需要

釣りも段々厳しい季節に。



すでに10月も半ばが過ぎて、釣りは秋のハイシーズン真っ只中
ではありますが、段々と天候も冬に向かって、厳しい日が続きますね。

ハイシーズン言っても鮭に限っては2、3週間から
1ヶ月も遅れてると言われてるところもあるくらいです。

秋にもう一度、爆発があるのではないかと予想していた
噴火湾のヒラメ釣りも今だ爆発もなく・・・。

かと思えばちゃんとトウベツカジカは岸よりしてきたので
確実に秋シーズンは猛暑による海水温度上昇で、短くなった感じですね。

今週末は天候見ると噴火湾が穏やかなので、ヒラメ爆発してないか
調査するぐらいしか無さそうな気配でございました。

ならば、遠投ジグスタイルで噴火湾試してなかったので、
この際、サーフから狙ってみようと思い、日曜の朝まず目限定で

礼文華キャンプ場のサーフでジグぶんなげて見る事にします。



コルトスナイパー関連商品


現地到着はちょうど夜明けごろの5時半過ぎ。

ぶっ込み釣りの鮭狙いの釣り人がおります。
支度をしてると、ルアーマンらしきアングラーも入釣準備しております。

予報通り波も穏やかで風も出し風。ジグ思いっきり飛ばせそうです。

テトラの上には鮭狙いでウキルアー釣りしてる釣り人も居ますね。
ウェーダー履いて、左側の砂浜から右に移動しつつ、キャスト繰り返します。


▲離岸流がよくわかる流れです。

すかり気に入ったダイワのタングステンジグ「TG BAIT」60gを
思いっきり投げますが、中々反応ございませんね。

ぶっ込み釣りの釣り師と少しお話させていただきましたが、
豊浦港が満員だったのでこちらに来たと言ってました。

伊達方面で鮭釣るなら長和がいいのではとも話されてました。
ヒラメ狙うと話したら本人も豊浦で釣った事あると話されてましたね。



さらに河口寄りに進むともう一方、ルアーマンが居ましたが
鮭狙いなんでしょうかね。

あまり広い海岸でもないのですぐに河口まで来ましたが、
まったくもって反応ございませんね。

すると川尻のサキに人影が見えます。

サーフで流してても釣れる気がしなかったので、
この際、噴火湾の磯で遠投ジグスタイルでヒラメ狙っちゃいます。

少し葛藤もあり、魚の感触も感じたかったので、ワームももって
アブでもと思いましたが、道具も増えるので、ジグケース一つに

コルトスナイパー一丁で向かうことにします。

途中、アングラーさん見えましたが、お二方が最奥の平盤でロッド
振っておりますね。





軽く挨拶を交わしてから左側から扇状に探り入れます。

一投目に「TG BAIT」を回収寸前、アブラコの追っかけジャンプ
がありました。

二投目に足元で試しにちょんちょんやると30センチほどのが
バイトしてきました(笑)



それからムーチョルチア、ソルティーベイト、炎月、遠藤クラフト
などなど、ローテーションするもまったくもって反応ありません。

秋の噴火湾爆発は幻なのかも知れませんね・・・。



お昼には帰りたかったので9時前には終了でございます。
で、帰りは日本海経由で帰ろうと思い寿都抜けると、風が意外に弱いんですね。

もしやと思い、弁慶岬目指すと、途中寿都湾まったく波がございません。

天気予報の嘘つき!と車の中で叫び(笑)
最初から分っていたら日本海来たのにね?。


▲写真では分りにくいですがうねり大きいです。

が、弁慶岬着いてみるも、やっぱうねりはありますね。
よっぽど波を避けてロッドだそうかと思いましたが、危険なので
諦めて帰ることにしました。

日本海沖ではヒラメ釣れてるので、まだまだ狙えるとは思うのですが
如何せん天候が段々と厳しい季節になってきましたね。

あ、鮭のリベンジどうするべ・・・。(笑)

仕方ないので帰りにブリ買いました(笑)
2本で500円だったのが3本で500円で言いというので買っちゃいました。



まだ、売ってると言う事は釣れるということだ。

さて、どうやって食べるかな?
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/137-1a45ec37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ