需要

小樽沖ボートロックフィッシュ釣り



小樽沖ボートロックフィッシュ釣りに行ってきました。
ある意味おかっぱりのソイ釣りに参考になります。

この時期ボートが出せる天候も貴重でしたが、
何より巨ゾイの連発にも驚かせられました。

当初、天候見ると今週は金曜の夜から
土曜日の朝ぐらいしか釣りになりそうにありませんでした。

後は大荒の天気です。この時期特有ですね。

めまぐるしく変わる天気です。
しかも日本海側の積丹周辺のみ波が立たない感じです。

ならば兼ねてからの懸案事項でございました、
島武意海岸の遠投ロックフィッシュに朝まず目限定で出かけ、

巨ゾイ狙ってホッケ少し釣ってこようかと考え提ていました。

するとロックさんから魔のお誘い連絡が。。。

「小樽のボート釣り行きませんか?」

「ソイはもちろん、ハチガラやアブラコ、
メッチャ釣れてるらしいですよ!」

そうだよな、この時期の小樽ボートロックにも少し興味あったし
ホッケも来るだろうから、一石五丁ぐらいの釣りがもしかしたら

できるかも知れないと考え、一瞬間を置いてから

「よし!行くわ!」とお返事メール入れました。

でも、ロックさんからメッチャ釣れてると聞くと、本当に釣れてる感じするんだよな(笑)



がまかつ関連商品


お世話になった船はSHAKE(シェイク)です。若い船頭さんですね。

普通は○○丸と名前付けるじゃないですか。

シェイクなんて普通つけないですよね。遊魚船初めてあまりたってないようなこともおっしゃってました。

で、小樽運河の乗船場を5時半出発です。

あたりは薄暗いですね。暗いうちからできるのはいい感じでございます。

小樽港内はまったく波はございません。沖防波堤と北防波堤の間を抜けると少しうねりあります。

しかしアーティクル号と違い、この手の漁船はあまり揺れないんですね。

風はまったくございません。日和山灯台の岬交わして赤岩海岸目指します。

ポイントはオタモイ海岸手前の滝の流れ込み沖合い水深15m程です。

船長の合図とともに釣り開始です。同船者は全部で11名。
我々4人は船首左サイドに陣取っています。



ロッドは岩鬼でシンカーはZ式8号、ファイヤーライン18lbに6号のナイロンライン巻いてます。

ワームは先日買ったエコギアアクアようやく使用でございます(笑)

するといきなり後方の釣り人のロッドがメッチャしなってます。
上がってきたのは驚愕の56センチもあるクロゾイです。



あたりはまだ薄暗いです。





私にはガヤ、小アブが連発です(笑)
それでも薄暗い中24センチほどのハチガラが来ました!



明るくなってくるとホッケも混じり始めます。







ほぼ1時間感覚程度にポイント移動してくれます。
最初に移動すると、またまた後方の釣り人に40センチクラスの

クロゾイがヒットしてます。



考えるとこの辺ってアーティクル号で散々流したよなと。。

大体ポイントつかめましたので、来年は石○社長!
ヨロシクお願いします。

すると反対側の真後ろの釣り人にも53センチのクロゾイヒットしてます。





我々4人にだけクロゾイの大型来ませんね?。

明るくなっても釣れたのは情報として収穫でしたね。
しかも海底はかなり起伏が激しいみたいで

同じようなシチュエーションなら昼間でも15?20mライン
に届けば、巨ゾイが釣れるって事ですよね。





距離的にも岸から投げ釣りで届くぐらいのところでしたから。

積丹の島武意海岸で日中に巨ゾイがこの時期釣れるの、
改めて分かったような気がしました。

あ?磯も行きたいな?!

船の方は赤岩海岸を小樽港方向へ平行に15?20mライン
を移動、移動繰り返しますが、私には

相変わらず、ガヤ、小アブ、ホッケのみでございます(涙)



我々の仲間とは言うと、まぁまぁのアブラコをゲットしております。
しかも婚姻色が出ている黄色のアブラコです。

ちょっと遅いような気がしますね。





時間も過ぎると巨ゾイの姿も現れなかったので、やっぱまず目
なんでしょうね。

沖側を見るとかなりうねりが見えます。

そして10時半には終了でございます。

ここから風景写真の連続です。







▲船長帰り支度です。

リ、リベンジか。。。巨ゾイ釣りたいいっす。。。

平日休んでいったろかいなと。。。参加者募集中(笑)

帰り道にちょっとハプニングが。。

次第にうねりも強まり、赤岩岬(たぶん)回るとよそ以上に
高く、おそらくですが、船を波に対して横に走らせれないので

かなり迂回して、南防波堤の方まで回ったのですが、港内に入ると
エンジンがストップ。

ちょっとしたトラブルだろうと思ったのですが、エンジンがかからなくなってしまいました。

え?マジっすか???

風も強くなってきてましたので、港内でもかなり流されます。
色内埠頭までかなり近づきました。



携帯電話ってこんなとき便利ですよね。そしたらちょうど沖から帰ってきた、
仲間の遊魚船が釣り人を下ろさないうちに、戻ってきてくれて

えい航してくれます。これで船着場まで戻れるのかなと思いましたが

竜宮神社埠頭まで来たところで、真横につけて船首と船尾、ロープでつないで走り始めます。

船着場まで近づくとロープを離し、自然に流れる状態にして、
岸で待ってる人にロープ投げて、元の係留場所まで無事到着することができました。



一時はどうなるかと思いましたが、意外に簡単に帰ることができましたね。

それでも港内に入る前にエンジン止まらなくてよかったっす。。。
あのうねりでエンジン止まったら怖かったですね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/235-865f938d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ