需要

そろそろ噴火湾秋のヒラメ爆発か?


気象庁 | 海水温・海流のデータ 日本近海 日別海面水温
見ると今年の海水温度は平年より3度ほど高いですね。

鮭も2週間ほど遅れてるそうですから、
秋のヒラメシーズンも遅れるのは間違い無さそうです。

昨年は9月の3週目に70センチのヒラメ釣ったのですが、
上記の海水温度で昨年の9月22日の海水温度見てみると、

下手すると5度近く高い感じでございます。

この調子だと本格的には10月に入らないと秋ヒラメシーズン
になりそうにない感じですが、情報が出た頃には時遅しなんですね。

そんな事を考えているとカオリクさんより釣りに行きますとのメールが。

平日休みのお仕事されてますが、ちょうど秋分の日に重なっていたので
めったにない機会と思い、同行させていただくことにしました。

どこに行くかはっきり決めてなかったようですが、
天気見ると日本海は波風、共に強そうな感じです。

唯一、噴火湾方面が北風で波も無く、よさげな感じです。

そこで、ブリも再度行きたかったのですが、ちと早そうな感じですが
伊達漁港に秋ヒラメ調査に行く事にいたしました。




▲モアザン106MHXこれ欲しいです・・・。

モアザン関連商品


伊達漁港へは朝まず目の5時過ぎに着です。
釣り人皆無でございます。まだ、早いのか、時間が違うのか

地元の釣り人が居ないと、あまり良い状況ではないんでしょうね。

ま、こればっかりは分らないので、とりあえず外防波堤の
テトラ帯から釣り始めます。



今回はジグオンリーで狙ってみます。
まずは岡ジグAT30グリーンマジョーラヒラメ仕様で狙います。

足場の良いテトラの上から扇状に何度も何度もキャストします。



他にも数人、地元アングラーの姿も見え始めます。
とりあえず、ヒラメ居るかも知れないのでホットしますね。

中には浮きルアーを投げてたアングラーさん居たので鮭狙いでしょうね。
確かに途中、じゃぼんと鮭の跳ねもありましたね。

あまりにも反応ないので、次にヒラメキラーの
岡ジグLT30アカキンオレンジベリーで探ります。









反応無い・・・。

ならば、移動するしかないです。

テトラ帯、他のポジションに移動してみます。
途中、カオリクさんの様子聞くも、ワームで狙ってたようですが
同じく反応ないとの事です。

相場の良いポジション見つけては移動の繰り返しです。


▲ベタ凪ですね・・・。





反応無い・・・。

カオリクさんも反応無いようで様子聞きに来ますが同じでございます。
途中、ワームも試しましたが、まったくの無反応でございます。

2時間半ほど粘りましたが、大潮で干潮時間が8時40分ごろ
だったので、礼文華の磯に移動する事にします。

漁港の去り際に、港内で鮭釣りをしていた釣り人と話しましたが、
鮭シーズンになると港内に、鮭が結構入ってくると話してました。

たくさん入ってくると、ウキルアーでもルアーだけでも
釣れると話してましたが、今年はやはりまだ遅いと言ってましたね。

礼文華に移動してみると、案の定、ベタ凪、無風、ド干潮でございます。



ビンノ岬の大岩二つとも入れそうでしたが、
伊達漁港でさくっとヒラメ釣って帰るつもりだったので、長靴用意
しておりませんでした。

入りにくい左側の大岩入りたかったのですが、
長靴じゃないと行けそうに無かったので、いつもの右側の磯に入ります。



そういえば、噴火湾の大潮は釣れないと言う定説を思い出しました。

なんか、いや?な予感でございます。

アブラコぐらい居るかと思いましたが、ガヤの小さなあたりがたまに
あるぐらいです。

ジグやらワームやら投げますが、どこに投げても無反応でございます。



ちょっと噴火湾は早いかもしれませんね。正午には帰りたかったので
10時前には終了でございます。

完全ボンズですね・・・。

週末は日本海で再度、ショアブリ、磯ヒラメ狙ってみることにします。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/143-a8e9b44c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ