需要

泊村ポン茂岩、カレイが二人で46匹!!!

DSC_0627.jpg

「泊村ポン茂岩、カレイが二人で46匹!!!」

な、なんと先週発売の釣り新聞の記事でございます。

えーうちらが行った前日ですね。

こんなに釣れたってかい・・・。

翌日行った我々は二人で0匹ですからね・・・。
時間も遅く、短かったとしても

なんでなの???

記事を読むと我々との違いをみると。

・遠投で100~120m投げている。
・餌はエビ粉をまぶした塩イソメが有利。
・時々サビいて乗せている。
・長時間釣りしている。(6時半から16時まで)
・当たりが出だした時間は8時過ぎから。

ぐらいなんですね。

遠投が有利なのかもしれませんが、
間違いなくカレイは居ることには居ますね。

そこのピンポイントだけに溜まってたとは
考えにくいので(そうかもしれないが・・・)

真似してみるしかなさそうです。

そこで今週はソイを釣りたいと、
強く思っていましたが、

噴火湾にソイ釣りに行こうか・・・
(土曜の夜なら波がなかったので)

カレイリベンジにしようか、迷いに迷いましたが

あ、そうだ!!

同じ場所でソイもカレイも狙えばいいじゃん。

と言う訳で、ポン茂岩に暗いうちに入って、
暗いうちにソイを狙いつつ明けてからカレイを狙う!

そうです、このパターンがあったのだ!

そこで夜中に出発し、泊村目指すことにします。

現地到着は2時半すぎでございます。

既に車が3台止まってますね。

新聞に出た週末なので予想はしてましたが、
早い時間に釣り人結構入ってますね。

波は予想してた通り、多少うねりはありそうですが、
風がほぼ無かったのが想定外でしたね。

明けるのが6時ころなので少し早かったかな・・・。

釣り人は想定内でしたが、最奥まで行くつもりだったので
居ても場所は大丈夫だろうと踏んでいました。

一応、寒さ対策でネオプレーンのウェーダー履いて、
少し着込んで岩場を進んで行きます。

新聞に出てた最初の平盤はぎょぎょライトが見えます。
ちょうど磯に入る時に2台の車も入ってきたので、

タイミング的にはギリギリだったかもしれませんね。

先週も来ているので、キャップライトで進んでも
だいたい岩場の様子が分かっていたので、

割と早く奥まで付いちゃいましたね。
今回は前回よりもさらに奥のポイントに入ります。

と言うのも、以前に平盤の間の溝であまり大きくは
ないのですが、ソイで良い思いしたんですよね。

その溝で暗いうちにソイを釣って、
明けてから同じ場所でカレイが狙えるべなと。

IMGP3480.jpg

ところがです・・・。ソイが全く釣れませぬ(^_^;)

少しうねりもあるのですが、
そのせいなのか、まだ海水温度がソイの気温じゃないのか

粘っても、粘っても、釣れまへんね。

釣れまへんのさ。あれ(笑)

どこか関西弁に影響されている・・・。(笑)

夜明けにはまだ遠いしね・・・。

なんか、最近、夜中に一人で磯にいても
怖くないというか、場所によるんだと思います。

遠かったけど釣り人の気配が感じられらるのと、
山がまだ雪が残ってるので、

クマも来ないだろうなと言う、どこか安心感
なんでしょうね。

厚着のせいと、風が無いのが幸いして、
寒くはないので、スマホいじって時間潰します。

ほどなくして、空もうっすら開けてきます。
だいたい5時過ぎには山側の空が少し色が変わってきます。

IMGP3483.jpg

IMGP3485.jpg

5時半過ぎには大丈夫でしたね。

長く、暗い時間がやっとすぎて、さてと、
やっとカレイ釣りの時間です。

仕掛けは自作のシンプル一本針胴付仕掛けです。

IMGP3486.jpg


ここ数年は仕掛けはこればっかですね。

遠投が効くのと、なにせ作るのが簡単なところですね。

凝りだすと、仕掛けも際限ないですからね。
凝った方が釣れるん出ようけどね。

IMGP3487.jpg

餌はもちろんエビ粉をまぶした塩イソメです。
そして正面に遠投を意識して投げます。

少しうねりがあるせいか、穂先がふわふわ揺れるんですね。

あたりかな???

いや~違うだろうな。あたりだとはっきり揺れるからね。

それでも左の竿がなんか動きが違うんですよね。
竿を持って煽ってみると少し重い感じが・・・。

合わせを入れて巻くと、少し思い出す。

お!待望のカレイかな???

期待に胸をふくらませてリーリングします。

でも、軽いな・・・。海面に仕掛けが見え始めます。
あれ??魚が見える。

ぎすカジカだべさ(^_^;)

IMGP3482.jpg

気を取り直して、餌も取り替え投げ直します。

セオリー通り巻いて、誘いもかけますが、
反応ないですねぇ~。

う~ん、今日もダメだべが・・・。

そんな折、hojoさんからLINEが入りました。
同じく釣りをしてたようで、様子を聞いてきましたね。

ギスカジカしか釣れてませんと返信します。

と、やり取りしながら左の竿を煽ると何やら付いた感じです。

うぅっしゃー!と気合を入れて煽ると重い!!

ポンピングしないと寄せれない感じです。
これは間違いなく付いています。

途中の根に喰われないように早巻きします。
ひらべったのが海面に見え始めました。

おっしゃ!カレイだ!

抜き上げるとまずますのマガレイでございます。
居ましたねぇ~。

DSC_0635.jpg


IMGP3488.jpg

よっしゃ!二匹目だ!と思って遠投意識して投げ直します。

少し穂先凝視して集中します。

DSC_0639.jpg

時々、サビいたりもします。が、その後はあたりがない。
お昼まで帰らなければならない用事があったので、

時間的に不味くなってきます。

8時に喰いが立ってきたと書いてたので
8時半までは粘ります。

DSC_0640.jpg


でも、ダメでしたね~。結局一匹でございます。
リベンジできたんだか、リベンジできなかったんだかね。

やっぱり、不完全燃焼ですね~。

そうだ、帰りに随分と岩のり取りのご婦人居ましたね。
あんな奥まで取りに来るとはすごいです。

ソイもダメだったし、カレイも一枚。

やーソイ喰いたいわ~(笑)

IMGP3494.jpg
▲トドの群れが泳いでてびっくり(^_^;)

IMGP3503.jpg
▲帰りに余市の駅前に寄ってきました。


まぁ。シーズンはこれからなので気長に行きましょう!

で、調理は刺身ですね。

DSC_0650.jpg


スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: マガレイ  積丹  釣り 

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/1072-fb9c83f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ