需要

釣り納め。小樽港ニシン狙い。



今年の釣り納めに行ってまいりました!

振り返れば、今年も釣り残した釣り物もいっぱいでございます。

釣れる時期と休みと天候が合わないと釣れませんからね。

波風の条件が良くても魚が居なければ釣れない。

魚が居ても休みが合わないと釣れない。

釣れる時期が重なってしまい片方の魚が釣れないetc。

一番悔いが残るのはハチガラ釣りがまともにできなかったのと、
やっぱり後半に北海道の釣りやノースアングラーズで知った

「遠投ロックフィッシュ」スタイルでしょうか。
あ、小樽ボートロックもそうだ・・・。

来年こそはこの二つは制覇したいと思います。
小樽ボートロックは真冬でも行けるのかな???

そんな中、一番うれしかったのは小幌の「ヒラメ」ですね。
今年釣った3枚のヒラメの中では一番小さかったのですが、

苦節3年。ヒラメが釣れはずの小幌に皆で通い始め、
やっと釣れたヒラメ。しかも釣れるのではないかと考えた

メソッドで釣れたのが何よりも嬉しかったな?。
思わず大声で「やったぁー」って叫んじゃいましたからね(笑)

と言うわけで小樽のニシン狙いです。



ニシン関連商品


昨年、小樽で大爆釣だったニシン。

今年も例年通り12月後半から声が聞こえてきました。
ただしちょっとムラが大きいようですね。

ロックさんやネットの情報探るも、型も昨年よりは小さい感じ。

でも、釣れる時期に釣れる魚を釣るのがモットーなものですから
一応狙わない訳に行きませぬ。

そこで投光器を持たない私は一人で行けないものですから、
hojoさんに打診をしてたところ、年末も押し迫った30日に
快く同行していただけることとなりました。


▲釣果を重ねるhojoさん

まぁ本命釣れなくても、チカ釣り大会で名誉の0匹だった
分を挽回できればいいかなとも思っていたので、チカだけ釣れても
私的には満足でございます。

なもんですからチカだけでも確実に釣るための準備は用意周到に行います。

現地到着はまだ薄明るい午後3時半ごろ。

色内埠頭に到着しますが思ったほど釣り人居ません。
やはりそんなにニシンが釣れてない証拠でしょう。

エサ付け器や投光器セットして準備整えます。

波風も多少強い感じです。

ちょうど陣取った場所が悪く折からの風と雨で
波しぶきが掛かるわ掛かるわ。

最初は仕掛けにハゲ皮サビキにオキアミ擦ってただけでしたが
どうも掛が悪いので掟破りの「サシ」を付けます(笑)



すると結構面白いように掛かるんですね。

余市のチカ釣り大会「サシ」付ければ良かった(笑)

さらに考え、釣果を伸ばすためにサビキ2連結にします。

上に素バリでオキアミ、下にハゲ皮サビキにサシと、
タナを広く探り、どんな喰いのパターンにも対応します。

針サイズもも2.5号と3号ですからニシンは眼中にありません(笑)

それが結構どんぴしゃはまり、ぽつぽつではありますが
下ろすと一匹、下ろすと一匹が掛かってくる感じです。

割とタナは投光器で照らしてたせいもありますが
上のほうで掛かりましたね。

オキアミとサシの割合は3:2でサシのほうに掛かってきます。

付けるの大変ですがサシは意外とエサもち良いんですよね。

そうこうしてるとまーずさんとMちゃん、y旦那さん嫁さんが
途中参戦してまいりました。

▽途中参戦のまーずさんとMちゃん

▲背中の夜光板が光ってうまく撮影できません。


▲補正しても難しいですね・・・。

波風がだんだん強くなってくるのと波しぶきでやる気もだんだんと
うせてき始め、なにより20センチ近いチカがほとんどですから

30匹位釣ったところで終漁といたしました。



いつも見てくださる方々、本年も1年ありがとうございました。

本ブログのタイトル通り「フロンティア」精神で様々な釣りに
挑戦し続けたいと思います。

あ、ニシンまったく釣れませんでした(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/229-3af11505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ