需要

岩内港は釣り人に優しかった・・。



6月のヒラメフィーバーにすっかり乗り遅れ、
早、7月も24日と7月も残すところ1週間でございます。

後は9月を待たなければ釣れないのだろうか?

いや、そんな事はない、ヒラメはどこかに居るはずだ。

と言うわけで長万部サーフへ新規開拓です。





パルスワーム関連商品


波はベタ凪。風も背中から、心配された雨も予報もはずれ
すっかり止んでおります。

夕まず目の2時間を勝負と見込んで現地到着は午後6時前。

一時間流して折り返して、8時ぐらいには終了し、隣接の漁港で
ソイ釣って、帰りに岩内でイカ釣って、

ヒラメにソイにイカにと、構想ばかりは例によって膨らみます(笑)

何より炎月の28gのイワシカラー試してみたいのもありました。

まずはソルティーベイト30gにGパルスチャートリュースつけて
探ります。

実はこのリグ気に入ってます。メッチャ飛ぶし、カナガシラまで
釣れるし、扱いやすいです。

ヒラメが釣れれば言う事ないですね。

しばし流すも反応なし。
すると途中で海草が多くなり、リトリーブしにくい箇所が出てきました。

また、漁師のものと思われるロープとパイプが等間隔で
沖に向かって伸びています。

こりゃ釣りにならないわね。と言う事で1時間も粘らず
海草も絡まない、釣りやすかったところで、炎月に付け替え探ります。

そして、さぁ漁港に戻って釣ろうかと思った矢先!

ぷっつーんとライントラブルでライン切れ。

炎月、海の藻屑となりました・・・。
イタタタタ・・・。

少し海に入ってラインの切れ端探しましたが届かず・・・。

気を取り直し暮れる間際のゴールデンタイム漁港で探る事に。
が、日没まで変化無しでございます。



では、ソイ確保して帰ろうと思い、外防波堤を歩き出すと
ハモ狙いの釣り人が居り、少し挨拶交わし、先端めざします。

途中のテトラの切れ目から外海側を探る事にします。
まだ、ヒラメも出るかも知れないので、テキサスリグのシンカー

5号にGパルス白で放射線状にボトム意識しながら探ります。

ちっさいあたりはありますが乗らんのですね。
だば、とっととアクアパッツァ用ソイ確保して岩内に移動だ。

ちょうどたなさんからも岩内でイカ釣るとメールが入っていました。

リグをジグヘッド11gに付け替えスイミングでカウント数え
タナを探るのですが、ピックアップ直前に、こつこつ小さな

あたりがあるだけなんですね。何とかフッキングに持ち込むのですが
案の定、ガヤでございます。



小さなソイも掛かりますが、中々サイズアップしません。

そこで防波堤先端行ってみますが、まったくあたり無いんですね。

仕方なく最低2匹目標に元のテトラ帯に戻ります。

ようやく25と27センチを2匹確保し岩内に向かいます。
付いた頃はすでに11時半を回っておりました。



たなさんに聞くとマイカ全然釣れてなく、防波堤で寝てるとの事。
しかしワームで33センチのヒラメが釣れたらしい。

羨ましいが、あくまでもイカ狙いなので西防波堤の先を、
イカのリグだけ持って歩き出します。

ここらでやろうと思ったところで、イカ狙いの釣り人が
帰るところだったので尋ねてみると「全然釣れてない」との事。

いやーな予感ですが、周りも釣れてる様子なく、時間も時間ですが、
異様に釣り人の姿も少なく・・・。

一応、眠気とも戦いながら、Z式イカワームメソッドでロッド振ります。

30分ほどでモチベーション完全にダウンです。

眠いし、帰ろうか・・・。

そして、車に道具片付けてると、中防波堤が目に入ります。
誰も居ないようです。7月には何とか上げておきたかったヒラメ。

一時間だけ寝る時間つぶれるだけだ。一時間頑張ろう!

と、思い立ちテキサスリグを2セットのみ持ち、防波堤歩き始めます。

すると居ないと思ってた釣り人2名ほど居りました。

邪魔にならないようにロッド振ります。ワームは鉄板のGパルス
チャートリュース。シンカーはZ式5号。フックは2/0です。

ボトムちょんちょんしながら方々探りますがあたり無しでございます。

釣り人が「あちらで釣れましたか?」と尋ねてきたので
「いえ釣れません」と、疲れていたので言葉少なく返します。

「何か釣れましたか?」と逆に尋ねると27センチのソイが釣れたとの事。

風もなくベタ凪で、全然釣れる雰囲気ありません。途中、マイクロソイ
が一匹掛かったのみです。

先客もまもなく帰っていきます。「帰ろうかな?」と思い始め
帰りながら外側と内側を探りながら帰ると、外側に遠投かけると

もぞもぞあたりです。よっしゃーと思いっきりフッキングです。
一瞬、根掛りかと思いましたが、ぐんぐん引くので間違いなく魚です。

すでにこの時点で、ヒラメと確信です。重さと引きで間違いないところ。

足元まで引き寄せ、平べったい魚影が見えて、心でガッツポーズです。

肩から掛けていたタモですくい上げ無事ゲット!
やーようやくヒラメ上がってほっとしたな。ようやく格好つきました。



周りに誰も居なかったので、よっしゃーと手を挙げガッツポーズです。
図ると44センチですね。大型ではございませんが貴重な一匹です。

今年は当たり年と言われてますので、もう少し頑張りますよ。
でも、結局ヒラメが釣れたのは岩内港でございます。

岩内港はやはり釣り人に優しかった(笑)

さぁ一匹釣れたので、とっとと帰ろう!
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/158-ce091b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ