需要

ヒラメの季節がやってきたぁ~!

IMGP2474.jpg

とうとう暦も6月になってしまいましたね。
春のハイシーズンもあっという間に通りすぎました。

やっぱり色んな釣り物追っかけてると
カラダがいくつあっても足りません。

天候のせいもありましたが消化不良の5月でしたね。

というわけで今週はというと土曜日が子供の運動会。
茹だるような暑さの中だったので非常に疲れ果て、

その日の出発は断念し、日曜の朝マズメに賭けます!

となるとやはりヒラメ狙いでございますね。

昨年からあそこで絶対狙ってみたいと思ってた
ポイントがありました。

出足平漁港の手前湾洞一体ですね。
ワッカケ岬と烏帽子岬の中間一体とでも言ったら

いいでしょうかね。

あの辺一体は底はヒラメが着きそうな砂地です。
夏に泳いで確認したし、ボートで少し沖にでた人も

結構、ヒラメ上げてるし。カレイ場なので、ヒラメは
間違いなくいるでしょう!

そこで、目星を付けたのがカレイ釣りで行った
烏帽子岬です。

前日は早寝をして夜中に出発です。
明るくなる前には岬に入りたいところです。

現地には少し早目に付きましたが、
まだ、真っ暗なので少し明るくなるまで待機です。

幸い、入釣者もいないようです。
IMGP2477.jpg
▲明るくなってからの写真です。

岬先端に着いたのが4時半前ですね。
風も弱く波もありません。

条件的にはバッチリでございますね。

薄暗い中、まずはワームで探りを入れます。
30gのジグヘッドの6インチパルスです。

完全に小幌仕様です(笑)

放射線状に探りを入れますがあたりございませんね。

キャストしてボトム取ったら少しリフトして
ボトム付近をゆっくりスイミングさせる感じです。

海底の状況は砂地とは言え、手前は岩が張り出し
引っかかります。

注意はしていたものの案の定根がかりロスト。

次に軽くしようと思い、21gあたりで試そうと
思うも14gまでしか手持ちがございません。

そこで14gジグヘッドにやはりパルスワームで
探るとあたりが出始めましたね。

数投目でなんとかフッキングさせるとガヤでございます(^_^;)

IMGP2473.jpg

そのうち、夜も明け始めます。

ルアーをワームからジグにチェンジします。

手持ちのジグをローテーションさせながら
スイミング中心に探ります。

何度かあたりはあるものののせきれませんね・・・。

攻めすぎて、ジグを一つロストでございます(T_T)

岬の奥側に移動し、岩と岩の間も探りましたが、
一度あたりがあったっきりお魚は現れませぬ。

再び最初の場所に戻るも、なんか釣れる感じがしない。

実はウェーダーのカカトが取れて、専用の接着剤で
くっつけて履いてきたのですが、

剥がれないか心配でしたが、思いのほか丈夫でしたね。

一人ということもあり、釣れないと直ぐに飽きてしまいます。
粘りが足りないんだよね~。分かってるんだけど。

日が昇った日中でも釣れると思いますが、
2時間ほどで撤収ででございます。

帰りがけにサクラマスもまだまだ気になるので、
様子を見て帰ることにします。

登川河口海岸に立ち寄ると右岸側に数名アングラーの
姿が見えますね。

IMGP2478.jpg

IMGP2480.jpg
▲綺麗な飛行機雲です。

左岸側は一人しかいなかったのでやってみることにします。
カムイのサケ稚魚タイプ振りますが反応なく、

小一時間ほどで飽きます(笑)

まだまだ時間的には早いので次に塩谷の海水浴場
左側の河口海岸覗くと数名のアングラー発見です。

ここではロッド出さず、次に朝里川加工海岸に向かいます。
同じく数名のアングラーさんがロッド振ってますね。

IMGP2481.jpg


ここではロッド出しましたが30分で飽きました(笑)
周りも釣れてる様子ございません。

ダメだ、粘りが足りなすぎる・・・。

積丹では船ですが大きなブリも上がり始め、
あっという間に夏の釣り物に変わってきてますが、

ソイ&ヒラメ狙いでしばらく行きたいですね。

あ、と言うことはショアブリもいけんじゃね?(笑)
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://hokkaidoufish.blog.fc2.com/tb.php/1022-327bab1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ