需要

まさかまさかのトウベツカジカ釣り!

IMGP3221.jpg

大分、寒くなって来ましたね。
今週は平地でも雪の予報が出ましたよね。

さて、今週こそ雌鮭をゲットしようか・・・。
とも考えていましたが、

全体的な状況聞くと、良くなかったようですね。
加えて秋のシーズンのお魚も目白押しに

なってきますので、
今週は釣ってないブリを釣ろうかと。

そこでフレッシュマさんをお誘いして、
今週はショアブリ狙いです。

予報見ると、日曜朝まず目一発しかチャンス
なさそうだったので、

寿都方面まで脚を伸ばすか、積丹あたりで
狙うか、向かいながら決めることにします。

積丹方面は風が強そうなので、
寿都方面に気持ちは向いていましたが、

車で走ってると積丹方面、風がなさそうなので、
結局、沼前岬に入ることにします。

沼前岬は過去に釣った経験もあるし、
最近では積丹方面のショアブリのメッカです。

なので釣り人も多いのですが、
対岸のトイレスペースから明かりが見えなかったのと

駐車スペース着いたら車がなかったので、
迷わず入ることにします。
朝方まだ暗い中、寒かったとは言え、着込んで
歩き出すとかなり汗ばみます。

途中でジャンバーを脱いで向かいます。

先端に到着すると、流石に風は強いですね。
ただし追い風になるので、大丈夫そうです。

準備済ませて、明るくなるまで待機ですね。
一時間ほど待って、薄明るくなったところでスタートです。

ジグは30~40g程を準備です。
少し波は被りますが支障がない感じです。

薄暗くて飛んでいった先がまだ見せませんが
追い風でかなり飛んで行ったのが、

残りのラインで分かりますね。

ボトム取れたら、そこからリーリングしますが、
やはり30~40gだと楽ですね・・・。

船の170gとかハイピッチジャークしてると
めっちゃ疲れますからね。

1投目・・・。変化なし・・・。

あたりは中々ありませんね・・・。
ベイトも見えないし、鳥山も見えません。

フグも見えませんね・・・。

ルアーを変えたり、誘いを変えたりしますが、
やはり変かがないっすね・・・。

途中、朝飯タイムで休憩もはさみます。

IMGP3220.jpg

アングラーも他、6名ほどに増えていいます。

再開しますが、変化ありません。
フレッシュマさんを含めて、周りのアングラーさんも

釣れてる様子ありません。
日も登ってすっかり明るくなってます。

釣れない・・・。

この時間帯ダメだとダメでしょうね・・・。
場所移動も考えましたが、

沼前でダメなら他も無理でしょうね。

で、早々に切り上げて、保険で考えてた、
鯖釣りにでも移行しますかとお話して、

2時間程で早々に見切り付けて岩内へ
向かうことにします。

そこでちょうどヒラメ狙いから移動してきた
xingxing(シンシン)さん御夫妻と合流です。

しかし、釣れてる様子がないんですよね。
地合いが過ぎたのか、日が悪かったのか

東外防波堤まで歩いて見てみましたが、
さっぱり釣れてる様子ありません。

そこで、札幌戻りながら、釣れてるところ
探してみます。

まずは、余市港ですが、釣り人も少なく、
釣果もさっぱりです。

そして小樽の厩町岸壁に向かいますが、
こちらはファミリーやら若者やらで

IMGP3222.jpg

大賑わいですが、鯖は釣れてる感じがしません。
時間も11時を廻った感じです。

北浜岸壁、色内埠頭と見て回りますが、
天気も良かったせいかかなりの釣り人でごった返してます。

北浜岸壁で見てると、たまーに大きなチカが
掛かってるのが見えますね。

しかし、釣果はパッとしてませんね。
せいぜい、小さなチカかカタクチ程度といった感じ。

勝納埠頭も見ていきますが、釣果は同じような感じです。

そして、最後に南防波堤見ていきましょうという事に。

鯖はもちろんなんですが、もしかしたら
ブリ狙いのアングラーもいるかもしれません。

着いてみると、ルアーロッド持って帰ってくる
アングラーさん見えます。

もしや、ブリ狙いか???

防波堤歩き出すと、ほとんど内側に向けて投げています。
ハゼ狙いでしょうかね。

IMGP3225.jpg

中間、先端と見て回りますが、パッとした感じがしません。
えー今日は完全ぼーずか!

帰り際、フレッシュマさんが防波堤の
血の跡に気がつきます。

IMGP3224.jpg

鮭だろうか・・・。

見ると、中間付近で相当な血の跡です。
合わせて小さな魚卵が見えます。

イクラにしては小さいよな・・・。

そこで、そばで釣りしてる人に聞いてみると、
トウベツカジカらしいんですね。

朝方が結構上がってたらしいです。

えー小樽の南防波堤でトウベツカジカ???
産卵で岸寄りしてるらしいです。

そして車に戻るとフレッシュマさんが、
基部の若者グループが

トウベツカジカ上げたの目撃しました。
見に行くとまさしく小ぶりではありますがトウベツカジカ。

これは、この時期小樽で新しい釣り物に
なりそうな予感です・・・。

釣れるならやっていきましょうと、
ワームも持ってきたので、室蘭方式で始める事に。

根掛かりが激しいので、
2号のシンカー2連結でパルス系ワームをセットします。

IMGP3227.jpg

先ほど血の跡があったあたりで、
底に落とすと、すぐにあたりが有り、

小ぶりですが、まさしくトウベツカジカがヒットです。
お腹がパンパンでございますね。

IMGP3228.jpg

IMGP3229.jpg

天気もよく暑いぐらいの気候です。
それから丹念に探ってると2匹目ゲットです。

IMGP3231.jpg

釣り方はまさしく春のちょんちょんクロガシラと一緒。

『ちょんちょんカジカ釣り』とでも命名しましょうか(笑)

足元をちょんちょんするだけです。

地元のカジカ狙いの釣り人と話しましたが、
10日ほど前から寄りだしたとのこと。

産卵始まったら終了らしいとも教えて頂きました。

とすると、10月上旬から2週間ほどの釣り物って感じですね。

釣れるのはメスばっかりらしい。
やはり産卵のため防波堤の際まで寄るらしく、

釣れるのは海面から1m程とも行ってましたが、
その後、一匹追加しましたが、

IMGP3232.jpg

私の場合は際のボトムで釣れてます。
ワームもなんでもいい感じですね。

地元の釣り人の話だと産卵で口を使わないと
言ってましたが、ワームで釣れて驚いていました。

そろそろ、室蘭のトウベツカジカ気になってただけに、
多少小ぶりではあるものの、

抱卵トウベツカジカがこんな近くで釣れるなら、
来年から釣りのローテーションに入れたいですね。

カジカのこっこは醤油漬けでイクラのように
食べることができますからね。

これから、ホッケだソウハチだイカだって秋の釣り
始まりますので、天候とのにらめっこの

週末が始まりますね。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: トウベツカジカ  小樽  南防波堤 

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/1055-2bf680b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ