需要

今週も、もちろんブリ&ヒラメ狙い!

IMGP4633.jpg

6月に突入しましたね。
船でもブリはかなりの釣果聞かれてます。

それに比例するように、
ショアからの釣果もちらほら出ています。

今週こそブリ&ヒラメ釣りたいです(笑)

で、天候見ると
北風で波も少しありますね・・・。

場所を選べば何とか釣りになりそうな
ところはありそうです。

いっちょ気合入れてオールナイトで
望みたいところでしたが、

一人の夜磯はちょっと怖いです(^_^;)

土曜によるにプチ釣り人飲み会が
あったんですが、

へたのヨコ釣り北海道日誌のhojoさんが
たまたま日曜日お休みで釣り場をどうしようか
迷ってるとのことでございました。

土曜日は仕事のhojoさん、
私は土日休みでございましたが、

先に磯場に入ってるので
後から来ていただけませんか?

と、打診したところ、
快くOKしていただけたので、

夕マズメから磯場に入ることにします。

IMGP4635.jpg

怖いのが熊でございますね。
先週も熊出没騒ぎがありましたから、

実績のあるポイントだけに
一人での入磯はちと怖いですね・・・。

そこで爆竹を鳴らしつつポイントに
向かいます。

IMGP4636.jpg

d0088184_13451146.jpg

そして次に怖いのが「ドクガ」の幼虫。
実は手にこんな赤い斑点が出てたので

DSC_1623.jpg

もしやドクガにやられたのでは
ないかと思ってたので、

こちらもちと心配ではあります。
写真撮り忘れたのですが、

磯の足元にかなりの数が見えるんです。
ネットから拝借しましたが

まさにこのこいつですね。おーこわ(^_^;)

肌をなるべく露出せずに、
触らないように注意しながら進みます。

おかげで汗だくですが(^_^;)

そしてだーれもいない磯で実釣開始です。

波こそあるものの北風交わせて
いい感じでございますね。

まずはジグでソイ、ヒラメいないか
方々探ります。

例年だとデカマゾイが出るのですが、
まったく反応ございません。

ホッケもシーズンは終わりのようですね。

そしてすぐに反応あるのですが、
なんかメッチャ軽いんですね。

IMGP4638.jpg

かなりの確率でジグと同じサイズの
ガヤが掛かってきます。

夕方の5時ころにはポイント着きましたが、
夕マズメ魚の反応はイマイチでございますね。

IMGP4639.jpg

薄暗くなったところで
ワームにチェンジします。

これもまた反応がイマイチでございます。
そして数投目、ボトム意識しながら

探ってると、こつっとあたりでございます。
多少重み感じますね。

ソイかかってないべか・・・。

海面に魚見えますが
想定外のカジカでございます。

しかも中途半端に小さい(^_^;)

IMGP4640.jpg

リリースして本格的な夜釣りに突入です。

しかし反応が薄い・・・。

そして怖い(^_^;)

波の音に合間にどこからか
ロッドの風きり音が聞こえそうです・・・。

そうこうしてる間にhojoさんが到着です。

これで大分心強いです(笑)

ハチガラ狙いのhojoさんは、
動き回ってあちこち探り歩きます。

私はソイも釣りたかったので、
ほぼ一箇所で粘りますが、

ソイはさっぱりなんですよね・・・。

6月とはいえ、夜は8度ほどまで
下がる予報だったので、

寒さは想定した格好してましたが
じっとしてると寒いです。

時々ヒンズースクワットしてカラダ
温めますが身にしみますね。

さらに深夜になると
まったくあたりもないので

少し寝ようとしますが、
かなり体感温度はひくーございます。

寒い・・・。

IMGP4642.jpg

弱い風でしたが、
岩のくぼみで風を避けながら

寝ようと試みますが、
やっぱりしんどいですね。

オールナイトの場合はカイロを持って
今度から挑むようにします。

そのうち釣りを諦めたhojoさんも
戻ってきて二人で朝を待つことにします。

明ける前から釣り人もちらほら
現れますね。

IMGP4643.jpg

そして薄暗い状態から再開しますが、
ジグを振ってると、

すぐにヒットでございます。

これがかなりの重量感です。

ジギング専用タックルではないので、
やり取り慎重にします。

ドラグも緩めながらやり取りしてると
ぷっつーんと痛恨のライン切れでございます。

メーンラインとリーダーのところで
切れておりました。

メーンラインPE1.5号、ショックリーダー
25ポンド、ドラグ緩めにしておかないと

大きめのブリならきついですね。

周りも明るくなりだしたところで
ロッド降ってると

小ぶりのマゾイがヒットですね(^_^;)

IMGP4645.jpg

すると先端に入った釣り人に
ブリがヒットしてるの見えます。

そして、hojoさんもブリ狙いの
タックルにチェンジし、

傍で振り始めると、
まもなくヒットです!!!

明らかにブリの感じの引きですね。
タモを持ちながら構えると、

魚が見え始めます。

ブリが掛かってますね。

磯場の波に揉まれてタモ入れが
困難極めそうだったのですが、

タモ入れで戸惑ってると
ばらすのも嫌だったので、

抜きあげてもらうとそのまま
何とか確保できて一安心です。

ルアーも様々なルアーで探りますが、
先端の釣り人見てると

かなりのヘビータックルで
そのまま抜きあげるんですね。

強引に引き寄せてまさにごぼう抜き
って感じでございます。

続いて、私にもすぐにヒットです!!!

早朝のバラシがあったので、
ドラグも緩めにしてあったので

やりとりはかなりスリリングでございます。
巻いてはジーとドラグ出されます。

切れると心配なので
hojoさんにタモ入れ頼みますが

波間に打ち付けるうねりで
入らないこと、入らないこと(^_^;)

結局、中々入らないので
網に絡まった感じで持ち上げてもらいましたが

何とか確保できました。

すると今度はすぐに
またまたhojoさんにまたまたヒットでございます。

聞くとかなりライトなジグで
手前でヒットしたらしいです。

無事、ランディング出来ましたが、
日曜日も山に出かけなければ

ならないとのことで、
6時半には止めましょうかとの事です。

オールナイトの疲れもあったし、
ラスト一時間ほどなら大体いい感じでしょう。

そこで、先端の釣り人観察しながら
見よう見まねで、探ります。

ルアーは激闘ジグ60gで、
ロッドキャパいっぱいの重さです。

一匹目もこのルアーでヒットしてます。

先端にダブルのフック付けて、
ロッドのしなり利用して

距離が出るようにルアーをまっすぐ
飛ばすよう心がけながら飛ばします!

そして、なるべく潮に流して
ボトムに落とします。

ボトム取れたあたりから
ロッド操作で誘いを入れ始めると

すぐにヒットでございます。

くーなまら重いです・・・。

寄せては出ていき、寄せては離れて、
中々寄ってきません。

体力的な限界もあったのと、
やはりライト仕様なので

限界のタックルセットなのかもしれませんね。
また、hojoさんにタモ入れお願いして

今回は無事ランディングに成功です。

IMGP4646.jpg

初めのブリより引きの感じが
弱かったので小さいかと思ったのですが、

図ると70センチジャスト!
重さこそ測れませんでしたが、

おそらく3キロ超えてたでしょうね。

それよりも、体力が限界だったのと、
帰りのこと考えたら、

もうやり取りでヘトヘト、
オールナイトヘトヘトでございます。

やめましょう!

IMGP4647.jpg
▲hojoさんは夜中に40超えのマゾイもゲットです。

ちょうど仲良く二匹づつで終漁でございます。

IMGP4649.jpg

IMGP4652.jpg
▲二枚続けて・・・(笑)

実はダイワのジグキャスターMX注文してあったので
やっぱこの大きさだと、

ジギングロッドじゃないときついかもです。

残ながらソイとヒラメはダメでしたが、
次は何とか確保したいですね。

IMGP4654.jpg

IMGP4655.jpg

調理は刺身とアラ煮。
このクラス二匹でも家族で食べるには

かなりの量です。
今晩はしゃぶしゃぶ、タタキ、カマ焼きと

今週はブリ週間になりそうですね。(^_^;)

おまけに土曜日からはしゃぎすぎたのと
釣りで月曜日は体が痛いです・・・(笑)
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  ブリ  北海道 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ