需要

ゴールデンウィーク釣り行脚(前編)


▲登川河口から小樽方面の日の出

ゴールデンウィーク釣り行脚から帰還しました。

正直「メッチャ疲れました。。」

しかしながら天候にはほぼ恵まれたものの、一番のイベントで
ございました瀬棚港の沖防波堤が中止となり、残念ではございましたが

様々なポイントで釣りをする事ができ有意義ではございました。

まずはサクラマス狙いで2日の早朝に起きて、島牧あたりで狙おうかと
思っていたのですが、2時半に目覚ましセットするも

気がつくと3時半を回っておりました(汗)

車を急いで走らせますが、すでに余市辺りで明るくなり始めます。
ゴールデンタイムが過ぎるといけないので、去年もロッド振ったことがある

登川河口海岸覗いて見ます。


▲シリパ山

二人ほどアングラーさんおりましたが釣れてる雰囲気ございませんね。

結局、ロッド出さず島牧方面目指します。


▲購入したのですが5/20入荷でございます。

マズメ ウェーダー関連商品


当日は南西の風があり、波も多少あります。
ポイントが限られそうではありましたが、休みを待ちに待った

アングラーさん達が、ここかしこと見かけますね。

マーズさん達が島牧に居ると聞いておりましたので、
合流すべく車走らせます。

風向き考え北国澗の北側に入ってることだったので、
様子見ます。と言うのも現地到着が6時を回ってしまい、

釣れてるようならロッド出そうと思ってたのですが、
折角函館まで移動するので、どっか新しいポイントでロッド

出そうとも思ってたのでここは観察のみです。

お二人そろってロッド振ってますね。
風裏で波も無く、お日様もあって大変気持ちいいですね。

30分ほど様子見ながら南下することとします。

が、しかしですね、天気予報どおり道南に行けば行くだけ
波も高く、風もつようございます。

熊石あたりでロッド振ろうと考えてましたが、
鮎川の平盤は波かぶりで釣りになりそうにございません。

それならば一気に噴火湾移動かけます。

黒岩あたりで上がってるとの情報ございましたので、
ルコツ川河口海岸目指す事にします。

時間にして9時回っております。時間的に厳しくはなりますが
釣れないことも無いでしょう。

河口に着き、車を海岸に出るために川の横はしってると
ちょうど砂浜に出る手前に大きな水溜りがございました。

車も通った跡があったので、一気に進めましたが、
かなり深い感じです。

こんな時こそ躊躇ははまる原因になるのでアクセル全開です。



何とか切り上げ砂浜にでます。

多少、波はあるもののロッド出せそうな感じでございましたので
本日、10時にしてようやくロッドとルアー触ります。

が、引き潮に重なっており、深みにルアーが届きそうに無い感じです。

それでも粘りますが、ゴミがひどくルアーに引っかかってきますね。

そんな中、長万部側の海岸見ると鳥山が見えるんですね。

ベイトが打ち上げられてるのかと思い近づきますが
そんな様子も無く、すると最大の流れ藻がラインとルアーに

引っかかって釣りどころではありません。

バスデイ バードック120が危うくロストするところでございました。

ピーカンの上、こんな状況ならモチベーションもすぐにダウンし、
止めて、明日の朝にかけることにします。

あ?島牧でロッド出しておけばよかったと思うのも後の祭りで
ございます。

そして翌朝に備えて情報収集に走ります。

釣りの天狗屋七重浜店にて宿から近いポイント尋ねます。

昨年のゴールデンウィークにフェリー埠頭でサクラマスとホッケ
狙いの釣り人たくさん見かけたのですが、

折角なのでサーフでやりたいなと思い、色々尋ねると
昨日、小さめだけど、知内の海岸で上がったとの事です。

ちょっと移動距離考えるとその手前の茂辺地川河口海岸でも
上がるらしいので茂辺地海岸に行く事にします。

そして日の出めがけて行きます。

アングラーさん誰もおりません。居ないのは=釣れない??
ただし函館は終盤と言えば終盤なので居なくても普通か。。

やらなければ釣れないし、ここまで来たからには、
やらざるおえませんよね?。

早速、ウェーダー履いて、ジグミノーブン投げます。



波風も弱く、これで回遊していれば、気持ちのよい条件でございます。
が、10分、20分、30分と経ちますが、まったく反応なすでございます。

最近のサクラマス狙いの傾向でございますが、

2時間もモチベーションが保てません!

はっきり言って飽きます!

これを乗り切らないと釣れんのでしょうね?。。。



1時間半ほどロッド振ってると例の「超ビックバイト」が
襲ってきました。朝マズ目型なので仕方ないのですが。。。

仕方ないので終了して、函館港の港町埠頭の港内目指す事にします。

実は前日、港内でボラを釣ってる少年見かけて、
少年にもサクラマス情報聞いてたので、試してみようかと思います。

と、その前に向かってると函館港の一番松前よりの防波堤に
アングラーさんが殺到してるの、走ってる国道から見えました。

向かって基部に着いてみると、結構な数のアングラーさんが
ルアーロッド振ってるんですね。




▲函館港第三防砂提

しかもタモを持ったジモティおじさんがちょうど帰ってきたのでき、
何が釣れてたのか聞いて見ると「ナンもだぁ、たいしたもんじゃない」

とのお返事。口を割らないので(笑)

「サクラマスですか?」と尋ねると口を濁すがどうもそうらしい。
前日にボラ少年見てたので、もしかしてボラかもと思い聞いたのですが

何かジモティおじさん口堅いんですよね(笑)

一目散に用意し向かうと、明らかにサクラマス狙いの人たちですね。



一時間ぐらい粘りますが、周り含めてサクラマスの
魚影は確認できませんでした。

サクラマスってホント博打的釣りでございますね。つくづく思います。

最後に昨日、様子見た漁港へ行ってみると、こちらでもかなり老齢の
方々による、一人5、6本は竿を出していたので、様子見てると

何と「カニ」釣ってるんですね。

餌はイカの大きな切り身見たいの着けております。すべてチョイ投げ。

連係プレイもさすがで、自作のタモ(柄が伸びない)
で入れあっています。あたりもかなり小さく、ゆっくり巻いてきてました。

ボラといいカニといい函館港のポテンシャル感じますね?

?前編 終了  後編に続?
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/193-57a5f4bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ