット



釣りに役立つオルブライトノットです。

一番、共感受けたのは北海道の釣り10月号でした。

ロングロッドに重量シンカーで100m程投げ沖の
ロックフィッシュを狙うと言う記事。

これってありだよな?と。

話は飛びますが、いつも髪を切りに行く
札幌は手稲の「HANABISHI」。

私の髪を切ってくれるお兄さんが大の釣り好きなんですね。
そして小樽の沖防波堤フリークで、先週の日曜日行ったけど

全然釣れなかったらしい(笑)
私が釣りに行った次の日ですね。

でも、一番沖の防波堤でチョット前にはソイ
結構釣れてたらしいです。

やっぱタイミングの問題です。
枯渇したとかそうゆうことではないと思いますよ。

でオルブライトノットの結び方です。


▲ノット参考本です。


▲こちらは売り切れてなさそうです。

ダイワ ロッド関連商品


左手でリーダーの太い糸をわっかつくって
道糸のファイヤーラインを13回ほど外巻きします。



こんな感じですね。



そして巻いたら、両方のラインを唾で濡らして
きゅっ、きゅってかんじで解けないように締めます。


綺麗に結べるとこんな感じです。


ここでラインが綺麗に結ばされてないと
ダンゴ状態になりキャストしたときに

ガイドに「カリッ!」と音がして抵抗大きくしちゃいます。


そこからリーダーに結び目作ってハーフヒッチ作りますね。





ここがキモでハーフヒッチ意外に失敗したりします。



成功したらこんなに結び目綺麗ですよ!

でもって、今週はこの超遠投メソッドで厚田ムエン海岸の
カジカを狙おうというものなんです。

普通のルアーロッドだとあまり遠投できないですよね。
投げのイカゴロ寄せて釣るスタイルとはちゃいます。

ムエン浜は基本的に遠浅ですからルアー釣りではカジカ
攻略難しいんです。

イカゴロなら寄せて釣りますが
ワームなら広く探れる方が良いに決まってます。

あまり大きなカジカ釣れませんが、
ムエン浜は今がカジカの旬。

超遠投で広く探るワーム釣りで実験したろうかなと
思ってる今日この頃です。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/253-3c0568c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ