需要

超、久々の入れ食い!?



早、4月も中旬となりました。
釣り物盛りだくさんのシーズン突入です。

そう言えばまともに魚の感触を最近味わってないので、
何とか入れ食いとは行かなくてもいいので確実にお魚を釣りたい。

そこで確実にお魚ゲットすべく
小樽沖防波堤でソイ釣りを企んでおりました。

しかし週末だと激込みが予想されるし、いっちょ平日にでも行って
あずましく釣りたい。。。

が、問題は一人じゃ渡してくれないと言う事。
仕事のほうはうまく片付けたのですが、肝心の相棒と言うか、
同行者が見当たらない。。

朝からすっかり気持ちは沖防波堤に向いてたものですから、
メール打ちまくりです(笑)

結局、ヤスさんが函館より帰還後、同行できる事となり、
午後7時、ほぼ無風、波も無い中、貸切の防波堤に渡りました。



エコギア アクア関連商品


工事も完全に終わり、どこのポイントでもロッドは出せるのですが、
ロックフィッシュなら北防波堤が良いらしいと言う情報で中間部付近に陣取りました。

噂どおり、外側はかなり浅くなっております。

大型船が通ると船の波紋でも防波堤に波が被るぐらいです。

外側なら工事で新たに敷き詰められた、
ケーソンと海底の境目に魚が着いてるらしい話を聞いていたので、

12フィートの遠投ロックスタイルも用意します。

ただ、内側でもソイは以前と変わらないように
釣れると聞いていたので、

まずは岩鬼ジグヘッド11g、赤のGパルスで内側、
外側と攻めてみます。

根掛り警戒して、着水後5カウントぐらいから
ただ巻きのスイミングで試します。

最初のヒットは内側で20センチちょっとぐらいのクロゾイです。



内側の10mほど先に捨て石かケーソンか分りませんが、
防波堤と平行に根があって、その周りであたりが頻発してきました。

そこで、斜めに投げて、根周り中心にワームの滞在時間長くし、
ソイにアピールする作戦です。



それが功を奏したか、ほぼ入れ食い状態です。

ただ、いまいち型が小さいんですね。



まぁ、しばらくまともな魚の感触味わって無かったので
すっかり無我夢中で釣っとりました。



外側も気になっていたので、情報どおり遠投掛けて
切れ目中心に攻めてるとガヤがヒットでございます。



ただ、やっぱり外側より内側が確実にヒットします。

こんなときはワームの食い違いを試すチャンスでもあります。



Gパルスは赤、白よりもチャートリュース、Gパルスよりも
エコギアアクア、バグアンツの方が喰いがよかったですね。



途中、32センチの小樽サイズも顔出しました。
本日、最大でございます。



そこでさらにフッキング率上げるのに工夫を凝らします。

リグの使い分けでテキサスリグとジグヘッド試します。



こちらは完全にジグヘッドに分があります。
また重さですが、完全に波もなく、潮も動いてないので
7gまで落としてみました。

ここまで波風もなくベタベタですから、食い気も弱いだろうと
判断し、誘いも数度、ジャークで煽って、アピールし
フォールでその気にさせ、ステイで食わす。

この食わすタイミングを根に来たときに行う。

これがどんぴしゃで、一投一匹、入れ食い状態です。



途中、マゾイのアクアパッツァサイズも混じり、

まぁ楽しい事このうえないでございます。

迎えの11時があっという間でございました。

サイズも明らかに20センチ以下も少なく、刺身サイズの
2匹とアクアパッツァサイズ合わせて4匹キープでございます。



数えませんでしたが30匹は釣った感じでございました。

やー久々に楽しかったな?。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/198-5420092c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ