需要

今年1年ありがとうございました。

天売夕日.JPG
▲2002年9月21日天売島ババ岩海岸に沈む夕日

ブログをはじめて1年以上が過ぎました。はじめは誰か見に来てくれるのだろうかと心配してましたが、カウンターを付けてみてビックリ。

思えばtukatukaさんのブログとリンクはじめたあたりから一気にカキコんでくれる方も増えていったかと思います。それと北国TVさんのトップにも紹介していただけている(すいませんモデレーターとしてあまり仕事してませんが)

の影響が大きいかとも思います。その後、ひとしさんなどが同じ北国TVでブログはじめたりして、同じ「釣り」の情報発信者同士でコミュニティが出来てきたのかなと思います。

この1年ありがとうございました。来年はヒラメのメーターオーバーやソイの50オーバーなどなど、目標に、あくまでも目標ね!釣道に精進して行く所存です。なんてね。

しかし私のスタンスは釣りを楽しむのはもとより釣りを通して、様々な北海道の地域にふれあって、北海道をより楽しむ所にありますので、来年もまた相変わらずのペースで行こうと思ってます。

でも、大きいのは釣りたいね。
スポンサーサイト

[edit]

PAGE TOP

コマイ狙いで遠別まで遠征だ!

PICT0895.JPG

PICT0877.JPG

今朝から年賀状の作成であたふてしてて、昨日遠別漁港に行ったきたエントリーを早く書こう書こうと思ってたのですが、やっとの思いで年賀状も終わり、さてとブログ書こうかなと思いやっと21時過ぎに着手しはじめました。

しかし以前から北国TVで音声画像ファイルもアップロードできるサービスをはじめたので、何とか釣りに行った模様を画像ファイルにして公開できれば、よりリアルな情報が公開できるだろうなと思ってたところでした。幸い私のデジカメには動画も撮れる機能が付いているので今回の遠別遠征を動画に撮ろうと考えていました。

ところがQuickTimePlayerで保存できるのですが、MP4形式に変換するのがしばらく分からず、htmlで悪戦苦闘を試すも結局難航し、やっとの思いでアップロード出来ましたので見てください。いや、絶対見て感想書いてくれ、と言う心境です。(笑)
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

今、遠別向かっています。

01.jpg

少し波高い程度。風弱いのがうれしいですね。ただし気温がマイナス9度だって(*_*)

[edit]

PAGE TOP

ちょうど食べ頃です!

PICT0869.JPG

先週の土曜日にソウハチ釣ってきてベランダで干してました。ただ一つ難点が、マンションの1階なもので、朝起きると干し網の回りの雪の上は猫の足跡オンパレードです(笑)

でも、本日、会社帰ってきて干し加減みると表面が乾いて、油がもう少しでのってきそうな感じでした。明日か明々後日ぐらい食べ頃です。

あー夕飯が楽しみだす。

[edit]

PAGE TOP

狙いのソウハチ、ホッケ、ゲット出来ました。

PICT0853.JPG

17日、昨年に引き続き江差港でソウハチを狙いまずまずの釣果を上げることが出来た。すでに岸よりの情報があったが週末になると天気が悪く、

釣りが出来るようにと天候をにらみながら曜日を選定した。札幌出発は16日の2時。現地は7時に到着。かもめ島基部に駐車をすると車が3台で先客は意外と少ない。

遊歩道を歩き西防波堤を目指す。先端曲がり角付近に釣り座を構えた。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

今週末の釣り場予測

PB130095.JPG
▲2004年11月13日の釣果

冬らしくなり天候も安定しない日々が続きますね。西風が吹いても比較的波が立たないY市港あたりが今週狙い目かもしれません。

釣り新聞データベース見ると、2000年12月17日南防の夜釣りで20?27センチが3匹釣れたデータがあります。

また2002年12月15日は南防波堤先端階段の下で5時?5時40分の短時間に20?23センチがt5匹釣れたデータもあります。積丹半島の東積丹側の各漁港は比較的西風に強いわけです。

データこそ無いが美国漁港や古平漁港でも狙えるはずです。寒さが厳しくなるとクロゾイもだんだんと釣れなくなるが東積丹側の各漁港は別格のようです。

今週は遠征しようと思ったのですが猛吹雪みたいですね。遠征止めてソイかホッケにしようかなぁ。

[edit]

PAGE TOP

クロゾイ世界新記録!

世界新記録.jpg

なんだこのクロゾイは!驚愕の大きさだ!
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

アブラコの習性

PICT0671 .jpg

先日来から気になってて、書こう書こうと思ってたネタなんです。アブラコの習性の話です。アブラコの正式名称はカサゴ目アイナメ科の「アイナメ」が標準和名です。

ホッケも同じくカサゴ目アイナメ科なんです。ホッケでは知っていたのですが同じ目、科であるのでやはり同じなのでしょうが、雌が卵を産んで雄が1ヶ月程新鮮な海水を口やヒレで送って世話をしながら守り続けるようです。雌は生んだら居なくなるようです。あー人間でよかった(笑)

これは良いのですが、積丹や噴火湾で釣ったアブラコの胃袋に、なんですが、卵が入ってたんです。いつも食べる分だけ持って帰って捌くときに必ず胃袋の中身チェックします。

そこで色々調べるとアブラコには他の個体の卵を食べる習性があるんですね。同種であっても、未成魚や雌、また他の卵を守っているオスが卵塊を襲うみたいです。

胃袋から出てくるのは他の個体のアブラコの卵と言うことになるわけです。種の繁栄を考えるならば、他の動物もいっしょですが、アブラコにしてみれば他のアブラコに襲われず

強い雄によって守られた卵だけが大きくなって成長して、さらにまた同じ行為が繰り返され、種として強いものだけが生き残っていくと言う事ですね。生命の神秘というか、生物が生き残って行くための法則なんでしょうね。

[edit]

PAGE TOP

抱卵ボッケどご行ったー!

PICT0820.JPG

今週末こそ抱卵ボッケリベンジと言うことで積丹方面に緊急出動した。事前天気予報では雪マーク&波の高さが3m前後と、先週の教訓もあったので波が収まり天気が少しは良かった日曜日に決行した。

しかし札幌は雪も少なく天気。波が高い予報だったが、もしかしたら冬の天気予報は外れやすいので、裏積丹に着いてみて波がなければ兜千畳敷あたりでやってみようと言うことになった。

しかし。やはりうねりがかなり高い。そこで漁港しかないだろうと言うことで、泊村の盃漁港でやることのした。朝の7時頃漁港着。なんだこの活気のない風景は。
-- 続きを読む --

[edit]

PAGE TOP

アメ漁でロックフィッシュ地獄買いました。

ロックフィッシュ地獄.JPG

地獄ヒラメ.JPG


今日、仕事でマンションモデルルームの調査と言うことで札幌市内のとある区のモデル、子連れ狼で見てきました。そしてその帰りに明日のホッケリベンジツアーのコマセ買うためにアメ漁寄りました。

パルス無かったですね。ホッグの新カラーソルト版はありましたが。瑞宝社のはめっけもんでしたかね。明日のホッケで試すにはちょっともったいないような・・・。

そこで2階のお会計通過しようと思ったら「ロックフィッシュ地獄」なるタイトルの雑誌が目に留まりました。ぺらぺらめくると、なにやら見たことある人がぽつぽつ。

迷わず買いましたが、この手の雑誌は間違いなく「釣り人社」。写真の大きさと言い、ダイバーによる海中写真と釣りの関係を探るあたりはさすが。切り口も

ワンテーマで全国で切れるのは釣り人社だけでしょう。そこにロックフィッシュではないがヒラメもロックフィッシュと位置づけて紹介している。海の中はサプライズ(驚き)の連続!なるタイトルも目を引く。

ヒラメは産卵期、北海道であれば太平洋、噴火湾で6月位だろうと思われる。その時期は浅瀬の根回りにつくらしい。堤防周辺にもとの事だ。なのでひとし隊長!JR作戦は来年の6月あたりにしませんか?

いまからこんな話をすると鬼が笑いますね。いや、ヒラメに笑われるかも(笑

[edit]

PAGE TOP

パルス買っちゃいました。

PICT0812.JPG

あまりにもひとしさんはじめ、皆さん盛り上がってるので、つい買っちゃいました。いつも札幌の北9西3のクライアントさんの所へ仕事で行くもんですから、

北10西3の瑞宝社に良く行きます。そんで今日なにげに行ってみたら、あ、皆が話題にしているパルスワームがある。ちょっと最近あれもこれもで確証が持てないままワーム使ってますが

流行ものと言う位置づけなら、まだしも「これでどのワームより絶対釣れる!」って保証は無いわけですよ。しかしながらパルスで釣れた、なんて話聞くとワーム袋につい、コレクションとして入ってしまうんです。

しょせんミーハーですから流行ってても買うし、釣れているって聞いても買うし、みたいな・・・。使わないワームが釣り道具の袋にぎっしりです(笑)

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ