需要

超、超、よくたかりフィッシング!

IMGP4568.jpg

春のハイシーズンですね~。
のっこみのソイ、サクラマス、ホッケにカレイ!

全部釣りたいわ~(笑)

週末に良い気象条件が重なることを祈りたいです。

という訳で、先週末ですが、
土曜日がいい条件に恵まれました。

久々に釣友S氏とオールナイトで、
ソイ、ハチガラ、明けてからカレイ狙いで

行きましょうと計画を立てます。

あ、サクラマスも行きたいしな・・・。

そこで、土曜の早朝に近場の朝里川河口へ
単独で狙いに行きます。

夜明けすぎに着きましたが、
既に7、8名のアングラーさんが海岸に
立ってるのが見えますね。

少し出遅れた感じでしたが、
思ったほど多くなくてスペースはありそうです。

IMGP4570.jpg

波もなく、風も気になりませんね。
さ、さ、今日は釣ったるど!

と、気合を入れて海岸に向かいます。

少し邪魔にならない間に
入らせていただきジグミノー振ります。

寒くもなく、とっても気持ちい朝ですね。

周りで釣れてないか気にしながら、
キャスト繰り返します。

ルアーもジグミノー中心にローテーション
しますが反応ございませんね・・・。

DSC_1580.jpg

周りでも上がった様子見かけません。

やっぱり、飽きてきますね(笑)

周りで上がってるとモチベーションも
保てますが、だ~れも釣れてないと気持ちも
続かないですね・・・。

一時間もすると帰り出すアングラーさんも
出始めます。

サクラマス狙いのアングラーさん、
割り切るのとっても早いですね。

そう言う私もぼちぼち帰ろうかと・・・(笑)
まあ、夜が本番だったので

帰って準備します。
夕まずめに入って、投げ釣り、ワームでソイ&ハチガラ。
明けてから、もしかしたらサクラマス、
カレイもまだ釣りたいしな。

イカゴロも持って寄せて狙おうかな。
カジカ仕掛けも必要だな。

ワームも全部道具持たなくても、
どうせ釣れるワームは数種類だから

テキサスリグにして、ロッドもリールも
ワーム用に必要だな。

カレイ狙いにエサは塩イソメに、マルキューの
パワーイソメ極太も試してみたいしな。

サクラマス用にジグも数種類用意すっぺかな。
もしかしたら、ホッケもジグで

来るかもしれないから、
ホッケ用のフォールタイプのジグも持ってこ。

夜中、寒いと嫌なのでお湯も沸かせる
道具も持ってかなきゃ。

と、準備してると、満載でございます(^_^;)

多分、気象条件かなりいいので
どこもかしこも釣り人でいっぱいのはずです。

あそこならおそらく夕まずめから入れば
居ないんじゃないかな、などと話しながら

現地に着くと、予想に反して車が一台。
二人入ったらいっぱいなポイントなので

先に入られていたらできませんね。(^_^;)

車を見るとどうも一人で
来ているような感じだったので、

もし、先に入っていたら
入れてもらいましょうと言うことで向かうことにします。

ところが、向かい始めると
最初の岩場でルアー振ってるのが

見えたのでサクラマス狙いで
入ってたんでしょうね。

IMGP4575.jpg

これで先行者いないのが分かったので
安心して向かうことにします。

しかし・・・。

IMGP4576.jpg

途中で食料や水も買い足したので
荷物なまら重いです(^_^;)

防寒着も寒いんじゃないかと思い、
先に着込んだものですから、

汗もじわじわかいて来ます。あっつ!(笑)

途中、漁船が数隻見えましたが、
コウナゴ漁かなんかでしょうかね。

IMGP4573.jpg

IMGP4574.jpg

IMGP4578.jpg

20分ほど歩いてポイント着です。
やっぱり汗だくでございます。

時間も夕マズメの時間帯が少々過ぎたので
急いで投げ釣りとワームの準備して、

イカゴロにサンマの餌でまずは
チョイ投げで投げ込みます。

S氏も同様チョイ投げで開始です。

IMGP4584.jpg

すると二人共すぐにあたりが来ます!

おー魚の活性がかなり高いです!

ただし、上がってきたのは「ガヤ」でございます。(笑)
そこから、ガヤ、ガヤ、ガヤのオンパレード・・・。

IMGP4579.jpg

S氏には小型のアブラコもヒットしてます。

一本の竿に塩イソメ付けて
遠目に投げましたが、そちらは反応ないので

二本ともにイカゴロにサンマでチョイ投げに変更です。

すると一本の竿が激しく揺れます!
これはデカイ!!!

ロッド煽って巻き始めますが、
明らかにガヤとは違う感触です。

海面に魚が見え始めます。
バシャバシャと暴れれるのが、

キャップライトの明かりではっきり見えますね。

よーし、ホッケの大物かな??

あれ、何かシルバーに光ってる??
シーバス??まさかね??

抜きあげて、ゴロンと岩場に落ちた魚は・・・

なんとメッチャ太ったグイウーでございます(^_^;)
しかも46、7センチもあるし。

IMGP4580.jpg

まさかの暗くなってからでしたから、
なんの魚かと思いましたね。

その後は、小型のハチガラが掛かるも
期待の大型ソイは掛からず、

IMGP4582.jpg

ワームを投げてみてもやっぱり
ガヤばかりで、午後9時半を過ぎたあたりから

IMGP4588.jpg

パタッとあたりがなくなります。

風も波も無い好条件でしたが、
やっぱり動いてないとさむーございます。

時間つぶしに焚き火とカップ麺で暖を取ります。
終わってみると、

IMGP4591.jpg

IMGP4595.jpg

あたりがない時間帯は5、6時間に及びました。
オールナイトはきつーございますね。

次にあたりが出だしたのは、
3時半過ぎにカレイ仕掛けに変更し、

塩イソメとマルキューのパワーイソメ付けて
二本とも遠投かけたあたりからですね。

風も少々出てきましたが、
揺れる穂先を凝視してると、

明らかに風の揺れとは違うあたりです。

巻き始めると、かなり重いです。

海面に魚が見えますが、狙いのカレイが
見えてきます。

お、ダブルで付いてるは!
抜き上げると37センチほどと20センチ後半

くらいのマガレイでございます。

IMGP4598.jpg

おっしゃ、狙いのマガレイで、
しかもダブルですから幸先良いスタートですね。

IMGP4599.jpg

夜も開け始めると同時に風が強くなってきます。
沖を見るとかなり白波が見え始めます。

竿を投げ直しますが、
あたりも取りにくくなってきました。

IMGP4602.jpg

その中でも穂先見てると明らかに
違うあたりが見えます。

そんな感じで2時間ほどの間に
20センチ後半のマガレイ二匹、カワガレイ一匹

釣ったところで、
竿が飛ばされるぐらいの風が吹き始め、

撤収することにします。
荷物も下手すると飛ばされるぐらいです。

帰りの道のりは体が持っていかれるぐらいの
風も吹き始め、早め撤収で正解でございました。

IMGP4603.jpg

海岸沿いに車止めてましたが、
細かい波しぶきが掛かるぐらいの風です。

IMGP4601.jpg

IMGP4604.jpg

IMGP4605.jpg


釣り道具もかなり波もかぶったので
帰ってからの洗車や掃除が大変でございました。

やっぱオールナイトは体に応えますね(笑)


スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  マガレイ  投げ釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ