需要

今週は絶対ヒラメを釣っちゃるぞ!

IMGP2484.jpg

今週は絶対ヒラメを釣ってやるぞ!
そんな意気込みで週末に望みました。

おそらく、日本海はココ1、2週間が
一番岸にいそうな感じです。

つまり、今が釣れれる絶好のタイミング。

ヒラメいつ釣るの?今でしょう!

ちょっと言い方が古いですが(笑)
まさに今行かずしていつ行くんですか。

といったところです。

そこで今週は天候見るとどこもかしこも
暴風の予報です。

波は無いんですがね。
プレジャーボートの事故もあったぐらい・・・。

亡くなられた方にはご冥福をお祈りします。

まぁ近場の東積丹側の磯か漁港だろうなと
考えながら、行く場所特定せずに

金曜の夜中出発しますが、カミさんへは

「今日はヒラメ釣るまで帰ってこないから!」
と言い残し、帰ってきた言葉は「なにそれ?」

と送り出されました(笑)

やっぱり実績のないところで出してみたい!
よっぽど漁港でやろうとも思いましたが、

結局、先週と同じ烏帽子岬へ向かうことにします。
IMGP2485.jpg

現地到着は午前3時前ぐらいです。
ぼちぼち明るくなり始めますね。

20分ほど薄暗い磯場を歩きます。

岬先端に到着し、まずは8号シンカーの
テキサスリグでもしやソイも意識しつつ

ヒラメを狙います!移動も繰り返し、
探り歩きます。

駐車スペースでは風は気になりませんでしたが、
岬先端は左から右に風がやや強いですね。

反応ないし・・・。

今度はジグをキャストします。
リフト&フォールで誘ってみたり、

ボトム付近をゆっくりスイミングさせてみたり・・・

で、でない、あたりもない・・・。

だんだん明るくなり始めます。

IMGP2488.jpg

今日は粘るぞと、気合を入れてきましたので
さらに奥に移動しながらも探り歩きます。

ワームにチェンジし、探ってると『コツッ』と
あたりがきました。

うりゃぁーと合わせるも、軽いですね・・・。

上がってきたのは案の定『ガヤ』でございますね。

IMGP2487.jpg

2時間ほど経ったでしょうか。
すっかり磯場も明るいです。

ただ、曇り空なので暑くもなく、寒くもなく
ちょうどいい感じ。

波もなく釣りやすいです。でも、ヒラメでない・・・。

よし、漁港へ移動してみよう!

古平か美国か・・・。戻りながら忍路にすることにします。
しかしかなり忍路は久しぶりですね。

IMGP2490.jpg

地形上まったく風も波もありません。
海の水もかなり澄んでいますね・・・。

一応、ワームを投げてみますが・・・。
釣れる気がしませんね。ベイトも見えません。

30分もやったかやらないかで移動します。
そして再び戻りなが、今度は塩谷サーフへ向かいます。

お日様も出始め、なんか条件的には厳しい感じ。
波もまったく無いです。

IMGP2491.jpg

海も澄んでるし、こちらも厳し感じですが、
一応ジグを通して海岸端から端まで流してみます。

出ませんねっていうか、いませんね(笑)

さて、釣るまで帰らないと言った手前、どうしようか(笑)

ひとまず、小樽で何が釣れてるのだろうと思って
厩町岸壁覗いてみると北防波堤にものすごい釣り人です。

見に行くと、エギングの大会やってたようでした。
話聞くとあまり釣れてる感じはなかったですね。

夕マズメまで時間もかなりあるので、やはり帰ります(笑)
家に着くとカミさんが『あれ?もう帰ってきたの?』だって。

そして昼飯食べて、二部でまた行くからと告げたら、
『え~また行くの?』だって。

いない方がええんかい、いたほうがええんかい(^_^;)

家の話はさておき、二部はxingxing(シンシン)さんと
xiangxiang(シャンシャン)と合流し、

久々K夫婦さんもお誘いしながら、再び夕マズメの
烏帽子岬へ!

あんたも好きねという言葉がどこからともなく
聞こえてきそうです(笑)

だって、夕マズメの烏帽子岬もやってみたかったしさぁ。

そしてかなり早めではありますが、4時頃には入磯です。

4人でやれば誰か出るべさ!

IMGP2492.jpg

まずはワームで正面の海へ投げ入れます。
皆さん思い思いのポイントで思い思いのリグを投げます。

やはり時間帯が早いので無反応ですね。

朝より波風は落ち着いてる感じです。

あまりにも反応ないので奥がどこまで行けるのか
行ってみましたが、かなり奥まで行けましたね。

ジグに変えてみたりしますが、明るい時間帯は
反応ないっすね。

それでもようやく5時ころに小さなあたりがあり、
小マゾイが掛かって来ました。

IMGP2493.jpg

なんか、なかなかあたりがない中で、
小さいのでも掛かると嬉しいですね。

だんだんとゴールデンタイムの日暮れが近づきます。

IMGP2494.jpg

そんな折、離れてたxingxing(シンシン)さんが
お大声上げてます。どうも大きいのが掛かったようです。

しかし、タモが無いようで、叫んでます。
そこでタモ持って近づきます。

その間、少し巻き上げず、泳がせています。
そしてそばに近づき、準備出来たとたん・・・。

ばれたぁーと・・・。

姿見ないでバラしてしまいましたぁ。残念。。。

そこで、一斉にその場でキャスティングです。
奴はその場にまだいるはずです。

ワームでスイミング中心に探ります。
すると何投目かに『コン』と気持ちいいたりです。

うりゃぁーと合わせると、かなりの重量感ですね~

ただし、かなり穂先刺さりますね・・・。

IMGP2495.jpg

アブだわ。ヒラメじゃないわ。でも、気持ちのいい
重量感のある引きはたまんないですね。

そして夕暮れのゴールデンタイムです。

あれれ、先ほどがゴールデンタイムだったのか?
確かにあたりも頻発しましたからね。

ヒラメが来ない・・・。そして完全に日没・・・。
夜釣りに移行ですね。

IMGP2497.jpg

IMGP2500.jpg

ソイも釣りたかったので、まあいいんですが・・・。
ジグヘッドに切り替えスイミング中心に岩周り

攻めます。こちらもあたり遠いですね。

それでもxingxing(シンシン)さん良形のマゾイ
上げてます。私もスイミングから切り替え、

IMGP2503.jpg

足元探ってると29センチのマゾイヒットです。
結局そこまででしたが、K夫婦さんもハチガラ

2匹釣ってましたので、マゾイ、ハチガラが
多いポイントなのかもしれませんね。

一足先に翌朝、ヒラメを狙うとのことで
(シンシン)さんとxiangxiang(シャンシャン)

がお帰りになります。そこからしばし粘るも
反応も薄く、疲れがどっと出てきたので、

終漁でございます。とにかく疲れました。

ヒラメを釣りたぁーい。(笑)

翌日は朝からマゾイの刺身でございます。
息子、醤油ばっくりつけてバクバク食いやがる。

刺身、うめぇーだって(笑)

IMGP2509.jpg
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/1023-a14ab5a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ