需要

茨戸川ワカサギ釣り下見詳細



本日、来週のhojo家との恒例ワカサギ釣りの下見と言うことで、いつもの茨戸川の教育大裏にワカサギのチョイ釣りに行ってきました。
暖冬なので一番気になっていたのは氷の厚さなんですね。駐車スペースについてみると確かに雪は少ないんですが、雪ががちがちです。

午後の2時過ぎに付いたのでさすがにワカサギ釣りの釣り人少なかったです。車が数台です。
もともとこの場所は釣り人少ないですから。午後ならなおさらですね。雪が無くて、改めて川までの道のりがどんなのだか分かりますね。

↓ワカサギの煮干し





-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

ワカサギ釣り(下見)

茨戸川でワカサギ釣り中。時間帯悪いせいかあたり遠いっす。

[edit]

PAGE TOP

ニシン釣りの話題(し、しつこいですが・・。)


△ニシンの値段昨年の半値以下だそうです。


△ニシンそば用ニシンです。

ニシン漁が釣りに与える関係を知りたくてしつこいですが(笑)

ニシンは幻の魚といわれ、北海道の日本海沿岸では昔当たり前に採れていました。
が、乱獲が影響か何かは分かりませんが、資源が激減。

漁業者が放流事業で懸命にさらなる岸よりをこめて活動していました。

それが実ったかどうか分かりませんが、今年が異常に採れてるんですね。
釣りとの関係で、そんな魚なもので解禁日が10日だったそうです。

なので、その前は網が入ってないので釣れるし、その後は網のおかげで
魚は居るのに釣れないというロジックですね。

なので、来年も同じ状況だったとしたら、解禁日前なら大漁と言うことです( ̄ー ̄+キラーン


今でも釣れてるのかな?。



以下、yahooニュースフジテレビからの引用です。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20090129/20090129-00000413-fnn-bus_all.html

水揚げが激減していたニシンが大豊漁 2009年の漁獲量はすでに2008年に迫る勢い

1950年代後半に入り水揚げが激減、幻の魚とも呼ばれていたニシンが、ここ数年、漁場に再び姿を見せ始めた。
29日朝、小樽市の卸売市場に競りに並んだのは、およそ2,000箱。
ニシン漁は、1月10日に解禁されたばかりだが、すでに2008年の漁獲量に迫る勢いだという。
競りに来た人は「(去年より)多いです。(今の時点で)多いですね。こないだは6,000箱くらいありました」と話していた。
一方、小売店でも「ことしは200円。(去年だと)1本400?500円だった。半値ぐらいですね」と話していた。
ニシンが再び捕れ始めた理由について、道立稚内水産試験場の高柳志朗部長は「(放流事業だけでなく)水温が低いと生き残りがよくなるという傾向があります。稚魚が食べる餌が、近年、水温が低いということと関連して、非常に増えている。ふ化の時期と、餌となるプランクトンの発生時期がうまくあたった」と話した。


テクノラティプロフィール

[edit]

PAGE TOP

小樽でニシン漁、出だし好調!

本日の北海道新聞夕刊によると小樽沿岸のニシンが好漁だそうです。
出だし好調とのことなので。これからが旬。
まだ釣れるよね。


↓↓↓ニシンの切り込み、なまらうまそー



ニシン関連商品はこちらです!

[edit]

PAGE TOP

釣具が意外に豊富、万代手稲店

ロックフィッシュボトム、ロックスィーパーたくさんありました!
二十四時間営業でルアーやソフトルアーも豊富なので便利ですよ!

認知症 予防
認知症 予防 食事
脳梗塞 予防
脳梗塞 予防法
水素水 癌

[edit]

PAGE TOP

ニシン釣り最終章(たぶん)



またまたまた小樽港は色内埠頭でのニシン釣りです。ニシンは北海道を代表する“春告魚”なんて言われてますが、ニシン漁で冬が明け、春の訪れを感じたところから、春告魚と呼ばれていたそうですね。

先日も北海道新聞の一面に石狩で20?30センチのニシン漁が行われてる記事が、春告魚と言うことで紹介されていました。

ここ小樽のニシン釣りは、しいて言えば“冬告魚”といってもいいのではないでしょうか。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

三種の神器

ニシン釣りの三種の神器。集漁板、ルミコ、点滅水中ライト(^^)v

[edit]

PAGE TOP

本日の噴火湾の波

かなりうねりが高いです。釣りはできそうにないですね。写真は大岸のキャンプ場付近です。

[edit]

PAGE TOP

ニシン釣りに備える

本日、コマセ購入。明後日まで自然解凍だ(^^)v


骨粗鬆症 予防法 高齢者
骨粗鬆症 予防
水素水 認知症

[edit]

PAGE TOP

アメマス釣りに備える

先日、余市のホームセンターで買ったジグにフック揃えました。
明日は新太郎さんとニシンリベンジ準備しなきゃ。

[edit]

PAGE TOP

居ない事はないのだが・・・(再びニシン釣り)



今週末はどこに釣りに行こうか迷った挙句、

・お正月からお金を使いすぎ金欠。
・30センチニシンの引き味が意外に楽しかった。
・アメマスサクラマスはチャンスはまだある。
・コマイは今年は薄いようだし。
・苫小牧のマイワシもムラが大きいと聞いていた。

などの理由から小樽の巨大ニシン釣りに再度行くことにしました。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

巨大ニシン爆釣!


△釣れました。巨大ニシン。

昨日たなさなんから小樽港でのニシン爆釣の結果を聞きいてもたってもいられませんでした(笑)

この3連休前半はアメマス・サクラマス狙いで島牧方面遠征、後半は近場の小樽港でコマイリベンジと思ってましたが、あそこまで釣れてるなら確実に小樽港でニシン釣りにせざるおないですね。

そこで釣り行脚から帰ってきていたhojoさんと12日夕方小樽港で待ち合わせて巨大ニシン狙いです。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

アメマス・サクラマス釣り!


△須築川河口海岸

島牧方面へアメマス、サクラマスの調査に行ってまいりました。釣り新聞北海道を見ると早くもサクラマスが道南方面で上がったとの情報が乱舞しております。

さらにサクラマス情報と言うことでめぼしいポイント紹介も。割と道南方面が中心になってるため、この冬だと札幌からは行くのも結構大変かと思います。

そんな時、コマイリベンジを考えていたところに、ダンディ髭おじさんから「サクラマス釣りに行かない?」とお誘い。コマイかサクラマス、アメマスかでぐらっときたわけですが、

そっか、両方行けばいいや、みたいな。3連休だし。みたいな。

しかし、天候が気になります。この3連休は道内大荒れの予報です。しかし土曜の早朝なら南からの風だし、波も無さそうな感じです。

ならば、この際、アメマス・サクラマスは土曜日の早朝に島牧方面。コマイは12日の夕まず目あたりで、カミサンの許しが出れば大丈夫かなと。

12日はまだ打診してませんが(笑)

と言うわけで土曜日の3時半、ダンディ髭おじさんと待ち合わせて島牧方面出発です。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

アブラコとハゴトコの簡単な見分け方


△アブラコの尾びれ


△ハゴトコの尾びれ

北海道の釣り対処魚のアブラコ(和名アイナメ)は日本全国に置いて生息してるのですが、特に北海道でのアブラコは巨大に成長するんですね。

名古屋によく出張に行くのですが、駅前の近くのビルの谷間に不似合いな市場があって、そこでアブラコ(アイナメ)が売れれているんですね。普通に20センチぐらいですから。

50アップはまず北海道の釣りでは釣れるし、時には60アップも出てきます。なぜ北海道ではアブラコが成長するのかよく分かりませんが、その巨大さゆえに釣りの対象魚としては人気の釣り物なのです。

ところで、本日知り合いのMカフェにランチを食べに行ったところ、ハゴトコと見分け方教えてくださいとのことだったので、ここに紹介します。

アブラコ、尾びれが一直線。ハゴトコ扇状になってます。これが一番簡単な見分け方ですね。

Mさん分かりましたかね。

[edit]

PAGE TOP

新年初釣り


△日高方面ほぼ雪ありません。

新年初釣りはコマイを狙うべく画策しておりました。昨年末よりhojoさん、ロックさんととりあえず天候にもよりますが、3日に行こうと約束をしていた訳です。

で、日にちが近づくとこれがバッチリ条件に恵まれ、当初はロックさんが爆釣経験のある、羽幌漁港の西防波堤先端部で狙う話もありましたが、波の高そうだったので日高方面まで遠征します。

『海釣り北海道』(北海道新聞社)を頼りにポイント絞ったのですが、賀張川右岸「カジカコマイの好釣り場として知られ・・・」なるくだりに引かれ、両方釣りたかったものですから、近いこともあり行ってみることにしました。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

サケ漁:不振のまま終漁



あけましておめでとうございます。と二日になってしましましたが・・・。

今年も羅臼のカラフトマスつ釣りでお世話になってる民宿「本間」さんから写真が届きました。今年は初日の出拝めなかったそうですが、羅臼のしおかぜ公園から国後の日の出を撮影したものだそうです。

昨年のサケ全体的に釣れてないのは釣り人なら承知の事実なのですが、具体的な数字が出てきました。12月31日の毎日新聞に「道内河川の捕獲量は前年の66.5% /北海道」なる記事が。

前年のたった6割しか取れてなかったそうです。しかも檜山、後志、石狩管内の河川においては、8万8723匹で昨年の52・2%しか取れなかったそうです。相当不漁の年だったようですね。

通りで釣れないわけです。

話は飛びますが正月休みもようやく後半で天気が落ち着き釣り日和になってきそうです。後半は以前から約束してあった、コマイ狙いの予定ですが、ポイントが絞りきれない。

当初予定は羽幌漁港ですが波の感じだと北の日本海方面は波が多少ありそうですね?。

噴火湾、太平洋方面はバッチリみたいです。向こうならカジカも交じるしね。日高あたりでどうかな。賀張川右岸とか、どうでしょうね。

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ