需要

ゲリラ豪雨じゃ釣りにも支障が・・。



今週は大雨の連続でしたね。まさに北海道でも
「ゲリラ豪雨」の名前がふさわしいぐらい。

日中に歩いてると靴は濡れるは、ズボンの裾は濡れるはで
長靴履いて歩きたいぐらいでした。

札幌から近い古平町や積丹町でも大雨による影響で浸水する
家もあったそうですね。

これじゃ週末は晴れても川からの濁り水で釣りどころでは
無さそうです。

しかし、土曜日はもしや釣りになるのではと思い、
先週と同じパターンで

噴火湾でさくっと、ヒラメ&アクパッツァサイズのソイ確保。
さらに岩内港でイカ釣って、
またまたヒラメで本日の行事の食料調達をもくろみました。


▲ソルティーベイト30gかなり気に入りました。

ソルティーベイト関連商品

▲このルート気に入りました。

が、予想はしていたものの多少うねりは残り、さらに濁りや海面の
浮遊物が大量に。

実は我が家の手稲から噴火湾のルートが、150kmで行ける最短コース
があるんですね。中山峠経由した方が10km程近いのですが、

噴火湾がダメだった場合、日本海で釣りして戻るパターンが
出来るからなんです。結構お気に入りのコースでございます。

ちょうど夕まず目の小一時間試すも、やはり反応なし。

そこで岩内港に戻りイカ&ヒラメに早々に切り替え、
到着して準備してると、風が意外に強い。

すると「ヒラメ狙いですか?」と声を掛けられる。
「そうですよ」と答えると「Zさんですよね?」と言われる。

見覚えないので「どちら様?」と聞き返すと久々ワンダーさん
でございました。一度しか合ってなかったので、すっかり

お顔忘れてました。失礼いたしました。

そこで、「イカどうなんでせうかね?」と尋ねると、
岩内はもう終わったそうです。ついに夏枯れでございますね。

そこで先週と同じポイントに立つも、横からの風で釣りにくい事。
藻がルアーに絡むし、こりゃ釣りになりません。

対岸の漁業埠頭で風を背にして釣りなおすも、1投、1投
ルアーに藻が絡んでくる始末。



うねりに波、風、底荒れと、噴火湾、日本海釣りは無茶でございました。

まぁ自然相手の趣味なので仕方ない。

タモが壊れかけてて、先週、新品を購入しました。
まぁくんが柄の短いの持ってて、コンパクトで持ちやすそうで

いいなぁと思っておりました。


▲短い柄はコンパクトで持ちやすいです。

アメリカ屋漁具、フィッシュランド、武美を見て回ると、
アメ漁、タモアミは良いの置いてるんですが、
柄が短いのあまりないです。

ファイッシュランドは短い柄は一種類のみ。






▲古いのは騙し騙し使ってました。

武美は短い柄が多数ありましたが、どれも高いし、
重いのばかりなんですね。

そこで、フィッシュランドで420cmの柄(300g代で軽かった!)
アメ漁でタモアミ
(つなぎ目がなく、小さくて、軽くて持ち運びやすそう)
購入してました。


▲肩ひもと柄のつなぎ目がマジックテープが唯一不満。

炎月も先週ロストしましたの武美で再購入したところです。

釣れないときは、釣具を新調してストレス発散ですね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/157-9bd86ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ