需要

挑戦と検証の釣り。



近場のサーフで何とかヒラメ出したいなと思いつつ、
情報も無く、探るしかないんですよね?。

実は今週は先週に引き続き、噴火湾サーフヒラメと
新ポイント開拓予定でしたが、、、

な、なんと左足人差し指に、怪我を負ってしまいました。

トンカツソースがほとんど入ったビンを酒飲んでたせいもあり
冷蔵庫に片付けようとしたところ、落としてしまいました。

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

痛い??。骨、折れては無いようですが、歩くのに支障が。。。


▲シマノニューロッド「コルトスナイパー」
ショアジギングモデルですね。サーフ遠投用に欲しい。。価格も手頃だ。。

コルトスナイパー関連商品


で、検証とはサーフヒラメを狙うにあたって、
遠くのポイント攻めなきゃならない場面も多いかなと。

逆言えば、遠くじゃないと居ないところも多々あるわけで、
そうなると遠投できるほうが有利ですよね。

遠投できるルアーになると重くなりますが、そうなると喰いも
悪くなりますが、居ないところでルアー振ってても意味ないしね。

まぁルアーもそうですが、そうなるとロッドとラインシステムが
しっかりしてないと、遠くに投げれないし、大物掛けても

解けないラインシステムが必要となります。。

ヒラメにかなり有効と思ってる(笑)
Z式スプーンメソッドですが、遠くを攻めるとなると

40、50gは欲しくなりますよね。
さらにリーダーだけのラインシステムに限界が出ますから、
スペーサーが必要になる。

そこで検証だったのですが、
メインラインファイヤーライン25LB、
スペーサーPEの3号、リーダーナイロンの25LBでしたが、

問題はノットでしたね?。

鮭鱒鮃見ると各結束部は電車結びしてる人多かったのですが
これはダメでした。

海草に引っかかっただけで簡単に解けましたね。

でもって、どちらもオルブライトノットにすると
PEとファイヤーラインが根掛りしたとき、はずれにくくは

なりましたが、弱いです。ここが課題でしたね。
PEとファイヤーラインのノット研究せねば。

そしてポイントですが札幌から近いサーフで川の流れ込みも
あって、釣りやすくてと、思ってるところに、



いつも通りがかって気になっていた塩谷海岸の川の流れ込み付近。

サァーファーの知り合いに聞いてたのですが、50m程は玉砂利で
それ以降が砂浜になってるらしい。



遠投できればもしやヒラメが居るかもしれない。

そう思いつつ100mほどの海岸50gのPboyジグやら
50gのスプーンやら投げてみます。





まぁ、そう簡単には出ませんよね。すると何やら6、7mほど先で
尾びれがわさわさと見え始めました。

ジグで引っ掛けようとするも引っかからず、マスだろうか、ウグイ
だろうか、何なんだろう???



もちろん近くにルアーを通しても見向きもせずですが、
不思議と群れているだけで、あまり動かないんですね。



夕まず目の小一時間でしたが新ポイント挑戦とラインシステムの
検証でございました。

結局、明日はあまり動かなくてすむ
ボートフィッシングに行く事にしました。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/169-9ee49554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ