需要

噴火湾でソイ狙い!いや、噴火湾のソイ喰いたい(笑)

IMGP4908.jpg

今年は考えるとまともなソイを釣ってない・・・。

ソイを喰いたいなーといつも考えてました(笑)

先日ご一緒したIさんが「虻田漁港シマゾイ
30センチクラスが釣れますよー」って聞いてたので

噴火湾のソイなら美味しいだろうなって思いつつ、
行く機会を見計らっておりました。

そう考えながらも、釣り人みなさんの
カラフトマスの釣果を指をくわえながら見ていて、

ソイに行こうか、カラフトマスもう一回行こうか、
鮭も釣れ始めてるし、どうしようかなって

あれこれ、あれこれ考えておりました。

その前に冒頭の写真ですが、
ようやくウェーディングシューズ買いました。

代々使ってたウェーディング用ではない
スパイクシューズが限界に来てたんですよね。

最初に使ったのがプロノで買ったスパイクシューズ。

IMGP4906.jpg

IMGP4903.jpg

こちらは7、8回ほどの釣行は持ちましたが、
ピンが抜けちゃうのと、

靴の中がボロボロになっちゃいました。

次に使ったのが、阪神素地のスパイクシューズ。
つり具センターで購入したのですが、

IMGP4904.jpg

こちらは3、4回でダメになっちゃいました。
共に安くて良かったのですが、

そもそもウェーディング用ではないので、
もっともな話ですが、あまりにも持ちませんね。

またまた、安物買いの銭失いやった感じですが(^_^;)

磯歩きが多いのでピン付きじゃないと
不安だったので、

ラバーソールにピン付きないか探してたのですが、
フェルトピンのウェーディング

シューズはあるのですが、
ラバーソールのピン付きって殆どないんですね。

探して探して、結局、リトルプレゼンツの
ピンなしのラバーソール購入したのですが、

こちらもネットであれこれ調べてると、
私と同じようにラバーソールにピンを打ってる人もいます。

なんか新しいシューズに穴あけるのもな~
なんて考えてたのですが、

IMGP4909.jpg

IMGP4913.jpg

まずは実釣して試してみてからかな~
とフェイスブックに投稿してみると

ホームセンターに売ってるフランジタッピングの
ネジをソフトボンドで打ち込むと2年履いてるけど

取れないと知り合いからアドバイス頂いたので
結局打ち込んでみました!

IMGP4917.jpg

さて、これでどれだけ持つかな~。
話は戻るのですが、
先週はソイも狙いつつ、鮭も狙って帰ってくる計画を
立てることにします。

そして再びIさんをお誘いしてみると
快く乗っていただけたので、

まずは虻田漁港シマゾイ狙いでございます。

ところがIさんが言ってた虻田漁港
私が考えてた虻田漁港が違ったんですね。

Iさんが言ってた虻田漁港は新しくできた港の方で
確かに名前も虻田漁港となってます。

IMGP4927.jpg

調べると「虻田(大磯)漁港」と言うみたいですね。

虻田漁港が2000年有珠山噴火で機能停止、
使用不可の状態を経験したため、

防災・避難機能を備えた近代漁港
として建設されたようです。

水深は8メートルあるようですね。

しかも、出来たばかりですから、新しいテトラって
魚が付きやすいって言うから、いい感じですよね~。

Iさんから話聞くと、結構アングラーさんも
入ってるようです。

まず、着いてみると数人の釣り人が
何やら魚を狙ってますね。

車を止めて見るとどうも鮭っぽい。

話を聞くと上流に発電所があり、
放水がされると鮭が寄って溜まりやすいんだとか。

見ると確かに数匹の鮭が溜まってるのが見えますね。

すこし様子見ますが中々ヒットしないんですね。

IMGP4918.jpg

みなさん、ジグで狙ってたので、
もしかしたら、しっかり浮きルアーに餌をつけたら

ヒットするかもしれないと思い
ロッド出してみることにします。

IMGP4919.jpg

少し粘りましたが結局誰にもヒットしないまま、
日暮れに突入でございます。

鮭は再び翌朝狙うとして、ソイ狙いに移動します。

外海側を狙うのですが、
ちょっと新しいテトラなので怖いですね~。

Iさんなんて、スイスイ渡ってましたね。

私は最近はちょっとテトラファイトは怖いというか、
慎重になっちゃいますね。歳かな~(笑)

それでも降りやすいところを見つけて開始です。

まずはテキサスリグにシンカー3号、2/0のフック、
赤パルスで狙います。

カウント数えてボトムを意識して
ゆっくりスイミングで狙うと、

一投、一投あたりが出ます。

しかし、小さいんですね・・・。
乗せきれません(^_^;)

ガヤも多いと聞いてたので、犯人はガヤでしょうけどね。

すると何投目かにしっかり食ってきたのが、
小ぶりのシマゾイでございます。

IMGP4920.jpg

ん~ん、小さい(^_^;)

リリースでございますね。

それから、シンカーも号数落としたり、
フックサイズも落としたり、

ジグヘッドにしてみたりしますが、たまにガヤが掛かるのみで
狙いのシマゾイは最初に一匹釣れたのみでございます。

IMGP4922.jpg

Iさんは翌日キャンプ仲間にガヤを
届けるとのことで、ガヤを順調にキープしています。

ならば私もそのお手伝いをしようと言うことで、
ジグヘッドにカツオを付けて狙うことにします!(笑)

IMGP4924.jpg

もう、するとね、入れ喰いですわ(^_^;)

生餌の威力ってハンパないわね~。

翌日、息子の誕生会があったので、
なんとかシマゾイキープしたくて粘りましたが、

ようやく25センチほどのシマゾイ釣れて、
キープするか迷ったのですが、

あまり釣れなそうな感じだったので、
アクアパッツァ用にキープします。

最初に釣れたのキープしておけばよかった・・・。

刺身用に一匹、アクアパッツァ用に一匹の予定でしたが、
大きめのガヤとシマゾイ

息子の誕生日用にはアクアパッツァにします(^_^;)

結局、夜の部はガヤ祭りで
二人で15匹ほどキープして終漁でございますね。

IMGP4925.jpg

そして、翌朝の鮭釣りも、
ここの放水路でやりましょうと言うことで、

車でビール飲んで、弁当食べて仮眠でございます。
9月も3日だというのに

夜もまだまだ暑いです。

ジャンバーなしで釣りもできたぐらいです。

さて、期待の鮭ですが、
昨日の地元アングラーさんも早々に開始してます。

昨年、ヤフオクで購入したアキアジロッドで、
薄暗い時間帯から開始します。

IMGP4929.jpg

IMGP4930.jpg

まだ、このロッドで鮭釣ってないのですが・・・(^_^;)

何やらカモメが騒がしく、
ベイトが寄ってるんでしょうね。

流れがかなりキツく
50グラムのブラーでウキルアー流しますが、
かなり流されてしまいますね。

キャスト繰り返しますが鮭が見えませんね・・・。

後から砂浜でも鮭を狙うアングラーさんも
見え始めます。

IMGP4931.jpg

IMGP4932.jpg

しかし、誰にもヒットしないまま時間が過ぎ・・・。

IMGP4933.jpg

IMGP4934.jpg

6時過ぎには終漁といたしました・・・。



お疲れ様でした(^_^;)




ただ、新虻田漁港は春先は30センチクラスの
シマゾイ出たそうなので、

秋ももう少し気温下がれば期待できそうですね。
そして流れ込みも気になります。

あと、1、2週間経てばだいぶ違うんでしょうけどね。

さぁーてと、秋シーズンは頑張りますよーーーー。

スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  虻田漁港  シマゾイ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ