需要

今週もオールナイトフィッシング!



ここ最近ほとんどオールナイトフィッシングでございます。
やはり、翌日が辛いですね。

朝帰りしても午前中がまず体調的に寝ないと持たないです。

はじめから家族サービスが入っていると
無理ですが、寝るヒマを惜しんで釣りして、

言い換えると、自分だけ遊んで、と家族的には言われるわけです。

したがって帰ってきても眠いからサービスできないとは言いにくいわけですよね。家族持ちなら分ると思いますが。。

日本海のハイシーズンが終了しつつあり、太平洋にシーズンが
移行してます。1年でこの時期が釣り人にとって一番大切なシーズン。

もちろん家族も大事ですよ。釣りの次に(笑)

と言う事で、ず???っとテーマにしてます
「デカゾイ、ヒラメ、サクラマス」ホント標語にしたいくらいです(笑)

日本海から噴火湾に移行ですね。

そんな折、知り合いのMさんから「瀬棚の沖防波堤渡りませんか?」
とのお誘い。

「え?」と一瞬思うわけです。

日本海デカゾイシーズンはほぼ終了でございます。
ただし私は釣ってませんけどね。

ほとんどご一緒する事もないお方なので、まぁ何かの縁と思い、
承諾いたしました。そこで、パートナーを募集したところ

まぁくん、ヤスさんが、まんまと私の誘惑に引っかかりました(笑)

日本海で最後のデカゾイ、
そして上がったら噴火湾でヒラメ、サクラマスプランだけど、どう?
みたいな。。リアクションバイトしてきました。



クロソイ関連商品


渡しの時間は夕方の4時でございます。
この季節、週末に波が無くなり、風も無いし釣り的にはたいした

いいのですが、ほぼ霧がかかり、
超、超、超??ベタ凪シチュエーションが多ございます。

釣れないパターンの方程式です。
この時期の日本海の気象はこんな感じが多いですね。

ただ、まったく釣れないこともないので、何とか作戦立てます。

たまたま今回は渡しでお世話になってる
寿喜丸(すきまる)さんに聞くと

いつも渡ってる北防波堤が職場の大会が
1ヶ月以上も前に予約が入っており、貸切状態との事でした。

そこで、真ん中の西防波堤に渡してもらい、テトラファイト作戦です。

テトラ際なら魚が着きやすいので間違ってもソイは確実ゲットでしょう。

でもですね、この時期日本海はヒラメのシーズンイン。
やっぱ、折角せたなまで来たのだから狙いはヒラメでしょう!

ちゅことで、考えたのですが、テトラが乗りやすいのは
以前渡って知っていたのですが、

テトラから越えてさらに向こうがわの砂地を
狙ってヒラメゲット作戦です。

そこで問題になるのはルアーロッドで重いシンカーぶん投げるための
ラインシステムがめんどくなりますね。

ファイヤーラインの25lbからフロロの7号orナイロンで対応してましたが、
指に掛かる所はスペーサーと呼ばれる、出来ればPEの2、3号が必要になりますね。

ただしPE高すぎます。。スペーサー専用に売ってませんから。。

そこで、急遽、考えたのが投げで使う「ちから糸」(笑)
3?8号11mのナイロンを使用してファイヤーラインの25lbと
結ぶと言うもの。

結束強度は不安がありますが、試したら全然問題ありませんでした。
遠投も効きますし、遠くに投げるために10号までシンカー付けて

投げましたがかっ飛んでましたね(笑)
ロッドも12フィートで気持ち良いぐらい飛んできます。



それから足場のいいテトラ探して探り歩きます。

ただ深さもはっきり分らないので、7、8号で根掛かりもなく
ちょうどいい感じでした。10号だと根掛かり連発です。

すると最初のキャストでアブラコヒットでございます。

しかも3連発。その模様を皆に伝えに行くと釣れてない様子だったので
同じところで釣ろうと提案。







同じテトラに集まりますが、私も含めてあたりがなくなります。

おや?おかしいな?。そんなに人が入らない沖防波堤ですから、
かなり魚影は濃いはずですが。。

そしてまた散らばって、私だけが粘ってると40センチぐらいの
アブラコが掛かってきます。



この日はなぜか一人にならないと釣れなかったですね。
しかし狙いのヒラメは何処へって感じです。

ヒラメのゴールデンタイムは日暮れ間際です。相変わらず霧がかかって
向かいの防波堤すら見えない感じですが、風もなく釣り易さは最高でしたが。

そしてゴールデンタイム突入。ロッドに変化無しでございます。

まぁしょうがないのでソイ狙いに変更です。
10フィートのロッドに持ち替え、ジグヘッド14gから

キャストスイミングでカウント数え、タナを探ります。
表層、中層、低層を意識して探り入れます。



スローリトリーブ気味で中層でアタックしてきます。
型は大きくありませんが連続ヒットです。ワームは白のGパルス。

連続ヒットするのですがどうも30cm超えませんね。



ヤスさんは浮き釣りやら色々試してソイ狙ってたようですが、
内側でもそこそこ数は上がってた様子です。



まぁくんが苦戦していたようだったので、伝えて同じポイントで
攻めると、またまた私含めてあたりがなくなるんですね。

それからまぁくんが居なくなり、一人でジグヘッドを11g→7g
と落として、リトリーブスピードを工夫しながら探ってると

ボトム付近の超スローリトリーブで再び入れ食いモード。

サイズも34センチもでました。



その後も小型連発しましたが、迎えが10時だったので、
早めに後片付けしてると、まぁくん同じポイントで最後に
37センチ出してくれました。

ただ、誰もがデカゾイ釣れず終了でございます。

そして一路噴火湾へ移動かけます。
深夜12時過ぎ礼文漁港へ到着です。

なんと防波堤には血抜きをしたような跡もありました。
ヒラメ出たんでしょうかね?。

3人で攻めるも小さなあたりのみで狙いのヒラメでません。

かなり疲れ果ててるので、隣の大岸漁港まで移動して夜明けまで
小休止です。

夜明け後、新規開拓ポイントの左側の出岬攻めて見ます。
干潮にならないと乗れない磯でしたが、ちょうど夜明けごろが



干潮とタイミングはばっちりです。波も無く乗りやすいです。
ただし風は無いのですが、相変わらずの霧です。



対岸の大岸漁港が見えないぐらい。
ヤスさんはウェーダーないので漁港から、私ら二人は磯の出岬から

小鉾岸川が流れる湾洞攻めます。シチューエーションは
ヒラメポイントなんですが、簡単には出ませんよね。



底もかなり浅い感じです。ただかなり海草は海底に付着してる
感じなのでヒラメ居てもおかしくない感じでしたが。

疲れもあって12フィートのロングロッドは仕舞い、
10フィートロッドにZ式シンカー6号で、テキサスリグ
セットし。Gパルスチャートリュースで探り入れます。

正面に投げたあたりで、あたりがぁ!

乗ったぞ!しかしアブラコ独特の首振りですぐにそれと分ります。
30cm程でございます。



振っても振ってもあたりがなく

疲れも手伝いあたりもそれっきりなので、大岸漁港に移動してみます。



さすがにカレイシーズン釣り人多数居ます。

すると何やら港内で大きなタモを持ちルアー振ってる釣り人発見。
声かけてたずねてみると、何でも昨日、朝と夕方にサクラマス上がったそうです。



港内にチカが入ってきてそれを追ってきたのではないかとの事。

他にも数人ルアーを振ってる釣り人何人か居たのであわててルアー振ります。

一度、ウグイっぽいのが追ってきましたがそれっきり。
跳ねも一回確認できましたが、その日は誰も上げてなかったようです。

ヒラメもサクラマスも噴火湾はこれからですね。
ヒラメは今年はかなりよさげな感じです。情報も早いし結構出てますね。

朝練は無理な距離ですがしばらく噴火湾通いしそうな感じでございますね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/176-91007928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ