FC2ブログ
需要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

黄金ボートで鮭狙い!

IMGP6178.jpg

気温が段々低くなってきましたね~
と共に気象条件も冬に向かって安定しません。

気がつけば後2ヶ月で今年も終わりと、
お魚さんを追っかけてると一年は早すぎますね。

を狙って10連敗中ですが、
意地でも釣っておきたいところでございます(^_^;)

そう考えてると石狩の赤い狼A船長から
黄金ボートで跳ね打ちしませんかとのお誘い。

気象条件を睨むと金曜の文化の日が
波も風もなく条件的にはバッチリでございます。

跳ね打ちとは後期軍のを狙って、
主に噴火湾沖で跳ねてるを狙って釣る釣りです。

以前にも一度挑戦して、
1匹ゲットしたことがありますが、

時期的に11月に狙うので、
気象条件が良い日と休みが合わないんですね。

ま、それは今までの話ですが、
今は平日でもOK、OKでございます。

今回は祭日でしたが、
条件に合わせて行くことが出来るんですね~。

さて、現地に着いてみると
波はかなり無さそうです。しかも風も無い!

他にボート釣り師さんも休みとあって
大勢きてますね。

みなさんカレイ狙いかのどちらか
なんでしょうね。

ここへ来ると気になるのが
気仙川河口の様子ですが、

IMGP6177.jpg

かなり少なめの釣り人ですね。
跳ねも見えないし、河口はもう釣れないでしょうね。

出船は4、5艘目になりましたが、
先に出船するボートは室蘭方面向かうんですね。

カレイ狙いなのかな~

我々はとりあえず、先週跳ねが
見えたという、前浜沖目指します。

IMGP6179.jpg

しかし風も波も無さそうに見えましたが
沖に出るとうねりがありますね~

二人乗りボートで小さいので
はっきし言って揺れます!(^_^;)

やべー酔いそうだ(^_^;)

なるべく遠くを見ながら釣りに集中しますが、
カラあくびばっかり出てきます(^_^;)

跳ね打ちと思われる遊漁船を
ポイントの目印にしようと考えてましたが、

プレジャー含めて豊浦方面に向かうんですね。
二人乗りのボートじゃそんなに走れましぇん(ToT)

仕方なく先週のポイントで開始しますが、
魚探付いてるわけでもなく

他のボートが居ないとホント手探りです。

IMGP6181.jpg

ルアーは60gのスプーンにタコベイトと
深場を探るので重めで色んなタナを探れるようには

するのですが、潮の流れも早いので
ルアーの棚がどの辺を通ってるのかが
全然、分からないんですね(^_^;)

とにかくカウント数えて、流れに任せて
ボトム行ったかなって思ったら

ゆっくり巻くだけです。

にしてもこの釣りの場合、外道も少ないので
釣れないと、ホントなにも釣れないです。

ボートもどんどん流されるので、
立て直して繰り返すのですが、

もう少し伊達沖に移動しましょうかと
いう事で移動かけた先に、

一人で竿を4本出してるプレジャーボート
の側でやり始めたのですが

な、なんと、我々の目の前で
4本連続でゲットしてるんです(^_^;)

あれーなんであんなに連続で釣れるの???

しかも置き竿なんですね。

結構、近くでやってたのですが、
我々には全くヒットしないんですね・・・。

なぜだ!

同じように同じタナを維持できるように、
真似てみますが全くダメです。

考えるにまずタナが合ってないと
ダメでしょうから、

潮流を考えると、様々な重さと形状の
ルアーが必要でしょうね。

そして遠くで見えてましたが、
キラキラ光る大きなルアー的なものが見えます。

おそらくドジャーじゃないでしょうかね。

そのプレジャーボートのお方は
4本釣ったら満足したのか移動していきました。

居るのが分かるとモチベーションも
保てますが、しかし釣れない(^_^;)

するとプレジャーボートも釣れないのか
各船とも移動し始めています。

前浜沖に数隻塊が見えたので、
移動しましょうかという事に。

IMGP6183.jpg

これが波に逆らって進もものですから、
うねりのてっぺんに上がると、

どっしゃん、どっしゃんと波の
谷間に落ちるものですから、

お尻が痛いのなんのって(^_^;)
船が小さいので小さなうねりでも

波の山をつっきれないんですね。

そして最初のほぼ前浜沖に
到着で再開します。

相変わらず潮の流れも強くて、
ルアーを落としてもどんどん流されます。

ボトム取れたかなと思った時に、
微かなあたりがありますね~

小さいあたりなので根魚でしょう。

巻き上げると、多少ですが魚の感触が・・・。

ちっちゃなギスカジカが掛かってます(^_^;)

IMGP6184.jpg

すると、船長に「あたりだ!」の声が!
来たか

「でも少し軽いわ」と巻き上げる感じも
あまり重くない感じですが、

暴れるらしく、魚は間違いないようです。
「タモ入れしましょうか??」

「お願いします!」

さてさて、何が付いてるのかな~

魚の姿が見え始めます・・・。

な、なんと正体はサメでございます。
一字違いではありますが、本命ではございません(^_^;)

IMGP6187.jpg

するとボートが根の上を通ったのか
私に20センチ後半のクロゾイと

船長に35センチほどのクロゾイがヒットします。

IMGP6188.jpg


ルアーも今回は3種ほど用意してたので、
くるくるサーモン55gにチェンジしてみます。

反応ありませんね~。

そしてよりシルエットの細いサーモンブラー
オレンジの60gにタコベイト1.5号に

ショートバイトでもフッキングしやすい
段差フックに変えて数投目・・・

ボトム意識して流して
ゆーくりリーリーングしてると・・・。

「ゴン!」きましたぁ~

これ重いです~、多分鮭です~

感覚ですが中層ぐらいのヒットでございます。

必死で巻き取り鮭が見えます!おー鮭だわ~~
船長タモお願いします!

やったーメスの鮭だ~、しかもかなり大型です。
後でサイズ測ったら85センチありました。

IMGP6189.jpg

イクラだけでも700gも入ってましたよ!

つ、ついに連敗脱出でございます。

よし、群れがいるはずだ!
続けてやれば釣れるはずです。

船長、私もすぐにルアー入れますが
次がヒットしませんね・・・。

ボートも大きく岸側に流されて
かなり水深の浅いところに移動してます。

戻ろうとしてると空からポツリポツリと
雨が降ってきます。

あれ~予報では夕方からだったのにな・・・。

するとほぼ土砂降りに近い感じでございます(^_^;)

止めましょうか・・・。

まあ私は一匹釣れましたが
船長釣れてないので、もう少し粘ります??

結局、小降りになって
もう一度竿出そうかとなりましたが

再び土砂降りになって残り一時間半程残して
終漁でございます。

2、3本釣りたかったな~
ただ、一匹釣れて様子も分かったし

跳ねも無くても居るのは分かりましたから、
次に活かせる釣りになったかなと思いますね。

IMGP6192.jpg

IMGP6193.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り    ボート 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。