需要

ハゴトコ確保の協力願い。



先週は散々な釣りでございました。

北海道もようやく冬に突入したかと思えば、
気温も高く秋に逆戻りの気配です。

先週は釣り足りないホッケでも釣って来ようと
無謀にも日本海に向かったわけですが・・・。

大荒れと分っていたものの、逃げ場があるだろうと踏んで
ヤスさんをお誘いし、寿都は政泊漁港へ。

外海はかなりのうねりです。そんな漁港は
うねりも入り込み、相当の濁りも入ってます。

同じ事考える釣り人も多く、車中待機で様子見の釣り人数台。

何とか竿出してる釣り人も数名。

釣れてる様子もまったくなく、瀬棚方面に下る事も考えるが
あのうねりじゃ無理と考え、岩内に移動決めます。

が、岩内に着いてみると風がものすごく強く断念。

ならば余市のマメイカあるさと思い移動するも意外に風が強く、
さらにあまり釣れてないときてます。

一匹釣ったところで、小樽行きましょうということになり
実はここからが本題。

素直に噴火湾に行けばよかったと思いつつも、ハゴトコ釣らなきゃ
ならなかったので、ヤスさん付き合わせて、小樽の北防波堤で

テトラの穴釣りでハゴトコ狙いです。



一通のメールが北国TVを通して届きました。

大学で魚の目の研究をしている人からでした。
スジアイナメの角膜が着色していて周囲の明るさ

(明け方、昼、夜)で変化することがロシアの研究者によって
発表されたそうです。

そしてそのロシアの研究者にスジアイナメ(ハゴトコ)の目の色覚遺伝子を
調べてほしいと依頼 があったそうです。

北海道にしか生息しないので、ネットで探していたら私のブログにたどり着き
メールが来ました。

内容は3?5尾を冷凍で送っていただくことはできないでしょうかと言うもの。



そこで、ちょうど良いタイミングだと思い、ワームで穴釣り
するも、ハゴトコだけ狙ったこともなく、

フックサイズ小さくしてワームつけるも、あたりあるものの
まったく乗らないんですね。

掛ったと思ったら小ゾイだったりと、いざ狙うと中々釣れません。

皆さんハゴトコプロジェクトに参加しませんか?

釣れたら活きの良い状態で冷凍しておいてください。
まとめて送りましょう。リリースするようなサイズでもかまわないとの事。

もっとも、ハゴトコ自体リリースする魚ですが。

この際、ハゴトコだけ狙ってツアー組みましょうか!

えいえいおー(笑)


▲アイナメは売られてるけどスジアイナメはさすがに売れてないよね。

アイナメ関連商品
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/126-decd6c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ