需要

マメイカフィーバーいつまで続くのか



あれこれと何を釣りに行こうかと考えて、週末を迎えますが、
なんとすでに12月がもうすぐです。

北海道で釣りをしてるとホント一年が早い。
北海道に限りませんが(笑)

で、今週は天気予報を見る西風で冬型の天気。

しかし、土曜日だけなら南風も時々混じり、
東積丹側が波風交わせそうで、釣りに支障がなさそうな感じです。

ならば、気になっていた日中狙いで磯クロゾイを試してみたく、
K夫婦さんをお誘いして積丹笠泊海岸に行く事にします。

まぁ釣れなければホッケ、失敗してもマメイカあるしね!



YAMARIA エギ NAORY関連商品


朝まず目目指して積丹目指しますが途中の海岸の様子は
ベタに近い感じです。風も無さそうです。

期待が膨らみますね?。いつも釣り場に向かう時が一番盛り上がります。

条件がいい中で釣りができるのは嬉しい限りです。
車中でも釣れたら話で盛り上がりますね(笑)

遊歩道入り口に到着すると「熊出没注意」の看板がなくなってます!
熊が出なくなったんでしょうか?

今回は日中の釣りだし、用心棒にK夫婦さん(笑)
同行していただいてますので、安心して釣り場に向かいます。

海岸を見渡せる頂上に着くとガックリ。

かなりうねりがあります。
一応ウェーダーはいてますが左端の小島に渡れそうにないですね。

手前側なら釣りできそうなので、一応向かうことにします。

すると途中の海水だまりにカタクチイワシ打ち上げられてますね。
沖側みると鳥山も立ってます。



波があるのでカタクチイワシが岸側に寄れないんでしょうね。

そういえば久々のロックフィッシュスタイルで岩鬼にZ式シンカー
5号付けて、2/0フックにGパルスチャートリュースで探る事に。

ロッドがものすごく短く感じてなんか投げにくいんですね(笑)
ブリばっかり狙ってロングロッドに慣れてたので何か妙な感じです。

時折大きなうねりが押し寄せ、投げる方向も限られます。
うねりもあってショートロッドは
投げにくいのでシーホークに持ち替えます。



波の合間狙って正面に投げると1投、1投あたりあるんですね。

とりゃーと合わせを入れて乗ってきたのはハゴトコでございます。
実はハゴトコを大学の研究で送る約束があったのですが、



本日、釣れる予定がなく、後から別の釣り物も考えていたので、
鮮度考え、仕方なくリリースでございます。

次に小型のアブラコ二連発ですが、狙いのクロゾイ出ないんですね。
K夫婦さんも40センチ近いアブラコゲットされてました。





とにかくうねりがあってあずましく釣りができないんですね。
波の交わせるところに移動して試すも狙いの回遊クロゾイは

この条件なら厳しいです。途中カラスにワーム一袋さらわれる
ハプニングありましたが、岩の上で袋、突付いてるカラスを



追っ払い、何とか回収です。

やっぱあずましくないので、K夫婦さんと相談し、ホッケ狙いで
盃兜漁港を目指す事にします。

港ならうねりあっても安心だしね。

ところが、先端ポイントに浮き釣り師多数居るものの、
全然釣れてないんですね。たまに上がるのもかなり小型でございます。



エサを持たずワームの二人には掛る気がしません。

一応、ジグヘッド7gにGパルスチャートリュース付け、
スイミングで探るもまったく反応無しです。

1時間も粘らず撤収です。

次に昨年、この時期ホッケとカタクチイワシのつかみ取り(笑)
で良い思いをした祈石で試す事に。




▲祈石でもカタクチイワシが・・・。

投げ釣り師3人ほど居ましたが、釣れてる様子もありません。

一応、遠投スタイルでコルトスナイパーに10号シンカーで分投げる
ものの、うねりも強く反応もまったくございません。

平盤右側の柿崎の澗側に移動すると、
何とかうねりを交わせそうだったので移動してみます。

正面に投げるとなにやらあたりが。ワーム喰いちぎられます。
ジグ60g投げると案の定、フグが引っかかって来ました。



やはりこちらも落ち着かないので、最後の癒しを求めて
余市港でマメイカ狙いをすることにします。

時間もお昼を回ったぐらいですが、中防波堤にはかなりの
釣り人ですね。



早速、中間付近から外側に向かってエギをキャストです。

この日のために購入したNAORY1.8号Sピンク夜光にヘッドシンカー
1gを追加して、ロッドはマミヤOPのトラウトロッドです。

リールはカルディアKIXの2500番。ラインはファイヤーラインの
18LBにリーダーでナイロンの25LBです。

これで組み合わせでロックフィッシュもホッケも通してます。

日中とあってか、周りでもそんなに釣れてる感じはないのですが
どの釣り人も、思い思いのスタイルでマメイカ釣りされてます。

誘い方は先日の小樽と同じです。

キャスト→エギがフォール、この段階でマメイカが乗ることも多い。
乗らなければ再び、しゃくってフォールさせる。

まぁ乗るんですが、非常に手返し悪いんですね。



少し周りでエギングされてる釣り人観察すると、しゃくらず
ラインを巻いてカーブフォール気味に誘われてます。

さらに足元までエギで誘ってみてるとかなり遠くからでも
マメイカが寄ってきて抱きつくんですね。

そこでちょっと考えました。

・マメイカは相当な数が居る
・エギにかなりの好反応をしめす
・フォールでは効率が悪い

おそらくかなりのマメイカが寄ってきてるのに、乗せ切れてないのでは
と言う結論に至りました。

そこで・・・。

キャスト→フォール、これは同じ、大げさにしゃくり、これも同じ。

次が肝心。

フォール中ラインを張り気味にしてあたりを待つ。

これで小さなあたりも感じ取れるようにします。
エギはカーブフォール気味に降下してると思います。

ほぼ1、2回のフォールで乗ります。ドンピシャでした。

1投1匹ペースに突入。それでも手返し考えたら、
足元でしゃくってやっても同じでしたけど(笑)

K夫婦さんはアシスト2連仕掛けで同じようなペースでした。

3時間ほどで、疲れを感じ始め。十分に癒されたので終漁でございます。

さすがに早朝から笠泊、兜盃漁港、祈石、余市漁港ですから
疲れましたね?。

結果、67ハイ釣り上げる事ができました。



でも、磯ロックできなかったのが心残りです。
かなりアブラコ寄ってますね。クロゾイ釣りたぁ?い。

そして料理は20ハイを刺身に。

20ハイを里芋とマメイカの煮付けにしました。
さすがに捌くの大変なので二箇所におっそわけ致しました。




スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/128-9f2edc38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ