需要

室蘭沖防波堤謎の生物



ようやく動画アップロードできました。システムが変わって前のように動画をアップロードしたくても出来なかったんです。クイックタイムムービーの新しいのに入ったりしたのですが、北国TVの説明も読んだりしたのですがだめでした。

それならばとYou Tubeも日本語サイトオープンしたので早速、室蘭沖防波堤で、誰が釣ったか忘れましたが、気持ち悪い生き物の動画アップロードしました。

なんか直径10センチぐらいのホヤみたいなのに、糸ミミズ見たいのが無数に付いてうようよしてるんです。すでにyasuさんのところでアップされてたらすいません。

なんじゃこりゃーきも過ぎます!
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

利尻島釣行記!



かねてより予定をしていた離島で釣りをしてまいりました。当初は奥尻島へ行こうと計画を立てていましたが、時期がのびのびになってしまったため、時期的なことを考えて利尻島と相成りました。

まずは行くに当たって情報収集からです。利尻島のイメージは「大物」「数釣り」「はずれなし」と思ってますが、それでもはじめてのところとなると、必ずはずすのが見えてます。やはり何回か行かないと、ピンポイントまで把握しきれないものです。

そこで、某釣り関係の新聞社に訪問して、聞いてみました。すると2002年の同じぐらいの時期に取材記者が自ら釣りをして、山のように魚を釣った紹介記事を教えてもらいました。さらに、稚内は地元の記者さんにも連絡を取っていただき、沓形漁港の穴釣りで50UPのソイが狙えると、情報もいただきました。

もうひとつ、知り合いの利尻島での釣り経験がある、有名釣り師さんに電話で取材。鬼脇漁港の沖防波堤が良いらしいという話も聞きました。しかも渡しの船頭さんの捕まえ方も教えていただきました。(その節はありがとうございました)

いやがおうでも期待は膨らみます!あんまり釣れすぎたら持って帰ってこれないしな、などと要らない心配も脳裏をかすめます。そして今回は久々のS氏とKさんの3人で朝7時50分のフェリーに乗り込みました。


△フェリーから見えた利尻富士です。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

大泉洋夜釣りに挑戦。



大泉洋が夜釣りに挑戦の模様がYouTubeにありました。上の映像は水曜どうでしょうの番組内で放送されたもののようです。時間も9分半ほどでかなり長いですが、結構面白いですよ。オニカサゴが釣れていたので北海道じゃないかもしれませんね。

実はYouTubeの日本語サイトがスタートした模様です。北海道での釣りのコンテンツがまだまだ無いようなので、今度動画を撮ったら投稿してみようかな?。

[edit]

PAGE TOP

クロゾイ釣り堪能!



久々にクロゾイ釣りを堪能できました。今週は沖防波堤シリーズ第2段と言うことで岩内の沖防波堤に渡ってきました。岩内と言えばそう、「ヒラメ」。クロゾイも狙いたかったのですが、ヒラメも狙えるので岩内になりました。

当初は室蘭沖防波堤のリベンジか、もしくは礼文華の沖防波堤とも考えたのいですが、やはりヒラメも釣れる岩内という事に決めた次第でございます。

今週のツアー参加者は岩内ヒラメの帝王「ひらきんさん」と先週も一緒だった「村雅さん」の3名でございます。さて、まさかこれほど爆釣とは思いも寄りませんでした。そして狙いの・・・も?
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

室蘭沖防波堤行ってきました。



考えてみるとこの時期の室蘭沖防波堤は初めてでした。何よりも貴重な釣りシーズンの6月です。ヒラメ開幕、磯も行きたい、クロゾイもまだ釣り足りないと、優先順位を考えると室蘭の沖防波堤に気持ちは傾いていました。

やはりいつものように皆さんでわいわい行ったほうが楽しいし、人数揃わないと渡してくんないのよね?。そこで、スケジュールと期待値とがバッチシ合致した、村雅さん、やっちゃん76さん
yasuさんとyasuさんの彼女の4名が快く承諾いただき決行となりました。

期待してたのは、もしや太平洋ならばまだ、のっ込みのソイが残ってるかも、苫小牧沖防波堤の再来なるかも、と言うのを期待しておりました。結果はいかに・・・。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

買いだめしてきました。



先週、少しパルスワームを買いだめしておきました。アメ漁に週の初めに行くと、カラーも結構あったのですが、昨日はすでにパルスもホッグも赤は無くなってました。

ホッグの赤を買って置こうと思ったのですが、やはり人気カラーですね。で、このパルスとホッグで今晩は室蘭沖防波堤出撃です。そういえばこの時期一度も室蘭の沖防波堤に渡ったこと無かったんですよね。

なんやかんやと春シーズンは釣りモノ多いですから、行く機会無かったんですね。苫小牧の沖防波堤に渡れなくなってから、この時期こそ太平洋大型のっ込みクロゾイを、と考えていながらタイミング逃してたわけです。

ちょっと気になり過去の釣り新データ調べると、ありましたね。2002年5月24日朝の5時頃56.5センチが渡しの南防波堤で釣れてます。苫小牧沖防波堤でも6月15日にパワーオーシャンカップで田辺哲夫が55センチ上げてますからね。その数週間後にも後も58センチが上がってましたからね。

たぶん室蘭の沖防波堤の場合夜中迎えに来てくれないのであまり皆さん行かないのでしょうね。なもんで、実は寝ないで朝までの釣行なんですね。体力大丈夫だろうか。しかしそれより時間も長いので期待に胸が膨らみますね。

[edit]

PAGE TOP

石狩調査。石狩ヒラメ探検隊。



久々に石狩湾新港探索に行ってきました。そしてヒラメポイントも探すためのロケハンでもあります。本番は日暮れからなので、明るいうちに海の様子や釣り場の様子の確認です。

まずは、しばらく行ってなかった東防波堤に行ってみることに。その前に東埠頭の先端フェンス前を様子見です。釣り人十数名っていったところ。海底の様子を見ると、かなり浅くなってるのには驚きました。

小さな突堤が伸びたせいか、基部で水深1mほどしかないのではないでしょうか。投げ釣りでも厳しいのでは。ここは以前コマイのポイントでもあるし、夜釣りでソイも釣れたんですけどね。

これじゃまったく期待できませんね。そして東埠頭奥の船だまりへ。チカ釣りと思われるファミリーや年配の釣り師が居ましたが、あまり釣れてるようすなしですね。ここは朝市の裏側ですが、網にかかって商品に出来ない小さなヒラメを、荷揚げの前に海に投げちゃうんだとか。





狙えば釣れるかもしれないという話も、ちらほらあるのですが、係留している船が邪魔で釣りにくそうです。東防波堤に向かおうと、東埠頭西側岸壁に向かうロックフィッシュマンっぽい方々発見!

後を追っかけてみると、エギを投げてました。そうだったのか・・・。するとひとかたがすぐに、マメイカらしきイカを掛けてました。ここも意外に防波堤で釣り出来るところが狭く、何となく釣れなさそうです。

そこで、今回本命にしていた東防波堤に向かいました。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ