需要

今週はサクラマス&カレイ狙い!

IMGP5361.jpg

釣りイベントも真っ盛りの
シーズンですが、

お魚も狙える魚種もてんこ盛りですね。
カレイにサクラマス、

ホッケも釣れるでしょうし、
イカもそろそろ来るでしょう!

ソイもそろそろのっ込み時期です!

テンション上がりますね~~笑

そんな中、
今年はカレイがなんか凄いです。

特に東積丹側がかなりよさげです。

昔、小樽の沖防波堤や余市漁港
あたりで釣れるカレイって

小さいのが多かったのですが、
今年は型も凄いことになってます。

さて、週末はどこへ行こうかな??

いつものように天気予報とにらめっこ
しますが、波も高いし、

風も強そうな週末でございます。

それでも積丹の東側ならなんとかなりそう・・・。

ん??積丹の東側???

カレイいいんじゃない~~~笑

ただ、週末はどこも釣り人でいっぱい
な気もしますね・・・。

そこでカレイの狙えるポイントを
考えつつ、まずは日曜の朝まず目めがけて

車走らせます。

まずは、夜明け前の一瞬は
サクラマスを狙うことにします。

IMGP5358.jpg

東積丹側は風裏で波も穏やかです。

ポイントに着くとだあ~~れもいません(^_^;)
まだ、釣れないのかな・・・。

少し明るくなるのを待ってると
釣り人と思われる車も一台到着です。

夜明けの一瞬、釣れなかったら
たぶん釣れないだろうと思ってたので、

気持ちはカレイに向かってたので、
まあ、釣れなくても、いいかなぐらいの

気持ちで赤金のジグミノー振り始めます。
川の向こう側にアングラーさん一人見えます。

IMGP5360.jpg

後から来た釣り人も、
ロッド振り始めてますね。

海岸がかなり変わっており、
砂浜がかなり前にせり出し、広くなってますね。

キャスト繰り返しますが、
反応ございません(^_^;)

想定の範囲内でございますが・・・。

30分も振ってたでしょうか、
後から来たアングラーさん見切りつけて
帰って行きます。

今日は気持ちはカレイだったので、
1時間も振らずにこちらも見切りつけて
やめることにします。

はやっ!笑

問題のカレイ釣りポイントですが、
最初の漁港でまずは様子みることに。

車を止めて外に出ると、
ものすごい風です。

ただ、風もやや後ろからなので、
釣りには支障なさそうな感じです。

色々とポイント考えましたが、
先行者も少なそうなので、

しばらく狙ってなかったところでもあるし、
ここで竿出すことにします。

先端を目指して足場のいい
ところを探して準備開始です。

IMGP5363.jpg

ただ、やっぱり風は強いですね・・・。

自作の胴付仕掛けに、
塩イソメを付けてまずは一本キャストします。

もう一本を準備して、
投げ終わり、先に投げた竿先見ると

グングン引いてるのが分かります。

竿持って確かめると
間違いなく魚は付いてますね。

煽って巻き始めるも、
これが結構な重さなんですね!

ポンピングしながら巻いてきますが
ようやく魚が見えます。

かなり大きそうです。

抜き上げて確認しますが、

デカイ!厚い!

IMGP5362.jpg

後で測りましたが36センチの良型。
もしや今日はこんなサイズのオンパレード??

スカリにカレイを入れて、
餌も付け直して期待に胸をふくらませて

すぐさま投げ入れます。

サビいてると再び明快なあたりです。

巻き取ると軽くなったり
重くなったりと、カレイ独特の感じです。

しかし、こいつはちいせぇなってのが分かります。
案の定、小さなマガレイ(^_^;)

IMGP5366.jpg

ガックシです。

でも、小さいのは唐揚げにするので、
大きいのは刺身、小さいのは唐揚げですね。

風も後ろからではありますが、
やや右後方なので、

PEラインだとかなり風にあおられて
糸ふけがかなり出ちゃいますね。

IMGP5364.jpg

風も時々強くなり、
リュックや竿ケースが飛ばされそうな感じです。

しかしながら、
あたりが来ると明快に竿先が揺れるので

確実にカレイのあたりは分かりますね。

入れ食いとはいきませんが、
投げて着底し、あたりが無ければさびいて

探ってると、あの明快なマガレイのあたりがあります。

IMGP5365.jpg

3匹目もリリースしようか迷うぐらいの
大きさでしたが、空揚げ用にキープでございます。

最初の一匹だけ極端に大きかったわ(^_^;)

それでも25センチほどの
肉厚なマガレイも釣れてきましたね。

IMGP5372.jpg

帰って捌いて分かりましたが、
大型のマガレイは全て抱卵ものでございましたね。

なので刺身止めて抱卵ものは全て煮漬けにになりました。

そんな釣れ方が1、2時間ほど続くと、
ぴたっとあたりが遠のきますね・・・。

IMGP5368.jpg

IMGP5371.jpg

お隣にいた釣り師さんも、
朝方。パタパタ釣れてたのですが、

やっぱり同じように釣れなくなってましたね。

IMGP5373.jpg


もしや遠くに移動してるのかなと考え、
風がやや弱く後ろからに変わったタイミングで

遠投掛けましたがやっぱりあたりはございません。

他の釣り師さんも先端に移動してみたりと
やっぱり同じような感じでございましたね。

結局、忘れたころに、あたりが一回あって
スナガレイを一匹追加して終漁でございます。

IMGP5367.jpg

IMGP5375.jpg
▲最後にギスカジカのおまけ(^_^;)

IMGP5377.jpg


ちょっと思ったのですが、
ホッケが薄いような気もしますので

想像ですがこの時期同じく岸よりする
ホッケと餌の取り合いがなくなって、

巨大化してベイトのある岸に大挙押し寄せてるとか・・・
想像ですけどね。

結局、捌いてみると36センチのマガレイ
抱卵してたので煮付けで、

小さいのは唐揚げで頂きました~~

IMGP5379.jpg

IMGP5382.jpg
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: マガレイ  釣り  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ