需要

もう、我慢の限界!ソイ釣りに行きターイ。

IMGP0440.jpg

考えてみれば、春ののっこみシーズンは
ソイ狙いに行ってたものの、食べごろサイズの

ソイって釣ってないんですよね(^_^;)

40センチクラス一匹釣って終了みたいな・・・。

ソイ釣りたい!いやいやソイ食べたい(笑)
衝動に無性にかられ、ソイ狙いに行くことにしました。

しかし10月にもなろうとしてるのに
異常な海水温度の高さでございますね。

積丹あたりで23、24度、平年差4度ほど高いです。
この高水温じゃ釣れないべな・・・。



snap20120930124023.jpg
▲9月29日現在の海水温度

snap20120930124029.jpg
▲こちらは平年の海水温度差

と考えるも、アクアパッツァ食いてぇしな~。

当初はゴマ含有率が少ない噴火湾の太平洋方面
目論むも台風の影響で波風が少し高めな感じ。

日本海方面なら沿岸は波が無さそうでございますね。
ならば、日本海方面に限られますが、

ゴマが少ない磯にでも行って釣ろうかなと考えます。

どうせ行くんなら波もないことだし
行ったことない磯にでも入るべがなと、

COASTGUIDEや海釣り北海道とにらめっこです。

積丹方面か寿都、島牧あたりに狙いを定めます。

弁慶茶屋・軍艦岩が目に止まります。

砂地でドン深、マガレイやクロガシラなど・・・
ガイド読むとカレイ場みたいです。

入口は4mの断崖を登らなければならない・・・

なんかそそりますね(笑)

ヒラメも狙えるんじゃね?
弁慶も近いしブリの回遊もあるんじゃね?

ルートも海岸線まで車で行けるみたいです。

IMGP0448.jpg


よし、きーめた!

が、夜の磯はこえーしな~(笑)。

そこで土曜の朝になってから同行者を探すべく
数人にメール出すも、全て用事がありNGでございます。

すると電話がなりました。画面を見ると「しげさん」の文字が。

Twitterにつぶやいていたのを見ていたらしく、
自分も二連休だったので釣りに行く先を探していたとのこと。

ラッキー!弁慶茶屋・軍艦岩に行きませんかと
お誘いし、一緒に行くことになりました。

考えてみれば、知り合ってから相当長いものの
釣り場では何度か一緒になったことはありますが

一緒に行くの初めてのような気がします。

どっちみち一人でも行く覚悟で居ましたので
しげさんならかなり心強いです。

タバコの関係でしげさんの車で行くことにしたのですが、
道中21キロオーバーで捕まるハプニングも

ありましたが、片道3時間強の道のりが
釣りの話などしてるとあっという間に到着でございます。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

今週は何とかブリジギング決行

IMGP0426.jpg


先週の美ぶりジギングは
微妙な波風で中止となってしまいました。

そこで今週こそは長期予報で何とか行けそうな
感じだったので、再び船長にお願いして決行してまいりました。

今回はAKB58さんとy旦那さんが乗船して再び
小樽マリーナより無線灯沖目指します。

波こそ50センチ以下とは言え海に出ると
分からないものですね。

風波が少々ありますが走行には問題なさそうです。

一時間半ほどで積丹岬の通称無線灯沖に到着です。

積丹沖に着いてみると途中の海とは違い、
風もなくベタナギ状態です。

遊漁船やプレジャーボートも多数おります。

早速、ジギング開始です。

IMGP0424.jpg


新調したシマノジョグブロスでワンピッチジャーク繰り返します。
やっぱり連続は腕に負担が掛かるので休み休みですね。

ジギング初体験でこの日のためにロッドとリール
同じく新調したAKB58さんも開始早々リバースしたものの(笑)

元気に振り始めましたが、
やはり繰り返し振るロッドとリール操作に休み休みの状況です。

天気も良くて波もなく、とっても気持ちいいのですが、
前回のうようにうまくいきませんね・・・。

4人ともまったく反応ありません。

周りの遊漁船やプレジャーも釣れてる様子ございません。

そこで船長の提案で神威美岬まで移動することにします。
途中、雨雲の下を通過すると土砂降りの雨が降ってきます。

海の上に居ると平らなので雲の形がよく見えます。

まだ、真夏特有の入道雲が多く見られますね。

30分ほどで神威岬まで移動すると、越えたあたりに
再びプレジャーの集団が見えます。

水深50m程のところで再び開始です。
こちらでも中々反応ありませぬ・・・。

ボートを少しづつ移動させてポイント変えますがダメです。
そこで船長が以前に実績があった神威岬の

ちょうど沖側へ移動します。

するとまもなく一人電動リールの船長にようやく
一匹ブリがかかります。

続けて大きめのアブラコが同じく船長に掛かります。

根があるポイントなので岩鬼にワームをセットして
落とすもまったく反応なく・・・。

再びブリジギングに戻すもやはり反応無しでございます。

するとy旦那さんが「キター」と声が上がります。
しかし何か手応えが違ったようで、同じくアブラコでございました。

1IMGP0428.jpg


最近は遊魚の情報もパッとしてなかったので
やはり同じような状況ですね。

時間帯も最近は11時ぐらいがいいのではとの話もあって、
再び無線灯沖まで戻りますが状況は同じ。

最後に戻りながらほろ幌武意漁港の近くの海岸で
ヒラメやらソイを狙うも反応なく・・・。

帰りに小樽周辺でヒラメ狙ってから帰ろうと言うことに
しますが近づくと雨雲が見え出し、土砂降りになったため

戻ることに。結局船中一匹の貧果で終漁でございます。

これからはしける日が多くなるので小樽からの
移動は厳しくなるでしょうね。

ブリジギング最後かな・・・。ロッド買っちゃったしな・・・。

ヒラメもやりたいし、やはりショアに戻るか・・・。

[edit]

PAGE TOP

シマノジョグブロスS605購入しました。

IMGP0410.jpg
▲ツーピースなんですね。

今年の天気はおかしいですね。
9月中旬だというのに30度に迫る気温ですから。

とにかく日中、暑いこと暑いこと。
バテバテですね。

ショアブリも中々釣れなくて、
「ブリ釣りてぇ~」いやいや「ブリ喰いてぇ~」(笑)

と考えておりました。

何回通っても一匹釣れるか釣れないかがやっとの
ショアブリなら、もう一回ぐらいボートで

ブリジギングやってみたいなと。
ショアにそんなにこだわっていた訳ではないですが、

困難な釣り物を開拓してみたい一心で、
ヒラメやらジョアブリに挑戦していましたが、

やっぱり釣れないより、釣れるに越したことないですからね。

そこで明日、再びアーティクル号の
船長にお願いしてブリジギングに行く予定でございます。

で、やっぱ自分のロッド欲しいよな~

買っちゃいました。シマノジョグブロスS605。

とても高価なダイワのソルティガあたりは無理だし、
Yahooオークションで探しても

間に合いそうになかったので、
シマノとダイワのカタログにらめっこしながら

よさげなのを物色しておりました。

ネットで販売価格も確認しながら気になったのが
シマノジョグブロスでございます。

1万円台ながらKガイドで「がんばロッド」なる
何か意味不明なマークも目にとまり(笑)

IMGP0406.jpg
▲Kガイドです。

調べてみるとシマノが、

『自社工場生産』
『シマノ基準の高品質』
『万全のアフター体制』

上記3つのスローガン?を謳ったシマノの
低価格路線ロッドシリーズの総称だそうです。

釣り入門者に高品質の釣具を敷居を下げて
購入しやすく開発された商品のようですね。

楽天ポイントも貯まってたのもあったので、
即ナチュラムで購入しました!

ところが、新製品のせいなのか11月1日発送の連絡が。

ブリジギングシーズン終わっちゃうべさぁ。

即キャンセルし、アメ漁に行って見るとなんと3本も
在庫があるべさ。

思わずカード払いで購入してしまいました(笑)

IMGP0411.jpg
▲息子を比較対象物にしてみました(笑)

シマノのホームページからのスペックです。

200g前後の大型メタルジグを操作するためのパワーと強度を兼備したアイテム。ロッドパワーを使った豪快なワンピッチジャークから、コンビネーションジャークまで、多種多様なジャークを軽快に演出できます。自慢のパワーは一発でフッキングを成功させ、大型青物をグイグイ寄せることができます。

シマノジョグブロス公式サイト

もう一つ、悩んだのがリールでございます。

前回の釣行時、ダイワのカルディア4000番を使用してたのですが
これが若干こころもとないんですね。

ただ、さすがに年に一回か二回の釣りのために
大枚叩くのもな~

さすがにリールは諦めました。

IMGP0412.jpg
▲ジグも今回はちゃんと購入です。

よし、これで大型ブリはオレのものだ(笑)

[edit]

PAGE TOP

ノースアングラーズ10月号


▲ノースアングラーズ10月号【送料無料】

やはり表紙は淡水に戻りましたね(笑)
スレたカラフトマスをどう釣る?

岡ジグの岡さんがオホーツクへカラフトマス狙いでの記事が
特集されてますね。

先日も新聞に出ていましたが、カラフトマスは例年の
3割ほどしか獲れてないそうですね。

どうりで釣れないはずだ(笑)
カラフトマス釣りを始めた頃を思い出しますが

羅臼のチトライ川河口に背びれがうようよ見えて
泳いでたカラフトマスを思い出します。

その分釣り人もうようよいましたが、
明らかに年々薄くなってるような気がしますね。

鮭も年々遅れ気味の感じもします。
先週も積丹の河川見ながら帰ってきましたが

まったく遡上見られませんでしたからね。

かと思うと、ノースアングラーズにも特集されてますが
ブリが多く釣れてきています。

一昨年の豊漁情報は今のところないようですが、
ブームで狙う人が多くなったので情報が出てきてるだけなのか、

間違いなく北海道日本海周辺多くなってるように思えます。

いつも参考にしてるのがプロショップ川口の余市市場水揚げ情報。

鮭こそ数が獲れだしてるみたいですが、
ブリ、イナダが多く水揚げされてます。

先日も鮭の定置網にマンボウがたくさん入ったりしてました。

明らかに北海道周辺暖流系の魚が増えてますよね。
北海道の本州化が進んできてるように思えます。

海水温度も現在のところ平年よりも2、3度高いって
言うから、今後は益々温暖化傾向が続いて

釣れる魚が変わってくるんでしょうね。
夜釣りのソイも今のところぱったりですからね。



為替のコラム

[edit]

PAGE TOP

ショアブリ、2連続ボーズ!!!

IMGP0397.jpg


どうしても朝まず目に試したく、
昨日行ってまいりました。

さすがに朝まず目のショアブリ狙いだと
お誘いする相手に申し訳ないので単独釣行でしたが

そういえば一人でココに行くの初めてですね。
明るくなってからでしたから怖くはないですが

ちょっと不安でございますね。

駐車場についたのは5時少し前です。
すでに車が3台止まっております。

なんとデリカD5がその内2台。
しかも黒と私と同じ車種に色(笑)

先行者が居ると思われますが、迷わず向かいます。

先端に着いてみると3人がショアブリ狙い真っ最中。

軽く会釈を交わして左側に陣取り、
早速ロッド振ります。

今回は荷物を少しでも減らしたかったので
ライトショアジギでロッド一本、

ジグも30~40gが中心です。

最初はヒラメを意識しつつ、赤のレインダンス34gで
ボトムを取ってからショートピッチジャーク。

少しまいてからストップ。
再びボトム付近を意識しながら巻き巻き。

方向変えて巻き巻き。まぁくんに作ってもらった
まぁジグで巻き巻き。

IMGP0398.jpg


ロングジャークで巻き巻き。じゃがじゃが巻で巻き巻き。

TSジグで巻き巻き。岡ジグで巻き巻き。

まったく釣れませぬ・・・。

思い切ってボトムずるずるやってみますが、
アブラコすら反応なく・・・。

途中、朝飯のパンをかじりながら休憩混じえて
ポイントも大きく変えて見ますが

まったく反応なく・・・飽きました(笑)

IMGP0399.jpg
▲沖にはかなりのプレジャー出てましたね。

2時間ほどで終漁でございます。

帰りは野塚の岬の湯で一番風呂入って疲れを癒やし、
次への英気をやしないました。

かなり気温も暑かったので汗も流してさっぱりです。

さて、来週は3連休。計画的に行きましょう!

IMGP0400.jpg

[edit]

PAGE TOP

日本海、激磯!ブリ&ヒラメ&ソイ狙い!

IMGP0360.jpg


今週末はどうしましょう・・・。

考えてましたが、そういえばまともにソイ釣ってないなと。

ソイの刺身喰いて・・・。

ショァブリもやっておきたいし・・・。

日本海方面ヒラメもそろそろ良いよな~。

などと考えてると全てを満たす場所は日本海方面
磯しかないよな・・・。

島牧方面より何となくクロゴマ含有率少ない
積丹でソイ狙おうかな~。

そうすればブリもヒラメも狙えるところか・・・。
そう考えるとだんだん場所が絞られますね。

最終的には十坊岬か沼前岬。
ブリ&ヒラメは十坊だけどソイなら沼前かなと。

そこで、チーム激磯のk夫婦さんをお誘いし、
沼前岬でブリ&ヒラメ&狙いに決定です。

あくまでも狙いですけどね(笑)
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ