需要

岩内沖防波堤で五目釣り



岩内沖防波堤でオールナイトフィッシングで五目釣り達成です!

昨年、行きたかったのですが、タイミングを逃してしまい
ようやく今年に実現。

と言うのも7月の中旬に行けると、ソイはもちろんの事、
イカも狙えるし、間違えばヒラメも狙える。

何より昨年中途半端だったZ式イカ釣りメソッド試したかった(笑)

そこで、MURAMASAさんとヤスさんと3人で渡ってきました。
何と驚きの魚がすぐに釣れました!



烏賊関連商品


日焼け後のお手入れ
TバックLL
13号ビキニ

▲外側厳しいよね。難易度高すぎテトラです。

渡しの時間は午後5時。渡しの船頭さんは第88千鳥丸さん。
船長さん年々若返ってますね(笑)

いつもの短い方の防波堤に渡ります。

MURAMASAさんは浮き釣りでイカを狙うらしく、竿たてやら準備整えます。

私らは明るいうちは、もちろんヒラメ狙いです。
貸切と思い喜んでいたら、10名ほどの団体さんが別の船で渡って来ました。




▲長い方の防波堤も相当釣り人渡ってました。

この短い防波堤にこの人数ですから、乗ってきたら身動きできませんね。

仕方ないので、右角に陣取り10mぐらいのスペースと右角
含めて早速、探り入れます。

まずはインチク、DUELのソルティーベイト30g改良型にGパルス
チャートリュースで先日と同じようにスイミングやフォール、

ボトムパンピングで探り入れます。これ面白いほど飛距離でます。
炎月よりお気に入りですね。

使いやすいので、こればかりでやってると、小さなあたりが頻発。
渡されるときに船頭さんが「ヒラメも居るけど、フグはもっといるど!」

確かに覚悟はしていましたが、ワームの食いちぎられ多発です。
透明度も割りと高かったので、足元のケーソンが見えますが、

ピックアップ寸前にアブラコの追いも見え始めます。
相変わらず、高速巻きに反応いいですね?。

フグでもアブラコでもそれなりに反応あるので飽きはしないですね。
何投目かに防波堤際まで丹念に、ボトムパンピングや

スイミングで探ってると、防波堤近くで魚ヒットです!
割と重めです。中層付近で着たので、ヒラメでは無さそうな感じですが。

アブラコが追ってきて喰ったのかなって感じです。

割と良い重さなのでタモ入れ一瞬お願いしたほどですから。

魚が見えました。アブラコか??何か形が変だぞ??

躊躇せず抜き上げです。ここで躊躇するとすっぽ抜け多いですから・・。

案の定、抜き上げたとたんにフック外れました。

あれ?こいつカナガシラではないですかぁ!
びっくり仰天、驚きました。投げの外道で掛かる話は



聞いたことありましたが、まさかワームで掛かるとはです。
調べるとホウボウ科の魚で、ホウボウだけに底を這いつくばって

生活してるようですね。北海道の松前や道南日本海側に生息
してるのが多いようです。北海道新聞社「新 北のさかなたち」

に出てないほどですから、釣りでも漁でもなじみが薄い魚です。
大きさも30センチほどありましたから、迷わずキープですね。

それから炎月に変えたり、テキサスリグに変えたりしながら
ヒラメ狙い倒しますが、日没まで魚は結局カナガシラのみです。

MURAMASAさんが右角テトラ付近で小アブ連発してた意外は、
目だった釣果誰にもございません。

まぁ今日はイカが釣れればいいんですけどね。と、負け惜しみです(笑)

暗くなり案の定、浮き釣りのMURAMASAさんにイカが乗り始めました。

そこで、Z式イカ釣りメソッド登場です!

3Dジグヘッドの下にイカバリをスプリットリングで付けたもの。
一昨年のメーンライン直結よりも扱いやすいですね。

すぐに乗った感じありましたが、何か軽いんですね。
なんとカタクチイワシが掛かっておりました(笑)



釣り方は簡単なのですが、キャストしてカウント数えます。
イカのタナを探りながら、ただ巻きオンリー。

変にアクション付けない方が乗りやすいです。
それとワームをキャップライトで蓄光させてからの
方が乗りやすいですね。

するともたーっと重くなりました。これがイカのあたり。
合わせると外れますので、ゆっくり巻くだけですね。

それでも途中でばれるのも多数です。重くなっては
軽くなりの繰り返し続きますね。

さらには抜き上げるときにぽちゃんと落ちるのも数度。

大半が足に掛かってますので、弱くて取れちゃうんですね。

それでも何とか慎重にタモに入れて確保しました(笑)



その繰り返しで4匹確保してからソイ狙いに変更です。
イカ狙いにはメッチャ発光がいいので、ゲーリーヤマモト

のスーパーグラブの夜光使ってますが、イカバリで魚らしき
反応も多かったので、そのままジグヘッドの7gまで落として
キャスト&スイミングで狙います。

反応ないんですね。ワームをGパルス白で今度は試すがコチラも同じ(汗)

おかしい??今度はキャストしないで足元に落とします。
すぐにあたりがあります。



同じサイズの小マゾイが連発です。あ、そっか足元に居たのか・・。
でも、めっちゃちいせい・・・。

足元狙いなので、迷惑にならないように、10人組の反対側の
足元も攻めますが、どうしたんだってくらい、同じサイズの
マゾイのみ掛かります。

それから、テトラの間に隠れてる可能性も大きいので、
右角付近に戻って足元ぼちゃん釣りに徹します。

するとまぁまぁの重みと共に、28センチのガヤでございます。
かなり大きいのでキープいたします。ガヤのアクアパッツァにしようかと(笑)



次に同じ場所であたりがあり、巻き上げるとかなり重い感じですね。
タモ入れ名人ヤスさんにお願いし、タモ入れてもらい上げると

35センチの良型ではないですか!
欲しかったのはこのサイズなんですね。お刺身用にキープです。



後の話ですが、裁くと胃袋の中から、先ほどのカタクチイワシ
6匹も出てきましたから、相当濃いんでしょうね。

このカタクチイワシ追ってイカも入ってきてるんでしょうね。
先ほど間違って引っかかったカタクチイワシをMURAMASAさんが

テーラー仕掛けに付けたら、即釣れたとも言ってましたから。
そして再びイカ釣りに戻します。

もうひとつ使ってなかったイカ釣りのワーム仕掛けあったので
こちらも試します。ヤマシタから出てた、餌釣り、ワーム釣り用の

専用仕掛けです。こんなのがあったらワームでも理想だろうなと
思ってた仕掛けです。


▲Z式イカ釣りメソッド(笑)

そのままだとシンカーが付いてないので、スプリットリング使って
両カンオモリ接続します。そうすれば、取替えも簡単ですね。

なんとか1匹イカも追加できて合計5匹でございました。
ワームもイカに喰いちぎられてぼろぼろにされますが、



キャップライトのほかにカメラのフラッシュで蓄光させても
よかったです。ルミコ挿入してもいいかもですね。

MURAMASAさんはサンマ餌の浮き釣りで30匹ほど確保してました。
もう少しZ式シンカー改良の余地ありですね(笑)

ソイ狙いに再び戻し、最後にマゾイの25センチほどが釣れたので
こちらもアクアパッツァ用にキープし終了でございます。




▲ヤスさんが釣ったハチガラ


▲カナガシラ、珍しい・・・。

帰ってからはクロゾイは刺身、ガヤとマゾイはアクアパッツァ、
イカはイカ飯とゲソを煮付け、カナガシラは煮付けの予定で
ございます。

イカもまた行きたいな?カタクチイワシだけでもあの大きさなら
行きたいな?、あ、噴火湾のヒラメも月中には結果出さないと。

忙しい?(笑)






スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/160-cbf1fb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ