需要

今週こそ笠泊海岸でショアブリ&磯ヒラメ!



今週こそ笠泊海岸でショアブリ&磯ヒラメ!
と考えて再び数人に打診をしておりました。

何せ、「熊出没注意」の看板と暗くなってからの一人の磯は
ちと怖いでございます。

○○さん家族送迎×、▲▲さん用事×、■■さん仕事×。
と、中々都合が合いませんね。

結構、レアな釣りのため行きそうな人も限られます。
そういえば歩いて五分のところに引っ越してこられたK夫婦さん

を思い出し、お誘いしたところ何とか承諾していただけました。
ほっとして二人、笠泊海岸向かいます。

が、小樽、余市と過ぎると風波が立っております。
北風なのは分っていたのですが、波の予報も小さかったので

今日こそ行けるだろうと思ってたのですが怪しい雰囲気です。

一応、島武意海岸の展望台から様子見ますが風も強く、波もあり
釣り場に行くのは無理でございますね。


▲島武意海岸、立ち入り禁止!

しょうがないのでポイント探し積丹半島をぐるっと回ることに。

北風の風波だったのでおそらく西積丹側は波が死んでるはずです。
案の定、神威岬を過ぎたところで、驚くほど波が収まってます。

そこでアキアジ場、西の河原で車止めて海岸の様子見ますが
ここでは風は無いものの波は多少残ってます。

さらに南下すると神恵内村は別世界でございます。
波風まったくございません。

以前より磯ヒラメの候補と考えていた祈石海岸でロッド出す事にします。
兜の千畳敷でもブリの情報聞いたことあるので

まぁ祈石でもブリ、ヒラメ居るでしょう!



ダイワ TG BAIT関連商品
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

そろそろ噴火湾秋のヒラメ爆発か?


気象庁 | 海水温・海流のデータ 日本近海 日別海面水温
見ると今年の海水温度は平年より3度ほど高いですね。

鮭も2週間ほど遅れてるそうですから、
秋のヒラメシーズンも遅れるのは間違い無さそうです。

昨年は9月の3週目に70センチのヒラメ釣ったのですが、
上記の海水温度で昨年の9月22日の海水温度見てみると、

下手すると5度近く高い感じでございます。

この調子だと本格的には10月に入らないと秋ヒラメシーズン
になりそうにない感じですが、情報が出た頃には時遅しなんですね。

そんな事を考えているとカオリクさんより釣りに行きますとのメールが。

平日休みのお仕事されてますが、ちょうど秋分の日に重なっていたので
めったにない機会と思い、同行させていただくことにしました。

どこに行くかはっきり決めてなかったようですが、
天気見ると日本海は波風、共に強そうな感じです。

唯一、噴火湾方面が北風で波も無く、よさげな感じです。

そこで、ブリも再度行きたかったのですが、ちと早そうな感じですが
伊達漁港に秋ヒラメ調査に行く事にいたしました。




▲モアザン106MHXこれ欲しいです・・・。

モアザン関連商品
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

今週もショアブリゲット!


▲弁慶岬到着!だ、誰も居ない・・・。

今週もショアブリゲット出来ました!

弁慶岬で釣れる話もちらほら聞いておりました。
さらにヒラメも釣れたというじゃないですか!

磯ヒラメ&ショアブリを短期課題にしていた私としましては
行かざるを得ないですね?。

世間的にはシルバーウィーク3連休でございましたが、
私的には諸事情も重なって、先週末の釣りは土曜の朝まず目

ワンチャンスでございました。

波の予報は低いものの回復傾向だったので、弁慶岬だと
うねりかなり残っておりました。

先端は波かぶりでしたね。なんとか波がかぶらない
所を高台の上から確認しながらポイント決めます。

風も背後から弱めに吹いておりと何とか大丈夫そうでしたが、
磯場に下りてみると、潮の流れは右から左に。

風は海岸に下りてみると意外に強いんですね。

この風ならヘビージグじゃないと飛びそうにありません。
したがってコルトスナイパーのみで狙います。

まずはピーボーイジグ50gで探ってみます。
やはり風が強く、思ったほど距離は出ませんね。

また、ルアーの形状敵に風が強い時や、投げ損じで
ルアーがまっすぐ飛んでいかないときは明らかに距離はでません。

風が強い時だと形が小さいのが良い感じですね。

今回はダイワのMMジグ80gも試してみますが、
そんなに重的な負担感じませんが、形状的に風があると厳しい感じです。

ピーボーイジグ50gグリーン、MMジグ80gマイワシ、室蘭の
ボートフィッシングで釣れた60g赤の名前が分らないジグ(笑)

の三つをローテーションさせてると、

MMジグ80gマイワシをしゃくっていると、「ここっ」とあたりが!

その直後、ロッドに重みを感じました。










「のった!」

先週より明らかに重いです。打ち寄せてくる波に注意を払いながら
巻き上げ、波間に魚影が見えました!

「やったブリだ!」

タモを持参してなかったので、寄せ波に乗せて磯へ引きづり上げます。

どうりで重いはずです。尾びれ付近にスレ掛りでございました(笑)



それでも弁慶岬に居たのがわかっただけでも収穫です。
図ると34センチのイナダ一歩手前サイズでしょうか。

お持ち帰りしたかったのですが、諸般の事情によりリリースでございます。

その後、60g赤ジグ、根掛でロスト、気の緩みでピーボーイジグ50g
を投げた瞬間、ベールが帰ってしまい高切れでロスト。

イタタタ・・・。ですね。

やはり弁慶は場所により根掛りしますね。

時間的な事情もあり一時間半程で終了しましたが、
狙って再び釣れたので、収穫でしたね。

新しい釣りジャンル開拓できてうれしゅうございます。

あとはお持ち帰りで食べれるサイズ再び釣りたいですね。

今週末はヒラメ噴火湾爆そろそろか、あるいは日本海磯ヒラメか、
ショアブリも再びやりたいしな?。

迷うところでございます。



MMジグ関連商品

[edit]

PAGE TOP

ショアジギでヒラメ&ブリ狙い!



今週こそ笠泊海岸でショアジギでヒラメ&ブリ狙い!

と思ったのですが、数人、お声掛けするも、用事や腰痛?
で参加不可能と言う事で、一人で行く事に。

一人は山歩きが入る笠泊海岸は熊が怖いのでアキアジ場に
入釣する事にします。

ここならゴロタでいきなり海岸なので熊の心配もありません。
幸い波の予報も1m。風も出し風で2?3mと釣り条件的にも問題ななさそうですね。

さ?て、今週こそ磯ヒラメ、間違ってブリ釣ったるで!



天然ブリ関連商品
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

イカジグ作成



イカジグ作成しました。

ノースアングラーズにイカの記事と共にイカジグの作り方出てましたね。

春のイカシーズンは終了しましたが、秋に再びシーズンが来ます。
ワームメソッドなどエサ釣り意外で、手軽に釣れないものかと

試行錯誤重ね簡単に作れるイカ釣りメソッド試しましたが
不利なのは、最近のウキ釣りなどは、ハンマーフロートなのか

分りませんが、小樽南防波堤あたりだと、ウキをメッチャ飛ばして
遠くでヒットさせるパターンなんですね。

岩内の沖防波堤みたく近くにたくさんイカが居ればいいのですが
ワームメソッドなどは、意外に遠投出来なくて不利なんですね。

そこで発見したのが、「イカジグ」ならぬ自作でイカ釣り用の
ジグをこしらえると言うものです。

ノースアングラーズ見ながら道具購入して作りました(笑)

ジグはちょうど函館で寄ったインパクトで買った岡ジグのグローピンク。
夜光だしちょうどいいです。

そしてワイヤーと夜光パイプ、イカ釣り用の針でカンナですね。

ジグのテールのアイをワイヤーの8mm通して、なるべく細く
つぶして、カンナが根元まで通りやすくします。





実は、アメ漁で10mmのワイヤー買って来たのですが、
太すぎて夜にフィッシュランドで8mm購入してきました。

今回はフッキング率を高めるのにカンナを二つにします。





夜光パイプも通しますが、あまり意味ないような気もします。
最後にワイヤー戻してカンナの方に折り返します。

ハイ出来上がり!



活躍する場面、あるのかな・・・。(笑)

[edit]

PAGE TOP

ショアジギを試してみたかった場所


▲まだまだ暑いですが秋の雲ですね。

ショアジギを試してみたかった場所があったんですね。

ヒラメメインに間違ってブリなんぞ釣れれば最高ですが、
ヒラメを考えると基本的には砂地になります。

砂地じゃなくても生息はしてると思いますが。
ただし基本は砂地だと思います。

そこで考えられるのは同じ砂地に生息しているカレイが
釣れるポイントなら可能性高いのではないかと思い

ずっ?と思っていたのが、西の河原とアキアジ場なんです。

両者とも春のカレイ釣りは一級ポイント。
アキアジ場はポイントも広く、再奥地は小川の流入もあります。

西の河原はポイントこそ狭いものの、春にカレイ釣りの
外道でヒラメが釣れたと話題になってましたね。

アキアジ場こそ数年前の夏ぐらいに夜釣りで入ったところ
ひらきんさんがソゲでしたが上げてます。

得意の島武意海岸でもヒラメやブリの情報もありますが
かなり遠くまで飛ばさないと根掛り必至でございます。

何よりも山道を一人で歩くのも怖く、熊にでも遭遇したら大変です。

ようやく週末の天気と波風が収まったので、あれこれと
思案した結果、西の河原でショアジギチャレンジしてきました。



コルトスナイパー関連商品
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

カラフトマス料理



カラフトマス料理もマンネリなのでカミサンと相談しました。

カラフトマスは臭みが多いので味噌味が基本かな。
チャンチャン焼きしかりですが、濃い味付けで頂いた方が良いです。


▲カラフトマスが見えないチャンチャン焼き(笑)

そこで考えたのがカラフトマスの味噌マヨネーズ焼きです。
これははまりました(笑)

あ、もちろんいくら丼は毎日食べてます。

アルミにカラフトマスの切り身載せて、味噌とマヨネーズで
魚焼き器で焼くだけです。仕上げはネギ載せます。

他にも白子は唐揚げに。そしてアラ汁も作りましたがやっぱ臭み強いですね。





最後に知床半島ボートで帰る模様の動画です。
ボートの音が大きいのでMC入れてません。あしからず・・・。




▲カラフトマスよりオホーツクサーモンの名称が全国区ですね。

カラフトマス関連商品

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ