需要

噴火湾で鮭狙い&鯖狙いの二刀流!

IMGP3082.jpg

さて、今週末は何釣りにしようか・・・。

先週の悪夢のような船酔いブリジギングもあり、
よーし、この際、再びブリジギング行って

船酔いを克服してやろうか!

とも、考えましたが、給料日前で
財布の中身が心もとないし・・・。

枝幸の鮭を誰か誘って行こうかなぁ・・・。

鮭はもう少し後でもいいしなぁ・・・。

などと考えているとTwitterのDMで先週の枝幸の
鮭釣りの様子など教えて頂いてた

フレッシュマさんから再びDMがあって、
「週末、白老、登別方面釣り行かれる予定ありますか?」

「行くならごお会いしたいですね」とお誘い頂きました。
まぁ何かの縁でしょうし、もちろんお会いしたこと

ない方ですが、同じ釣り人ですから、

「では、登別からの苫小牧プランで、
鮭からのサバ狙いの二刀流で行きませんか?」

とすぐに返事をして、天気予報を見直すと
噴火湾なら土曜でも波風なさそうな感じです。

確認すると土日が基本休みの私と同じパターン
の方だったので、土曜日にしましょう!

と、とんとん話を進めてご一緒することにしました。

まさに、Twitterって釣り人出会い系サイトですね(笑)

もちろん、朝まず目狙いなので、金曜日の仕事
終わってからのもろもろの準備です。

夜中の1時半過ぎに合流です。
全然準備出来てない・・・。

釣るイメージもなんかできてない・・・。
幸い職場が割とアメ漁の近くなので、

仕事帰りに餌やコマセやオキアミブロックは、
買ったのですが、

仕掛けやらルアーやらが去年のまんまです。

まぁ行けばなんとかなるべさ!
ところが、やはり、行けば行くほど、やればやるほど

課題は見つかっちゃうんですね・・・。

そして、フレッシュマさんと待ち合わせして、
登別へ向かいます。
IMGP3073.jpg

高速で向かいましたが、やっぱり夜中は早いです。
夜明けからが勝負ですが、

薄暗いうちから現場入って、まずは場所確保です。

ゆっくり準備開始します。

餌は市販のエビ粉をまぶした塩カツオです。
ルアーは昨年のままでしたが、ぐるぐるサーモン

から、スプーンタイプから、ブラーから、
色、形、種類を最低限バリエーションを揃えて用意です。

少しずつ、思い出しましたが、タコベイトも小さいの、
針も小さめで、距離を出すような仕様を意識してます。

浮きもダイワのアキアジクルセイダーフロートMです。
これは、一昨年だったか、枝幸の北見幌別川に

行った時に、みなさんの仕掛けがやたらと小さいんです。
それが、河口だと、遠くに飛ばせたほうが

圧倒的に有利でした。

そのへんがあったので昨年のルアーも確か、
小さくシンプルなタコベイト、針も小さめ、フロートも

Mにしたのを思い出しました。

そうこうしてると夜もうっすらと開け始めます。

先発組もすでに発光体を浮きに付けて投げ始めています。

我々も明けると同時にスタートフィッシングです。

ハネが全然見えませんね・・・。

ここはハネがなくても、釣れていたので、心配はしてません。
昨年は10月に入ってからでしたから

少し早いかもしれませんが、今年は苫小牧方面が好調
なので、釣れるには釣れるでしょう。

最初に釣れたのは隣のグループです。
しかし、昨年より、かなり潮が下がっていて、

取り込みに苦労してるようです。

それが、二回ほど続けて、
タモ入れの段階でバラしてるんですね。

足場がテトラなので難しいっていやー難しいですからね。
それでもそのお隣のグループも含めて

ポツポツヒットしては取り込みにも成功してる
様子も見えてきました。

そして、我々には、ヒットなし(T_T)
全てのルアーもローテーションさせますが

中々着ませんのよ(T_T)
フレッシュマさんも黙々とロッド繰り返し降ってます。

日が昇るとピーカンで、風もやや追い風で、
とっても釣りやすいですが、魚影はあまり濃い

印象ではありませんねぇ。

IMGP3084.jpg

余りにも、眩しいので、サングラスを取りに車に戻り、
帰ってくるとフレッシュマさんのロッドが曲がってます。

おーファイト中でございます。
タイミングよく戻って来れてちょうど良かったです。

タモ入れをしてあげ、無事確保しました。
オスかメスか分かりにくかったですが、

後で聞くとメスだったようで、小ぶりでしたがよかったです。

しかし、私には・・・。ヒットがない・・・。
時間も夜明けから始めて2時間以上経過してます。

暗いうちは寒かったのですが、
日が昇ると、かなり暑いですね・・・。

金曜の夜中に出発して、翌日も休みなのを
考えるとかなり気が楽ですね。

モチベーションも途切れず続けられます。

時々、つつかれるような鮭ではない魚のあたりが
あるのですが、偏光グラス越しだと見えて、

何か小魚か、フグか分かりませんが、
餌を取られちゃうんですね。

そして、3時間ほど経過したところで、キャストして
着水するとすぐに、もぞもぞあたりが出ました。

すぐ合わせないすぐ合わせないと呟いて我慢です。
ふっとロッド立てると、グイグイ刺さりこみました。

やっときたべさぁー(;_;)

ジィジィっとドラグがなります。おー重てーぜ・・・。

そして、2、3回巻いたところでフッと軽くなりました・・・

無念のバラシでございます(T_T)

実はここ数週間、手首が痛く、力が入らないんですね。
思いっきり合わせいれたら、確実にフッキング

したかと思うとぐやし~。

そこで、食い込みと、フッキングについて真剣に考えました!
食い込みって、魚が餌だと思って、

近寄ってきて、吸い込んでる状況ですね。
ここであたりが出るわけですが、

ここで合わせるとすっぽ抜けしてしまいます。
いわゆる早合わせってやつですね。

フッキングは魚が餌だと思って吸い込んで、
噛んで反転する動きをした時に、合わせてやれば

確実にフッキングするわけですが、問題はこの食い込んで
フッキングさせるためのタイミングというか

仕掛けが問題なんですね。どんだけ、くい込んだ段階で
魚に違和感を与えないようにして、

しっかり噛んでもらうかなんですね。

よく、弾くっていうと思いますが、硬いロッドや
伸びのないライン使ってると、そこで魚に違和感与えて

バラシの確率が上がってしまいますね。
反面伸びのないラインはあたりを明確に取ることができて

確実にフッキングさせるには便利なラインです。

そこでショックリーダーが存在するわけですが、

浮きルアーの場合だと、仕掛けがショックリーダー的
役割を果たすので、そこはあまり問題ないかなと。

だからってラインを送って違和感与えないようにすると、
そもそもフッキングしにくくなるわけで、

そこそこ伸びて、あたりを感じつつ、確実にフッキングの
タイミングで思いっきり合わせを入れるのがいいんでしょうね。

と、バラしてしまったので、あらためて
ロジック考えてしまいましたよ。

最初のあたりがあっても待つべし、待つべしです。
鮭のあたりってホント小さいですから。

そして考えたのが、どんだけ飛ばせるかなんです。
今夏の場合、下げ潮が朝まずめのタイミングと重なり、

ヒットポイントが結構遠かったんですね。
なので、遠投できる、ロッドや仕掛け、ラインが有利です。

ロッドもショアジギ用のモアザンブルーバッカー、
使ってるし、ラインも問題なさそうです。

ブルバッカーは10.6ftなので問題なさそうですが、
12ft位あったほうがいいのかと、考えちゃいますね。

それよりも、使いこなせてるかの方が問題大きいかなと。
MHなので、固めのロッドってうまく曲げてやると

遠くに飛ばせますから、そこがポイントなのかなと。
すると仕掛けをさらにSサイズに落として

スプーンを30~35g程の風の抵抗ないようなものに
変えて、餌は紅イカでいいと思います。

餌もちいいし、風の抵抗少なく細く使えますからね。
ちょっと、話が技術的な方に行きましたが、

その後、フレッシュマさん、粘ってもう一匹掛けたんです。
が、そこでまたまた、課題が残っちゃいました。

タモ入れ失敗し逃がしてしまったんです。
分かってはいたのですが、

準備不足で、タモは伸縮タイプの首が回るものを
もって行ってたんですね。

首がくるくる回るは、経も小さいので、
取り込みにもたつく間に、フックアウトしちゃったんですね。

これは分かっていたことなので、
次は必ず伸縮タイプじゃない、首が動かないタモ持参します。

そして買っちゃいました(笑)
3段伸縮タイプ。

IMGP3094.jpg

結局、10時まで粘りましたが、その後ヒットせず・・・。
鮭釣りは終漁でございます。

課題は次の釣行時には全て克服します。

そして次に向かうは苫小牧の勇払埠頭。
鯖を狙いに行きます。

釣り新聞でも20~30センチほどが結構釣れてる情報です。
たなさんも先週、かなり釣っていましたので、

食いたくて食いたて、いやいや釣りたくて(笑)

そして、第二部の鯖釣りです。

勇払埠頭到着するとお昼近かったですが、
かなり車止まってますね。

大型の船も2艘ほど停泊して作業してます。
幸い二人ぐらい入れるスペース空いてたので

車停めて準備開始です。

IMGP3085.jpg

ハゲかわサビキ5号に磯竿3号、ロッドホルダー
セットして、まずはコマセを打つべし、打つべしです。

が、周り見渡せど、釣れてる様子ありませぬ・・・。あれ??

時間帯もお昼なので、回遊してないんかもしれませんね。
その割に釣り人多いよな。

IMGP3086.jpg

ところが、置き竿にしてたあった竿に、一気にラインが
横ばしりしてるんです。

慌てて、近寄り巻き上げると、なんと25センチぐらいの
鯖が掛かってるではありませんか!

これですこれ、釣りに来たのは!

よし、これから来るかなと、期待するも、来ないのよね。
流石に眠気も差し始め、車で仮眠とります。

忘れた頃に、小さなあたりがあって、15センチ位の
鯖が掛かるぐらいで、最初の鯖の群れが回遊しないんですね。

周り見てても、たまーに遠くでポツポツ掛かってるのが
確認できるくらいです。

3時過ぎれば来るんじゃね?4時過ぎれば来るんじゃね?
20匹は釣って帰りたいよね。

IMGP3092.jpg

などと、フレッシュマさんと会話するも、
あまりにも回遊が来ないので、なんか疲れもどっと出ます。

たまに小さなあたりがあるのですが、
小指ぐらいのカタクチイワシが表層を泳いでて、

そいつらが、針数掛かってくるんですよね。

さらに追い打ちが、巨大船が出港と当時に、
スクリューで海水がかき混ぜられて

IMGP3088.jpg

IMGP3090.jpg

そのカタクチイワシすらいなくなっちゃいました。
夕まず目じゃね?などと淡い期待をよせるも

一向にペースは上がらず・・・。

5時ころには、顔を見合わせて「やめましょうか?」
と、どちらからともなく、話しかけ、終漁といたしました。

IMGP3091.jpg

鮭は課題を残し、鯖もイマイチ・・・。

海水温も高そうだったので、もう少し経てばどっちも
いいんじゃないでしょうかね。

このパターンでリベンジするしかねーべな(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/1039-ea8d496d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ