需要

室蘭沖防波堤へノッコミソイ狙い。



室蘭沖防波堤へノッコミソイ狙いで行って来ました。
日本海のノッコミもそろそろ終盤で、太平洋のノッコミ時期でございます。

何故、太平洋かと言うと日本海のソイより明らかに脂が乗って旨い。
そして虫も入ってる可能性も低い。さらに、何よりも平均の大きさも大きいところ。

以前、苫小牧の沖防波堤で40アップのノッコミソイを釣って以来、
太平洋のソイに取り付かれてる時期がありました。

苫小牧沖防波堤(以前は渡しをやっていた)に4週連続で通ったことが
ありました(笑)

そこで日本海のノッコミ釣りのタイミング逃してしまったので、
こりゃ一丁太平洋で挽回とばかりに、マルさん、大麻さん、やっちゃんをお誘いして、ノッコミソイ爆釣計画を企てました。

幸い小潮周りと潮周りは悪いものの、室蘭にしては風も無く、波も穏やかで、現地つりぶねやで午後5時半には沖防波堤に渡りオールナイトフィッシングスタートでございます。



パルスワーム関連商品


さて、室蘭の沖防波堤と言えば、渡しの防波堤が5箇所ございます。

釣り人の心理としては一番沖に突き出た赤灯台の防波堤に渡りたいところですが、まだ個人的に渡った事がない防波堤も2箇所ございます。

その二箇所ともテトラが入っており、最悪釣果が悪くてもテトラファイトなら、アブラコなど根魚が溜まってる可能性もあって、



その二箇所とも南の風を背に出来たので、ちょっと魅力に感じてたところですが、

地元出身、やっちゃんと相談し、私も経験のある、やはり一番突き出た赤防波堤に渡ろうかという事になりました。

防波堤にテトラが無いのですが、防波堤周りが外・内側ともケーソンっぽい根が入っており、根掛りするのでその周辺ならソイ、アブラコ付いてるし、

過去の経験から潮が大きく動き出すと、回遊のソイが動き出し、
ばたばたヒットするケースが多かった事です。

と言う事で、白鳥大橋をくぐりながら防波堤めざし、防波堤中間部に到着し、スタートできたのは午後6時ごろでございます。




▲こんなクラゲが結構出てましたね。

まずは、そうサクラマス狙いでございます(笑)

ミノーを携え、防波堤基部側のたまり付近から探ります。





以前、同じ防波堤の大会で、ワームの早巻きでサクラマス掛かった事がある話を聞いていたのと、

同じく苫小牧の沖防波堤の同じ時期、同じ大会でやはりサクラマスが掛かったのを目撃していた事もあったからです。

ただし時期的にはもう少し後だったような気がしないでもありません。

小一時間たましましたが、追いも見られず、ノーバイトだったので、
中間付近まで戻りZシンカー4号のテキサスリグで外側から探り入れ始めます。

ワームは今回初試しの、パルスワーム4インチ、CHRY CANDYSEED FLK。

外海側際付近でボトム探っていると小さなあたりです。フッキングさせると、なんと小さなシマゾイ。これがオンパレードの口火になるとは。




▲大型船の往来が多かったですね。

まだまだ陽も残ってる時間帯です。

陽も暮れ掛かり同じようにキャストして手前まで引いてきては、
外海側探っていると、いい感じのあたりです。

岩鬼煽って思いっきりフッキングです。

なかなかロッドしならせてくれます。抜き上げは無理な感じだったので
大麻さんにタモ入れのお願いです。

図ると良型47センチの魚体ですね?。ナイスファイトでした。
本日はクロゾイ目的だったので、即リリースでございます。





次にワームにジグヘッド11gでGパルスチャートリュースに持ち替え内側探索です。

すると即効25センチほどのシマゾイ。


続いてガヤ、


続いておなかでっぷりシマゾイ。


次はマゾイと小型ばかりですが飽きない程度にヒット連発です。

満潮が午後9時半ごろだったので潮止まりで一時休憩でお湯を沸かしてカップ麺タイムです。

6月上旬で最高気温が20度を超えて最低気温も10度程ですが、
夜は夜露もあり寒い事、寒い事。真冬の防寒着と休憩にレジャーマットはこの時期のオールナイトフィッシングには必需品ですね。

休憩を挟み再びスタートフィッシング。

際を攻めつつ、いつ回遊してくるかわからないノッコミソイも
あるので、時々10フィートロッドに14gのジグヘッドで遠投かけて
スイミングさせても見ます。

しかし本日スイミングでとうとう反応しませんでしたね。

内側か外側でねちねち探ってるとヒットするパターンです。

深夜12時を回った頃に再び内側で強烈なあたりでフッキング
したのは45センチほどのアブラコ。



眠いのも手伝って寝ぼけ半分で抜き上げようと思いましたが、
一瞬、ロッドが折れるリスクを考え、再び大麻さんにタモ入れをお願いです。

ソイが釣れなかった事考え、この一匹のみキープする事に。

その後も

シマゾイ、


シマゾイ、


朝方どんこ、


再び朝方に40センチ程のアブラコ追加ですね。


シマゾイだけで10匹以上釣ったと思います。



さらに夜が開け外海側で40センチ程のアブラコ、先端に移動して
小マゾイ追加で再び中間付近にもどり終漁でございます。





潮周りが悪すぎたのが敗因かも知れませんね。すでに40センチクラスのクロゾイを一晩に4匹釣った人も最近居たらしいのでタイミングだったのかと思います。

終始内側から外海側に穏やかに流れる潮の動きでしたから、以前のパターンだと外側から内側へ、内側から外側へと大きく潮が動き出すときに、

その流れの中で回遊するクロゾイにぶち当たったら締めたものです。

基本的に根が少ない底が砂地なので、石狩や小樽あたりと違うパターンの釣り方が要求されますね。

おークロゾイ行かねばならぬ。。。あ、サクラも忘れてた。。
あ、カレイも少し釣り足りないな?。

体が三つ欲しいです(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/180-052a1387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ