需要

黄金ボートで鮭狙いのつもりが・・・

IMGP6086.jpg

黄金ボートで鮭、鯖、カレイ狙いませんか??
と、石狩の赤い狼A船長かお誘いありました。

でもな、今年の噴火湾なんか、
鮭薄いしな~

と思いつつも、サバが気になってたし、
カレイぐらいは釣れるでしょ!

と思い、行きます、行きます!と
返事させて頂きました。

今回はA船長の他にエゾタヌキさんも
ご一緒で3名での出船です!

気になる天気ですが、
微妙な感じでしたが南の風で

出し風っぽく、波はなさそうです。
ただ10時ころから雨となりますので

土砂降りになったら早上がりですね・・・。

IMGP6089.jpg

当日は5時半出船とのことで、
土曜に休みともあって

多くの釣り人が来てましたね~
みなさん鮭狙いでしょう!

出船を待つ間に、
気仙川の様子見ますが、

いい時間ながら釣れてない・・・。
やっぱし薄いね~。

IMGP6090.jpg

一応、朝は鮭狙いなので、
釣果気になります。

ただ、跳ねは見えてたので
居るにはいる感じでございます。

さあ!出航です!

まずはチマイベツ目指しましょう!

IMGP6092.jpg

A船長には運転ご苦労かけますが、
ロープが至る所にあって

結構、交わすのに苦労するんですね・・・。

波も小さいながら
室蘭側からうねりが入ります。

IMGP6091.jpg

浮きを目印にロープ交わしつつ、
ほどなくチマイベツ川沖合到着です。

沖合っていっても岸からせいぜい100m程、
水深5mほどじゃないかな。

既に夜は明けてるので、
岸で鮭狙ってるアングラーさん数多く見えます。

つ、つ、釣れてる様子がない・・・(^_^;)

跳ねも、もじりも見えない・・・。

でも、一応ロッドは出します。
IMGP6093.jpg

A船長は浮きルアー、私とエゾさんはウキフカセと
思い思いの仕掛けと餌で狙います。















静かな時間が過ぎます。

あたりが当然ないです(^_^;)

想定の範囲内です。

岸のアングラーさん半分ほどに減ってます。

ひろしです。笑




ツレネ笑



A船長と相談して7時までやって
釣れなかったら移動しましょうか!

という事にしますが、
もちろん時間までやっても

誰のロッドにも鮭は掛かるはずもなく・・・。

そこで、先日のいくさん情報で
北外防波堤の渡りで

日中でもクロゾイ釣れたとの
情報を思い出し、

そろそろ、トウベツカジカも釣れるかも
しれないので

北外防波堤の先端目指します。
渡しで渡ってるアングラーさんも見えますね。

風もそこそこあるのですが、
防波堤の胸壁裏に入り込み

防波堤の縁を狙うことにします。

これなら渡しと変わんないんですけどね(^_^;)

するとライトリグのA船長にガヤの
オンパレードでございますね(^_^;)

IMGP6096.jpg

エゾさんも餌釣りでガヤを掛けてます。

私はロックフィッシュ用のロッドと
ワームも持参してたので

重めのシンカーに大きめのワームで
狙いますが、ツンツンあたりが来るだけで

全然、乗せれないのよね~
まぁ、小さいガヤなんでしょうけどね。

あまりにも乗らないので、
シンカーを4号まで落として

4インチワームに変えると、
小マゾイゲットでございます(^_^;)

IMGP6095.jpg

あまりにもガヤしか釣れないので、
少しボートを移動させます。

でも、やっぱり、ガヤ、ガヤ、ガヤ・・・。

私には今度は小シマゾイ・・・。

IMGP6097.jpg

私にもガヤのスレ掛かりまで。
相当ガヤは居そうです。

IMGP6099.jpg

ヘリ側にキャストして、
狙いますがどうも小さなガヤしか掛かりません・

キャストして水を飲もうと
ロッドを一度ボートに置くと、

グングン穂先が揺れます!

お、なんか、大きいのが掛かったぞ!

慌ててロッド持って巻きますが、
明らかにその前までの小さいのとは違います。

なんだ、なんだ!

見えた!

トウベツカジカだわ!

IMGP6100.jpg

もう居ましたね~。

でも、結局トウベツカジカは一匹のみで、
期待してた大型のアブラコやソイは釣れず・・・。

じゃ、せっかくボートですから
カレイ狙いで行きましょう!

という事になり、沖にボートを向けます。

再びロープに気をつけながら向かいますが、
流石に沖合は潮の流れがきついっすね。

A船長の合図で25~30mラインで
アンカー下ろしますが、流されて、流されて・・・。

気になるサバの鳥山も遥か遠くです。

カレイに集中するも、
全く掛かりません(^_^;)

ボート移動させるのに巻き上げると
小型のソウハチが一匹付いてるだけです(^_^;)

じゃ、少し移動させましょうか!
という事で、他のボートがいる場所まで

移動させてみます。

しかし沖合は潮の流れがきついです。

なんとか固定して、
再びカレイ狙いますが、

だ~れもあたりありませんね・・・。
エゾさんとA船長がたまにギスカジカ

掛けるぐらいでございます(^_^;)

私は餌にパワーイソメ使ってたのですが、
上げてみると、ハリスごと切られてたので

まだ、フグも居そうな感じでございました。

気になる鳥山も遠くから、
近くに寄って来たりと、

行こうか、どうしようか迷いましたが、
カレイも釣れないなら行きましょう!

という事で、竿を上げると、
なんと小鯖が針に掛かってるではないですか!

IMGP6101.jpg

よっし、動かなくてもサバ居るわ!

ラスト一時間ちょっと、一斉にジグを投入します。

するとすぐにヒットします!

しかもデカイです!

30センチ近そうなのが、私にもA船長にも
同時にヒットでございます。

IMGP6102.jpg

よっしゃ、ロッド振れ振れ!笑

潮に流して、時々しゃくると
すぐにヒットします。

サバって程ではないですが、
サバと小サバが半々に釣れてくる感じです。

IMGP6103.jpg

そこでサビキの針3本付いたジグサビキで狙うと
時々針数掛かっちゃいます(^_^;)

もう少し早く気がつけば良かった(^_^;)

残り一時間は夢中で釣りましたね。

IMGP6104.jpg

釣れすぎて数も数えませんでしたが、
一人20匹以上は釣れた感じです。

中サバは丁寧にサバ折りして
スカりに入れますが

手がヌルヌルになっちゃうので
小サバはそのままスカりに入れちゃいます。

やー楽しかったな~

2、3年前の鳥山サバ狙いの時よりも
型は小さめでしたが、

満足できました~。

IMGP6106.jpg

帰ってみると、他のボート組の
人たちは、ほぼ手ぶらだったそうです。

サバ釣れて良かったわ笑

黄金ボートで紹介されてます

サバだけに捌くのも大変でしたが笑
お向かいさんへ4匹ほど差し上げて

ようやく下ごしらえ完了です。
小さいのは素揚げ用(息子が一番喜んで食べます)

IMGP6108.jpg

大きのは味噌煮、中型を3枚に下ろして
塩焼き用でございます。

脂乗って旨かったですよ~

DSC_2732.jpg

DSC_2731.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: サバ  室蘭  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ