需要

シルバーウィーク後半戦の釣行記

IMGP5013.jpg

シルバーウィークの後半戦は休み取って、
遠征でも行こうかなと考えていましたが、

結局、休みが取れず暦通りとなっちゃいました。

天気予報を見ると、
休みはまずまずの条件でございます。

そして秋分の日。

石狩でハゼ狙いでございます。
ちょっとハゼにはまっちゃってます(^_^;)

近いって言うのもありますが、
食べて美味しく、また、来年のハゼ釣り大会も

あったのでポイントと釣り方を
練習しておければなって感じですね。

午後からいつもの東港の岸壁に向かいます。
驚いたことに今回は4組ほど釣り人いますね。

風向きは追い風です。
追い風のせいで波もほぼありませんね。

前回の5gのブラーでも重いかなって
いうのがあったので、

今回は3gのブラーを中心にキャストします。
追い風でかなり飛びますね~。

IMGP5015.jpg

IMGP5017.jpg

あたりも最初に来た時よりは
ちょっと遠い感じですね・・・。

中々、あたりがありません。

何度かキャスト繰り返すとほぼ足元で
微かなあたりがあります。

クイッと合わせを入れると乗った感じでございますね。

か、軽いです(^_^;)

上がってきたのはかなり小ぶりなハゼ

IMGP5011_2016092606380864f.jpg

10センチもない感じでございますね(^_^;)

海面見ると前回同様ベイトの小魚がたくさん泳いでいます。
お隣の釣り師はサビキでその小魚狙いな感じです。

IMGP5014.jpg

あたりが遠いので今回も釣れないのかな~
なんて思いましたが、

反対のお隣の釣り師が、
投げ釣りでポツポツハゼを釣ってたので

焦らずじっくり探り続けます。

IMGP5016.jpg

するとレギュラーサイズの15センチオーバー
クラスがやっと掛かり始めます。

よかった・・・、レギュラーサイズいましたね(^_^;)

もしかして重いほうが良いのかなと
思って途中5gにしてみますが、やっぱり同じですね。

ハゼって意外に俊敏に泳ぐし、
泳いでる小魚も追うみたいだし、

バケツに入れて人が近づくと逃げ回ったりするので、
警戒心も強い魚なのかなって感じしますね。

あたりも結構ありながら
合わせきれなかったのも多かったので、

もしかしたらハリスを長めに取ったほうが
良いのかなって思いましたね。

ブラーの重さ的には中間の4gがあれば、
私のタックル的には重すぎず、

軽すぎずいい感じなような気がしてます。

ペース的には合わせきれないのも
数多くありながらも2時間近くでなんとか

6匹キープで初日は終漁でございます。

DSC_1858.jpg

そして後半はも同じく行こうと思ってましたので、
あれこれ場所の思案しながらも

昨年も行った気仙川河口に向かうことにします。
土曜日なので人も少ないかなと

思ってましたが、釣りだけは別格ですね。
高速乗って3時過ぎには現地に着きましたが

駐車スペースはほぼ満車に近い状態です(^_^;)

海岸に出てさらにびっくりで、
右岸側に入ろうかと思ってたのですが、

ぎょぎょライトびっしり見えます。
入るスペースなさそうなので、

左岸側に向かい、
一人は入れるスペースあったところで

すっと入り込み、後ろに竿立て立てて
場所を確保します。

まだ、真っ暗なので、取り敢えず場所確保で
その場所で明るくなり始めるの

待ちますが、気の早い釣り師は真っ暗の中
次から次へとキャストしてます。

ぎょぎょライトの明かりがある意味
物凄く綺麗なんですよね。

風もなく波もないので、
黙って立っていても気持ちいい朝でしたね。

待ってると、案の定、次から次へと
釣り師さんが海岸に入ってきますね。

明るくなってから分かりましたが、
海岸に100人以上は居たんじゃないでしょうか(^_^;)

早く釣りたい気持ちも山々なのですが、
まずはキャストして

どのぐらい飛ぶのか確認してみます。

いつも思ってて、物凄く飛ばせる釣り師さん
いるんですよね・・・。

IMGP5019.jpg

やっぱり、私のタックルや技術以上に飛ばせる人が
いるんですが、違いはなんなのか考えるわけです。

ロッドは昨年、ヤフオクで落札した
ソルイティストアキアジの12フィートです。

だいたい見てると、
皆さん私のロッドよりは短い感じです。

ならばルアーかなと思いながら、
50g以上を試してみますが、

するとフロートも重くしなければ
ならないので、今度は風の抵抗も大きくなって

飛ばない感じなんですね。

今のところダイワのフロートLに45gで
ルアーの形状が風の抵抗が少ないものにしてますが、

それでもそこそこ飛んでますので
今度はフロート形状で試すことにして見ます。

まあ、釣れれば飛距離は次かもしれませんが、
明るくなると明らかに沖目でヒット多い感じなので

そのへんは次回の課題でございますね。

IMGP5020.jpg

さて、さながら祭りの海岸でございますが、
薄明るくなり始めのあたりから、

ヒットが始まります。

見える範囲で右隣側で一匹ヒットします。
さらに左隣側でヒットが確認できます。

キャストする手に力が入りますね。

浮きも見逃さないように、
ゆっくり、慎重にリーリングします。

すると左隣の釣り師さんにヒットです。
かなり走り回りますね。

左側に大きく走られて、
取り込みに苦戦してますね。

よーし、次はオレ、次はオレ、次はオレ、
と呪文のように唱えてると・・・・

かなり手前までルアーを巻いてきたところで、
ググッと穂先が刺さり込みます。

お、来たぞ!

ここで合わせては行けません。

リールをゆっくり巻きますが、
さらにググッと刺さり込んだところで

合わせを入れます!乗りましたぁ!

アキアジ専用ロッドなので、
食い込みも刺さり込みもいい感じでしたね。

一年ぶりのの感触を楽しみながら、
巻きながら引き寄せます。

が最後の抵抗見せながら、
暴れるのが海面で見え始めましたが、

どうも鼻曲がりの雄っぽいのが見えますね(^_^;)

後づさりしながら海岸に引き上げて
無事ゲットでございます。

IMGP5021.jpg

周りでもポツポツ上がり始めています。

ただ、人数の割にはやっぱり少ない感じですね。

右岸側の様子は見えませんでしたが、
見える範囲で10匹ほどは上がってたでしょうか。

一番確保出来てた人で3匹でしたから、
一匹でも確保できたのなら良い方だったかもしれません。

IMGP5024.jpg

もちろん一匹で満足してませんでしたので、
引き続きキャスト繰り返しますが、

明るくなり始めると共にヒットも少なくなりますね。
7時前ではございますが、

帰る釣り師さんも出始めます。

完全に日も登った頃にはほぼヒットも見えなく
なったので私も終漁といたします。

まあ、鮭は一匹あれば十分に食えますから、
取り敢えず良しとしましょう。

IMGP5025.jpg

そして帰ってからは、
白子と初日に釣ったハゼを天ぷらにします。

DSC_1862.jpg

これが美味いです(笑)

気温も高い日が続いてますが、
今週末からは10月突入します。

鮭も雌を確保するまではやめられませ~ん(笑)
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ハゼ    釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ