需要

ニシンが来たどぉー!




ニシンが小樽港で釣れだしましたね。

12月の中旬には釣れだしてたようです。
例年、ニシン漁が始まる1月中旬までは、爆釣!

と行きたいところですが、その分つり人もワンサカ。

色内埠頭の先端右角はほぼ「開かずの間」となります。

ならば、あずましい平日に行って、さくっと釣って
コマイに移行したいところです。

そこで発電機を持たない私としては持ってる人を誘わないと
いけない訳で・・・。

そう、昨年も同行頂いてるhojoさんにお願いし、
私は早めに行って場所取りも含めて夕方の4時半には

現地に到着いたしました。hojoさんは仕事が終わってからの合流です。


▲発電機19,800円!

発電機 エンジン関連商品


着いてみると意外や釣り人少ないんですね。

平日とはいえ休日の前日。ニシン狙いの釣り人でごった返してる
と思いきや、色内埠頭の右角付近に集中してるのみです。

そこで釣り人が集中している左端に陣取りサビキ開始です。

仕掛けは蓄光スキンフラッシュと蓄光スキンレッド7号の二連結。
そして上下に大きな集魚板を取り付けます。

一応、コマセにだいぶ前に買ってあり、
カミサンに見つからないように

冷蔵庫に入れてあった生タイプのオキアミ。

こすって付けエサも兼ねます。

ロッドは3号4mの磯竿です。アメ漁で買った海上釣り堀です。
シンカーは10号ですね。

辺りは真っ暗です。お隣にライトを付けてる方がいたので
なるべく近づいておこぼれ頂戴作戦です(笑)

hojoさんのライトが来るまで辛抱ですね。

暮れたあたりからお隣のライトのお方がポツポツ釣れてますね。
私も大きくさびいてると、コツっとあたりが。

何とか一匹を小一時間ほどでゲットです。

周りを見てるとやはり一等地の右角付近は順調のようですが
昨年の海面に見えるぐらいの群れはないですね。

そしてまたまたすぐに2匹目です。



ヒットは完全にボトム付近のハリですね。

これからかぁ!と思ってるとあたりがだんだん遠のくんですね。
周りも同じ状況です。

しかも帰りだす釣り人も多数おりました。

そこで少しずつ一等地方面が空くたびに移動繰り返します(笑)

しかし周り含めて状況は良くないですね?。

そうこうしてるとhojoさん到着です。



ライト準備して早速はじめますが、チカすら掛らない状況ですね。
昨年は大きなチカがニシンが釣れなくても掛ったんですが。

それからは・・・。

コマセを撒けどニシン釣れず、大きくしゃくってもニシンは釣れず、
何とか私に一匹掛かりましたが、抜き上げ直前でバラシ。

10時近くまで粘るも二人にはそれっきり魚を拝む事はなく・・・

寒さも手伝い終漁でございます。

まぁニシンはこれからだからタイミングが悪かったと言う事で、

帰りは手稲の極楽湯で冷えた体を温め、疲れた体を癒して帰りました。



これからの時期、釣りの帰りは温泉に限るね?。

気持ちよかったぁ?!
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/123-cd2322d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ