需要

余市港でマメイカ釣り~~~

IMGP6285.jpg

明日で12月になりますね~
案の定、天候が安定しません・・・。

釣りにたっぷり時間使えるんだけど
天気が悪くて行けませぬ(;_;)

まあ、漁港に限れば多少悪くとも
行けるので、漁港での限定釣りなら行けそうです。

そして、先日かみさんの実家でイカを
焼いたの食べたら旨くてね~~~

よっしゃ、イカ釣りに行こう!

本当はマイカ釣りたいんだけど、
釣りになるし、確実に釣れるポイントが

イマイチ分からないしな~。

マメイカでもいっかな。

という訳でございまして、
余市港にマメイカ狙いでございます。

時間は日中でも釣れるのが分かってましたので、
重役出勤ならぬ、重役釣り

お昼少し前の到着です。

でも、日中に釣れたらこの時期ありがたいっす。
ただ当日は日中の最高気温が7度で

夜に向かって気温も下がらない予報でございます。
雨具と真冬の防寒ジャンバーと

両方持って行きましたが、
雨具の方でスタートフィッシングです。

やー暖かいわ~~
風も弱くて釣り日和でございますね~

ただ、雨が少し降ってて
体感温度は少しさむーございます。

仕掛けはベーシックタイプのピンク夜光の
エギに小型のスッテをつけたものです。

前回も良かった中防波堤の
通称ガードレール前でございます。

IMGP6284.jpg

平日の火曜日でしたが釣り人居ますね~
外海に向かって10人ほどで、

ガードレール前は二人ほどしかいません。
釣れるかな・・・大丈夫だべか・・・

向かいでは余市防備隊の皆様が
何やら忙しそうに出港の準備中でございますね。

まずは思いっきりキャストします!
着水!

ラインを張り気味にして、
あたりも取れるように意識しながら

カウント数えますが、
「ひくひく」とあたりを感じます。

お、一投目から来たよ!
そーっと巻き始めると乗ってますね~~

IMGP6283.jpg

今日は一投目からいい感じですね~
その後も一回投げれば一匹がスッテか

エギに掛かってきます!
ただ、遠くで掛かったり、

何度かしゃくってから掛かるので
如何せん手返しがわるーございます。

マメイカが居る前提ですが、
とにかく意識したのはラインを張って

あたりを取ることにします。

すると面白いのが、
しゃくらなくてもカウント取って
ボトム付近からゆーっくり巻いてくると

必ずあたりが取れるんですね。

IMGP6287.jpg

触腕で触ったところであたりを
感じて巻き始めるのですが、

途中でバラシも結構多かったですね・・・。
上手く掛かることもありましたが。

雨も中々止まなかったのですが、
かなり体温奪われますね・・・。

ちょうど正面に綺麗な虹も掛かってます。

始めて見たのですが、
防備隊の船がちょうど冬の海に
向かって出港していきますね。

IMGP6291.jpg

鮮度よく持ち帰りたかったので
海水も時々取り替えたり、

弱ってきた感じで途中、
クーラーボックスへ一旦仕舞いにも行きます。

流石に雨具では寒くなってきたので
ついでに真冬の防寒着に着替えます。

IMGP6292.jpg

最初のペースだと粘れば3桁行くかなって
感じでございましたが、

二時間ほど過ぎたところでペースダウンです。
途中、エギも変えてみましたが

やっぱりピンクが一番ヒット率高かったかな~

釣り人も夕方に向けて、
徐々に増え始めて来ますね。

ガードレール前も段々いっぱいになります。

すると案の定お隣やそのまた隣と
ラインが絡み始めます。

混むとしょうがないのですが・・・。

まずます手返しが悪くなる(^_^;)

40匹を目標にしてたのですが、
どうしても行かなきゃならない

用事もあり39匹で泣く泣く終漁でございます。

夕方でしたが、シリパ山からものすごい数の
カラスが出てきましたね。

それに伴って糞の雨が・・・。
そのカラスが帰り道の電線の上に
止まってること、止まってること・・・。

車が糞の餌食に・・・(;_;)

今回は全開できなかった刺身と
椎茸と一緒に煮物で頂きました!

DSC_2882.jpg

DSC_2885.jpg

ホッケも行きたい、マイカも釣りたい、
いや食べたい、ソウハチも行きたいな~

スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: マメイカ  釣り  余市 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

先週に引き続き増毛港でニシン狙い!

IMGP6269.jpg
釣り開始したときの様子

釣り物もたくさんあるのですが、
案の定、気候が安定しない
時期になってきましたね~

さて、今週はどこへ釣りに行こうかと
思案してると、中々いい条件の日がございません。

水曜日の噴火湾がよさげな感じで、
跳ね打ちも一回ぐらい行ってみたいと

考えていたのでベルーガの予約を
見てみると空きが数名ございました。

よし!予約しようかな~
なんて考え、石狩の赤い狼A船長を

お誘いしてみるものの、
さすがは平日で休みが取れにくいとのことで
行けませんとの事。

そうだよね~
こっちは人生の夏休み中なので
条件のいい日に合わせて行けますからね。

そうそう都合よくタイミング合う人もいませんね。

そこでもしやhojoさんに聞くも
今週は木曜日が休みらしく同じくタイミング合わず。

じゃ一人で行こうかな~
なんて考えてたところに

前から予定してた飲みの約束が
火曜日にはまりそうな感じでございました。

そうすると朝起きて行くのが辛いよね・・・。

結局、予約はしなかったのですが、
他の釣りにしても

釣りができそうなのが条件的に水曜日夜ぐらいしか
無さそうでございます。

そこで木曜休みのhojoさんへ連絡
取り直すとニシン釣りに行きたいとの事。

ならばご一緒しましょうかという事で
再び増毛港でニシンを狙いに行くことにします。

が、平日の増毛方面は夜間通行止めの
工事が入っていますね~。

しかも夜の9時には通行止めになってしまう・・・。
留萌経由で戻ろうかとも考えましたが

どうせなら車中泊で宴会して
朝に帰って来ませんかとhojoさんからのご提案です。

そうだ、考えてみると一度もhojo号での
車中泊宴会に便乗したことがなかったので

じゃそうしましょうか!
という事でhojoさんの仕事終わりの
6時を待って出発することにします。

ところが石狩の天候がかなり強めの
雨でございます。

予報を確認すると増毛も雨ではあったものの
雨量は少なく、しかも夜中でも気温が7度程で

風もそこそこの予報でしたが
港での釣りを考えると支障はなさそうでは
ございますが・・・。

そんな心配の中、増毛に向かいます。

ところが近づくにつれ、
雨も弱まり、到着するとなんと雨が止んでおります。

やったね!風も強い予報でしたが
港の中は超あずましいです。

8時前の到着でしたが、
釣り人も平日のためか割と少なめでございますね。

今回はhojoさんが電源を持っているので
堂々と釣りができますね(^_^;)

今回は前回釣れてた一番右側が
空いていたのでそこで釣り座を構えます。

IMGP6273.jpg

前回、磯竿の4.5mが長すぎた感じだったので
今回は4mの竿を使用します。

サビキはアミエビカラーの3本針7号ですね。

また、今回、インナー用に遠赤外線輻射素材の
ものを上下着込んだのですが、

その前にかなり気温が高かったので
あまり実感はできなかったですね(^_^;)

IMGP6264.jpg
▲一着片方で4,000円以上します(^_^;)

コマセも二人で撒くのですが、
海面見るとニシンがうじゃうじゃ寄ってくるのが
見えますね。

IMGP6270.jpg

こうなると、サビキを入れると
すぐにヒットします。

しかも前回よりも少しサイズアップしてる感じです。
さらに前回は1、2割、小ニシン

混じって釣れたのですが、全く掛かりません。

下ろすとすぐに掛かります。

最初は夢中で掛かると上げてたのですが、
hojoさん見ると

針に掛かると少し泳がせて
なるべく針数掛かるように泳がせています。

IMGP6274.jpg

じゃ俺も一匹掛かっても
少し泳がせて、なるべく針に掛かるようにします。

すると2匹、3匹普通に掛かって来ますね。

IMGP6272.jpg
▲針数3匹ヒット!

このペースだとあきらかに前回よりは早い!

行きの車の中で何匹釣って帰る的な話を
していたのですが、hojoさん曰く200匹は
釣りたいとのことで、

いつもはそんな話をすると
釣れないのが定番なのでございますが

このペースだと時間を掛ければ
200匹は行けそうな勢いでございますね。

でも、増毛港の今回のニシンはかなり
長期間に釣れてますね。

自分的には先週のストックもまだあったのですが
そんなの忘れて夢中でやってると

一度血抜きをするのに数えると
49匹釣っております。

やばい、こりゃ釣りすぎだ(^_^;)

ど、どうしよう・・・。
でも、釣れるのはやっぱり面白い(^_^;)

途中で貰いてを探すために連絡入れるも
札幌に居なかったり

返事がなかったりと、
自家消費するしか無さそうでございます。

そしてニシンを袋に移して
バケツを洗うために水汲みバケツで

海水を汲もうとすると・・・。
ロープが切れてバケツが海の中へ・・・。
さよなら~~~

金属部分から切れてしまいました。

生簀用のバケツを直接海の中に入れて
ウロコを洗って海水を入れ直して

後半戦のスタートです。
ニシンは相変わらず見えるのですが

少しペースが落ちてきた感じでございます。

すると燃料切れでライトがちょうど
落ちてしまいました。

するとhojoさんから、
珍しく切りがいいので止めましょうかとのこと。

そうだね、釣りすぎたし、
俺的にはちょうどいいわ。

DSC_2866.jpg

数を数えると合計81匹でございます(^_^;)
やべ釣りすぎだ・・・。

それからコンビニで車内宴会用の
人間の餌と酒を買って駐車場で車内宴会でございます。

たまたま雨のせいかその日だけ
通行止めは解除だったのですが、

車内を板をひいたり、カーテンを
着けていたりと、

DSC_2867.jpg

かなりあずましく過ごせる車内で
○○○話で盛り上がりつつ、

酔もまわり、宴もたけなわになった頃に
ご就寝と相成りました。

めでたし、めでたし。

そこで、調理方法ですが、
前回刺身も行けたので

刺身とお隣の釣り師さんに
おっそわけしたところ

切り込みが良いんじゃないかとの
ことで、挑戦してみることに。

IMGP6263.jpg
▲こちらは前回作った香味焼き

IMGP6281.jpg
▲刺身は大きめにカットです。

ちょうど、今日、漬け込んだ
ところでございます。

IMGP6278.jpg

DSC_2873.jpg

食べるの楽しみだな~

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  ニシン  増毛 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

今週も噴火湾でカレイ狙い+ニシン狙い!

IMGP6245.jpg

とうとう札幌も雪が積もっちゃいましたね~
根雪にならないとは思うけど・・・。

釣り物の方はというと、
イカににしんに、ホッケに

鮭の跳ね打ちもまだ出来るし、
噴火湾のカレイも狙えるよね。

カジカはこれからだし、
ノースアングラーズの最新号見て

思い出したけど、日本海でソウハチも
狙えるね!

あ~気持ちだけ忙しいわ(^_^;)

先週は天気予報とにらめっこしてると・・・
金曜日がよさげでございますが、

朝は噴火湾のみ限定的な感じでございます。

ならば塩イソメも余ってるし、
もう一回、噴火湾で狙ってみるかな~

で。木曜発売の釣り新聞に、
増毛港でにしんが爆釣も気になってはいるが

釣れる時間は暗くなってからだしな・・・。

まずは朝まず目狙いでカレイに行くことにします。

実は10時に歯医者を予約してたのを
ふと思い出して、2時間ほど限定になるけど

波が噴火湾あたりしか
できそうにないので仕方ないよね・・・。

今回も国縫は避けて、大中も国縫以上に
足場高いしテトラはもっと怖いしね。

結局、前回と同じ長万部漁港で
竿を出すことにします。

朝の5時頃には到着しますが、
やっぱり他の釣り人がいません。

やっぱ釣れないのかな~
釣り新聞の終面に国縫と大中でカレイ
が釣れてる記事も出てたので

長万部だって釣れないことないのにな・・・。

外防波堤先端目指しますが、
やっぱり貸切でございますね(^_^;)

波は前回よりもすこーしある感じですが、
風はないですね。

気温もこの2週間ほどで随分下がってますね。
気温はかなり低いです。

かなりさみーです。

前回あまり釣れなかったので
投げる場所を変えようと思いましたが

やっぱり足場が悪いと
落ち着かないので同じ場所で出します。

ぎょぎょライトつけて
さぁ、キャスト開始です!

仕掛けも同じく誘導式仕掛け2本ばりに
塩イソメを房がけにします。

貸切なので、周り気にせず思いっきり
遠投かけます!

とりゃぁーーーー

寒いけど、これがきもちいのよね~~

相変わらず漁船の往来も激しいのですが、
邪魔にならない感じで楽しめます。

するとすぐに右側の竿にあたりがあります!

よっしゃ、来たかな~

すかさず煽って合わせますが、

物凄くかる~~ございます(^_^;)

巻いてきて、キャプライトで
海面照らすとなにか小さな魚が付いてるのが
分かりますね。

抜き上げると、なんとも小さなドンコ(^_^;)

リリースして投げ直します。

時々サビキますが、その後、反応ないまま
夜明けを迎えます。

少しすると、綺麗な「天使の梯子」が
今回も見えますね~

IMGP6247.jpg

時間も10時に帰るとなると、
7時すぎが限界でございます。

6時半を過ぎたあたりで
なんとか二回目のあたりが来ます。

煽って巻き始めますが、
またまたかる~~ございますね(^_^;)

すると小さなスナガレイが付いてます。
ちっちぇなぁ~(^_^;)

一応バケツでキープして、
再度投げ込みます。

しかし、あたりが遠い・・・(^_^;)

やば、7時回っちゃう!

くー7時回った!

途中、投げる方向変えてみたり、
常にサビいたりしましたが、

ジ、エンドでございますね・・・。

こりゃ欲求不満だわ(T_T)

高速飛ばしてなんとか歯医者は間に合いましたが、
これじゃ納得いかん!

歯医者から帰ってきて、
昼ごはん食べて洗濯も済ませて。

さ、増毛向かおうっと!笑

夕まずめからの勝負でしょうから、
平日だし余裕で着くでしょう。

釣り新聞に詳しくポイントも書いてたので
まっすぐ向かいます。

先客が数組、竿出さず準備してますね。

まだ、時間も早いので、
地元の釣具屋に情報収集かねて、

オキアミ買いに行って聞いてみると
「情報分かりません」ですと(^_^;)

そして漁港に再び戻って、
ジャンバー着てゆっくり準備始めます。

漁港にいた釣り人に情報収集することにします。
するとチカ釣りっぽいので

サビキ釣りをしていた
釣り人に聞いてみると

「あそこに居る釣り人が昨日600匹釣ったらしいよ!」
と、教えてもらいました。

IMGP6250.jpg

そして、その釣り人と話してみると、
やはり、今いる場所で昨日600匹釣ったと
教えていただけます。

え~600匹ですか??
全部食べるんですか??

と聞いてみると

「1軒に100匹配ったら6件で済むべさ!」
「あっはっは」だって(^_^;)

型もあまり大きくないよとも教えて頂いて、
暗くなるまで時間を潰します。

ついでに、今日はここが良いんですか?
と着てみると

「わがんね」ですって(^_^;)

すると薄暗くなってきたところで、
皆さん、竿を出し始め、

海面をライトで照らし始めます。

昨日は4時過ぎから来たんだけどねって
教えてもらうも、5時過ぎても来る気配ないです(^_^;)

IMGP6251.jpg

チカ釣りで先に竿を出してた
釣り人に3匹ほど掛かるのが見えましたが

昨日爆釣おじさんへはまったく来ません。

もちろん自分にも(^_^;)

ライト持ってないので、
水中点滅ライト付けて

オキアミも擦りますが、全く反応無いです。

おそらくにしん狙いの釣り人も
少しずつ増えて来ますね。

釣りを中断をして周りの釣り人の
様子を見ますが全く釣れておらず・・・

すると、昨日爆釣おじさんが車で
どこか移動しています。

おそらく、他のポイント見に行ったと思われますが
帰ってくると道具畳んで移動していきます。

頭にボーズよぎりますが、
これじゃ帰れない・・・(T_T)

するとチカ釣りをしていたおじさんたちも
移動していきます。

こりゃ俺も移動せねば!!

道具畳んで移動すると・・・。

あら、爆ってるわ!!!

端っこで準備初めてすぐさま磯竿上下に揺すります。

最初のポイントで仕掛けと
水中チカチカライト根掛りでロストしてたので

ちょっと不安でしたが、
なんの、なんの、入れたら掛かり

IMGP6253.jpg
▲時にはダブルで

入れたら掛かり状況になります。

早くこっちに移動してたら良かった(^_^;)

見てると、やはり真ん中が釣果少しよさげな
感じでしたが、端っこでも全然釣れます。

サビキはハゲ皮サビキ7号です。
オキアミ擦らないでもバンバン釣れます。

IMGP6255.jpg

晩飯時間には帰りたいと思ってましたが、
バンバンくるので

止めるタイミングを見失いますね(^_^;)

時間も気になったので、
7時過ぎには止めましたが

小一時間ほどで小ニシンは除いて25センチ
前後が37匹でございました。

IMGP6256.jpg

翌日10匹は塩水に浸して干して、
6匹ほど生で塩焼きにして、

IMGP6258.jpg

10匹は圧力鍋で梅煮にしました。
身が柔らかいのが難点だな~

IMGP6261.jpg


残り10匹、いい食べ方ないかな~~

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 増毛  にしん  釣り 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

秋は噴火湾でカレイ釣り~

IMGP6200.jpg

一年を考えるとお魚って
ほぼ春と秋に同じ魚釣れますよね~

ホッケもそうだし、
流行りのブリも春と戻りの秋に釣れるし。

カレイも春がメーンだけど、
秋に釣れるのは知られてますよね!

ただ、秋の場合だと時化が多くなるので
狙えないって言うのはあるけどね。

で、考えてみると秋にカレイって
本格的に狙ったことがないんですよね・・・。

ハンドルも「脱サラリーマンZ」になって、
時間はかなり自由になりました。笑

気象条件の良い時に行けるっていうのは
こうも釣りには好環境なのね。

そんな中、フェイスブックでカレイ
爆釣の書き込みが・・・。

そしてお隣さんも国縫で良い釣果を
出した話を聞かせて頂きました。

カレイ釣り行きたい・・・笑

噴火湾ならこの時期、凪の日も多いしね。

天候見てると、火曜日がばっちりな
感じで波も風もなく、気温もまだ高そうです。

よし、行くか!

火曜の朝まずめ目指して向かうことにします。

国縫漁港は相当昔に
行ったことはあるのですが、

最近の状況がわかりません。
平日だから釣り人も少ないかな~

なんて暗いうちに着いてみるも、
なんと漁港内漁業関係者駐車禁止との事。

IMGP6205.jpg
▲なぜか横になっちゃいます。(帰りに撮影)

ま、当たり前だよね・・・。

一応、漁港内車で回って様子見ますが、
既に釣り人多数繰り出してますね~。

入口の駐車スペースまで戻ると、
平日にも関わらず、多数の車止まってます。

やべ、場所あるかな~

ちょうど準備中の釣り人の話し声が聞こえたんですが、
どうも遊漁船に乗ってカレイ釣り

する人と、漁港で釣りをする人の
会話が聞こえてます。

あ~遊漁船の釣り人の車か・・・。

だったらそんなに漁港内に釣り人居ないかな??

そう考えながら、
キャップライト付けて

外防波堤目指しますが・・・。
車ではあまり釣り人見えなかったのですが

近づくとかなり多くのぎょぎょライトが・・・。
平日なのに釣り人多いっすね~

みんなどんな仕事してるのかな??笑

先端に居た釣り人と挨拶を交わして、
釣り座を探しますが、

場所取りの三脚もありますね・・・。

それでもなんとか空きスペース
見つけて場所確保します。

IMGP6199.jpg

仕掛けは自作の胴付仕掛け一本針に
塩イソメつけて準備しますが・・・。

足場が高いっす(^_^;)

外海側に投げるのですが、
胸壁がかなり高いっす。

高所恐怖症なもので落ち着かないです・・・。
しかも、外側テトラは

IMGP6201.jpg

IMGP6202.jpg

乗りやすいものの、
取り込みも苦労しそうな感じでございますね。

竿を二本だして
さ~~て実釣開始でございます。

しかし、落ち着かない(^_^;)

バクバクあたりあるかな~と思ったのですが、
すぐに来ないですね・・・。

薄明るい中、周りも見渡しますが、
そんなに釣れてる感じじゃないですね。

明るくなって分かったのですが、
内防波堤含めて平日なのにかなり釣り人多いっす(^_^;)

時々、ふわふわってあたりあるのですが
これが乗らないんですね~~

針大きいのかな???

一番釣れてたのが、
少し離れたお隣さんでしたが、

それでもポツポツって感じです。

内防波堤も気にしながら
見てましたが、そんなに頻繁に
釣れてるって感じじゃなかったな~

IMGP6203.jpg

あれれ、日が悪いのかな~
なんて考えてると

明確なあたりがきました!

よっしゃ、来たかな~
巻き始めるとまあまあの重量感でございますね。

恐る恐るテトラに渡って、
抜き上げる体制を整えますが、

これが落ち着かないのさね(^_^;)

お、海面にカレイが見えてきだぞ!

うりゃぁ~と防波堤まで一気に上げます。

おっし、まあまあのマガレイだわ!

IMGP6204.jpg

さ、さ、これから数釣るぞーー

気合を入れて、高さにビビりながらも
再度キャストします。

時々サビいて誘いながら探ります。

するとぴょんぴょんと小さなあたりは
あるのですが、これが乗らんのですね・・・。

釣れない・・・(^_^;)

もう片方のお隣さんも、
あまりペースは良くなく、

私が一匹の時に三匹ほどですね。

一番釣れてたかなって思われる
お隣さんも5匹ぐらいだったでしょうか。

離れてたところは確認できませんが・・・。

そのうち、あたりも無くなって来ますね~。

やっぱりカレイは朝まず目だよな~
内防波堤では既に帰り出す釣り人も多くなってきます。

ありゃ、もうダメかな・・・。

もう、粘ってても知れてるな・・・。

やーめたっと!笑笑

そして気になってた第二ラウンドを
積丹のホッケに向かうことにします。

ポイントは秋に良い思いをすることが
多かった島武意海岸目指します。

IMGP6207.jpg

こちらは流石に平日の時間も時間ですから
釣り人、だ~れもいませんね。

それでも観光客がまだ数名居ましたね。

噴火湾と違って波が心配でしたが、
向き的なところで大丈夫そうです。

トンネル抜けて海岸目指します。

IMGP6208.jpg

ただ、波は少し高い感じですね~。

なるべく身軽に数本のジグのみ
持ってタケノコ岩のある平盤に立ちます。

よっしゃ、ホッケばんばん来るぞー!

IMGP6209.jpg

キャスト!

着水!

着底!

居るときはこの辺で反応あるのですが・・・。

反応ございません(^_^;)

二投目!

着水!

着底!

リーリング!

反応ございません(^_^;)

こりゃ居ないわ~~~笑笑
まだ、少し早いかもね・・・。

でも、ホッケももうすぐ釣れるはずですね。

DSC_2822.jpg

そして一匹のカレイは煮付けにしました~
-- 続きを読む --

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り  長万部  マメイカ  余市  カレイ 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

黄金ボートで鮭狙い!

IMGP6178.jpg

気温が段々低くなってきましたね~
と共に気象条件も冬に向かって安定しません。

気がつけば後2ヶ月で今年も終わりと、
お魚さんを追っかけてると一年は早すぎますね。

を狙って10連敗中ですが、
意地でも釣っておきたいところでございます(^_^;)

そう考えてると石狩の赤い狼A船長から
黄金ボートで跳ね打ちしませんかとのお誘い。

気象条件を睨むと金曜の文化の日が
波も風もなく条件的にはバッチリでございます。

跳ね打ちとは後期軍のを狙って、
主に噴火湾沖で跳ねてるを狙って釣る釣りです。

以前にも一度挑戦して、
1匹ゲットしたことがありますが、

時期的に11月に狙うので、
気象条件が良い日と休みが合わないんですね。

ま、それは今までの話ですが、
今は平日でもOK、OKでございます。

今回は祭日でしたが、
条件に合わせて行くことが出来るんですね~。

さて、現地に着いてみると
波はかなり無さそうです。しかも風も無い!

他にボート釣り師さんも休みとあって
大勢きてますね。

みなさんカレイ狙いかのどちらか
なんでしょうね。

ここへ来ると気になるのが
気仙川河口の様子ですが、

IMGP6177.jpg

かなり少なめの釣り人ですね。
跳ねも見えないし、河口はもう釣れないでしょうね。

出船は4、5艘目になりましたが、
先に出船するボートは室蘭方面向かうんですね。

カレイ狙いなのかな~

我々はとりあえず、先週跳ねが
見えたという、前浜沖目指します。

IMGP6179.jpg

しかし風も波も無さそうに見えましたが
沖に出るとうねりがありますね~

二人乗りボートで小さいので
はっきし言って揺れます!(^_^;)

やべー酔いそうだ(^_^;)

なるべく遠くを見ながら釣りに集中しますが、
カラあくびばっかり出てきます(^_^;)

跳ね打ちと思われる遊漁船を
ポイントの目印にしようと考えてましたが、

プレジャー含めて豊浦方面に向かうんですね。
二人乗りのボートじゃそんなに走れましぇん(ToT)

仕方なく先週のポイントで開始しますが、
魚探付いてるわけでもなく

他のボートが居ないとホント手探りです。

IMGP6181.jpg

ルアーは60gのスプーンにタコベイトと
深場を探るので重めで色んなタナを探れるようには

するのですが、潮の流れも早いので
ルアーの棚がどの辺を通ってるのかが
全然、分からないんですね(^_^;)

とにかくカウント数えて、流れに任せて
ボトム行ったかなって思ったら

ゆっくり巻くだけです。

にしてもこの釣りの場合、外道も少ないので
釣れないと、ホントなにも釣れないです。

ボートもどんどん流されるので、
立て直して繰り返すのですが、

もう少し伊達沖に移動しましょうかと
いう事で移動かけた先に、

一人で竿を4本出してるプレジャーボート
の側でやり始めたのですが

な、なんと、我々の目の前で
4本連続でゲットしてるんです(^_^;)

あれーなんであんなに連続で釣れるの???

しかも置き竿なんですね。

結構、近くでやってたのですが、
我々には全くヒットしないんですね・・・。

なぜだ!

同じように同じタナを維持できるように、
真似てみますが全くダメです。

考えるにまずタナが合ってないと
ダメでしょうから、

潮流を考えると、様々な重さと形状の
ルアーが必要でしょうね。

そして遠くで見えてましたが、
キラキラ光る大きなルアー的なものが見えます。

おそらくドジャーじゃないでしょうかね。

そのプレジャーボートのお方は
4本釣ったら満足したのか移動していきました。

居るのが分かるとモチベーションも
保てますが、しかし釣れない(^_^;)

するとプレジャーボートも釣れないのか
各船とも移動し始めています。

前浜沖に数隻塊が見えたので、
移動しましょうかという事に。

IMGP6183.jpg

これが波に逆らって進もものですから、
うねりのてっぺんに上がると、

どっしゃん、どっしゃんと波の
谷間に落ちるものですから、

お尻が痛いのなんのって(^_^;)
船が小さいので小さなうねりでも

波の山をつっきれないんですね。

そして最初のほぼ前浜沖に
到着で再開します。

相変わらず潮の流れも強くて、
ルアーを落としてもどんどん流されます。

ボトム取れたかなと思った時に、
微かなあたりがありますね~

小さいあたりなので根魚でしょう。

巻き上げると、多少ですが魚の感触が・・・。

ちっちゃなギスカジカが掛かってます(^_^;)

IMGP6184.jpg

すると、船長に「あたりだ!」の声が!
来たか

「でも少し軽いわ」と巻き上げる感じも
あまり重くない感じですが、

暴れるらしく、魚は間違いないようです。
「タモ入れしましょうか??」

「お願いします!」

さてさて、何が付いてるのかな~

魚の姿が見え始めます・・・。

な、なんと正体はサメでございます。
一字違いではありますが、本命ではございません(^_^;)

IMGP6187.jpg

するとボートが根の上を通ったのか
私に20センチ後半のクロゾイと

船長に35センチほどのクロゾイがヒットします。

IMGP6188.jpg


ルアーも今回は3種ほど用意してたので、
くるくるサーモン55gにチェンジしてみます。

反応ありませんね~。

そしてよりシルエットの細いサーモンブラー
オレンジの60gにタコベイト1.5号に

ショートバイトでもフッキングしやすい
段差フックに変えて数投目・・・

ボトム意識して流して
ゆーくりリーリーングしてると・・・。

「ゴン!」きましたぁ~

これ重いです~、多分鮭です~

感覚ですが中層ぐらいのヒットでございます。

必死で巻き取り鮭が見えます!おー鮭だわ~~
船長タモお願いします!

やったーメスの鮭だ~、しかもかなり大型です。
後でサイズ測ったら85センチありました。

IMGP6189.jpg

イクラだけでも700gも入ってましたよ!

つ、ついに連敗脱出でございます。

よし、群れがいるはずだ!
続けてやれば釣れるはずです。

船長、私もすぐにルアー入れますが
次がヒットしませんね・・・。

ボートも大きく岸側に流されて
かなり水深の浅いところに移動してます。

戻ろうとしてると空からポツリポツリと
雨が降ってきます。

あれ~予報では夕方からだったのにな・・・。

するとほぼ土砂降りに近い感じでございます(^_^;)

止めましょうか・・・。

まあ私は一匹釣れましたが
船長釣れてないので、もう少し粘ります??

結局、小降りになって
もう一度竿出そうかとなりましたが

再び土砂降りになって残り一時間半程残して
終漁でございます。

2、3本釣りたかったな~
ただ、一匹釣れて様子も分かったし

跳ねも無くても居るのは分かりましたから、
次に活かせる釣りになったかなと思いますね。

IMGP6192.jpg

IMGP6193.jpg

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: 釣り    ボート 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ