需要

樽川埠頭でニシン釣り~。

IMGP5303.jpg
▲カモメが上空で随分飛んでましたね~

今年のニシンはあまりいい話聞きませんよね~

と言うか、行かないから聞かないだけなのかも
知れないんですけどね。

今週も流石にワカサギ釣りは飽きたので、
何か別の釣りにでも行こうかどうか悩んでました・・・。

天気も悪いのでスキーかボードでも行こうかなって
考えていたところ、

土曜日の朝方に嫌がらせな写真付きの
ラインが入ってきました。

早朝だったのでぼーっと眺めると・・・
な、なんと!

ニシンの爆釣写真が送られてきました!

がががΣ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン

ニシンが釣れてる・・・。(^_^;)

すぐさま走ろうかと思いましたが、
既に現場には居ない感じだったので、

取りあえず、朝ゆっくり向かうことにします。

樽川埠頭についたのは朝の9時前です。

IMGP5291.jpg

IMGP5290.jpg

車も少なく釣り人も5名ほどでございますね。

まずは様子見で車から降りて、
釣り人に近づくとバケツに確かにニシンが入ってます。

一服状態で着いた時は釣れてませんでしたが、
のんびり回遊待つことにして準備します。

するとまもなく右端の釣り人に
ニシンが掛かるのが見えます。

IMGP5292.jpg

ぽつーら、ぽつーら釣れてますが、
全て右端の数名のみでございます。

お隣の釣り人と「こっち、来ないね、こっち来ないね」
などと話しながら、

一応、ロッドをしゃくる手は休めず振り続けます。
サビキはケイムラのサバ皮レインボー7号。

するとやっと私にも来ました!しかもダブルで!

よーし、これから数釣りだ!と、意気込みますが、
何せ釣果は単発で、しかも右端の釣り人にしか

釣れないんですね・・・。

しかも時々鯉のぼり状態で、
5匹ほど同時に掛かる時もあるぐらい。

たぶん長竿に自動シャクリ器使用してましたが、
苫小牧のように長竿が有利な感じですね。

私は扱いやすい4mの磯竿使ってたので、
長いの持っていけば良かったです(^_^;)

それでも回遊が来ると右端から次々に釣れだすと、
だんだん左側が釣れだし、

ポツリポツリ釣れ出す感じです。

後で思いましたが、
回遊するタナって意外と
上の方だったかもしれませんね。

入釣時はあまり釣り人居なかったのですが、
時間とともに次から次へとやってきます。

IMGP5295.jpg

IMGP5294.jpg

天候も荒れる予報だったのですが、
ほぼお日様も出ており、

風も西風が背中になる樽川埠頭なので、
寒い以外は大したあずましい釣り日和でございます。

始めはサクッと釣ってサクッと帰ろうと
思ってたのですが、

いかんせん数も伸びないので、
私としては珍しく、長時間頑張ってます(笑)

午前中で7、8匹といった感じです。
ただサイズは30センチ前後と大きめです。

20匹釣れたら帰ろうと決め、
回遊が来ないときは車で暖を取りながら
休憩もはさみます。

車横付けの岸壁ではこれができるから良いんですよね。

IMGP5296.jpg

そしてお昼を過ぎた時には、
岸壁は満員御礼でございますね(^_^;)

左のフェンスの方まで釣り人で
びっしりでございます。

IMGP5300.jpg

IMGP5299.jpg

釣れるペースは朝の方が明らかにいい感じで
ございましたね。

釣れ方はやはり同じで左から釣れだすと、
だんだん右側が釣れ出す感じです。

回遊がなくなると、
皆さん竿から離れて、手持ちの釣り人は
置き竿にして休む感じでございます。

釣り人が多くなった分、
釣れる確率も悪くなった感じもしますね(^_^;)

IMGP5301.jpg
▲皆さん、自作のシャクリ器ものすごいですね。

ただ、ペースはやっぱり
一時間に1、2回は回遊がやってきて

どこかかしこで釣れる感じですね。

これが一度、右の端ではなく、
左の端から釣れ出すこともあって、

右から釣れるパターンも変わった時間もありましたね。

私はというと、
どうも午後から極端にペースが落ちたので、

釣れてる人のサビキがハゲ皮使ってたので、
サビキをオーロラハゲ皮サビキ7号にチェンジします。

そこから数匹追加しましたが、
置き竿に掛かったり、周りが釣れててないのに

いきなり私だけ掛かったりと、
どうも釣れ方が分かりませんね~。

こちらも後で思いましたが、
おそらくニシンは上の方で回遊してたかも
しれませんね。

長竿釣り師の多くが長い竿の利点を利用して
サビキ2連結してる人も多く、

釣れだすと鯉のぼり状態でしたから、
大群で寄って来ると

一気に掛かってたのかも知れませんね。

私を含めて単発で掛かる人達は
ほぼ底狙いで下の針にしか掛かってこなかったので

おそらく群れは上の方を回遊して、
底の方ははぐれてたのが釣れたのかも知れませんね。

長竿サビキ2連結だとどっちも拾えますからね。

という訳で20匹目標でしたが、
途中15匹に目標を下方修正し、3時過ぎた頃まで

頑張りましたが、帰る釣り人も出始めた、
4時頃まで粘り、

これで15匹行ったなって思い、
帰ってから家の前で数えると14匹でございました。(^_^;)

IMGP5305.jpg

ま、大きいし、数釣ると裁くのも大変ですからね。
と、いつもの数が釣れない事をそれを理由に

納得させます(^_^;)

私としては異例の7時間釣行でございます。
車が傍にないとできないですね(^_^;)

ニシンは食べるのも楽しみでございますね!

4匹を刺身に、残りは塩水着けて干して
焼いて食べる予定ですが、

S_5665535319561.jpg
▲ちょっと形と色が悪いですが・・・。

白子と卵は別にして、
白子は塩と酒に漬けて、こちらも干して

酒のつまみで頂こうと思います。

卵は数の子づくりにチャレンジしてみようと
思いますが、どちらも放卵、放精間近っぽくて

かなり成熟してるので加工しにくいですね。
スポンサーサイト

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

クロガシラ狙いのはずが思わぬ釣果

3月も2週目に突入です。

気になるのは例年岸寄りする
小樽南防波堤のクロガシラですね。

週末の天気を気にしながら、
土曜日にしようか、日曜日にしようか

タイミングを考えておりました。
IMGP4327.jpg

今週は日曜の昼間かな~。
この釣りの良いのは日中でも釣果が

上がるのでとっても楽ですね。

そこで一部SNSにつぶやいてたところ
Iくんが僕も行きますと、返信が来ていました。

そして日曜日の朝8時過ぎに
現地に到着してみると・・・
-- 続きを読む --

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ニシン  小樽  群来 

[edit]

trackback --   comment --

PAGE TOP

余市河口漁港でニシン釣り!

IMGP4292.jpg

もうすぐ3月ですね。
そろそろカレイ釣りが気になる頃です。

釣り新聞でもカレイの情報が出始めてきました。
さて、今週はカレイ釣りに行こうか!

と、考えていましたが・・・。

天気予報見ると波が微妙なんですね。

あ、それといつも波の予報の
参考にしてた「海快晴」なんですが、

サイトリニューアルになってます。
見にくいこと、見にくいこと・・・。

余計な情報がTOPページに出てきて、
必要な地域情報にたどり着きにくいです。

と、話はそれましたが、
気温もかなり低いし、寒いときついなと。

サクラマスあたりも狙って二刀流も
良いかなって考えてましたが、

数人に連絡とってみるも、
同行者もいなさそうなので、

今週はお休みかな~なんて考えてました。
-- 続きを読む --

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ニシン  余市  釣り 

[edit]

PAGE TOP

たぶん釣り納め。樽川埠頭でニシン釣り!

IMGP3400.jpg

今年も一年が終わろうとしてます。
魚を追いかけてるとホント一年って早いっす!

あれも釣りたい、これも釣りたいと思いますが、
如何せん休みと気象条件が合わないとできませんね・・・。

この時期、雪が降る前に日本海のソウハチ釣りも
したかったところでしたが、結局行けず・・・。

そのうち、釣れる期間が終わっちゃうんですね。

今年も振り返れば、コマイに始まり、ワカサギに
いきまくり、気が付けば小樽のクロガシラシーズン。

サクラマスも追いかけ、のっこみクロゾイも狙い、
春のホッケを釣って、しばしヒラメ狙い・・・。

カラフトマスに鮭にブリにと多種多様です。

一言で表すなら・・・・・

『二兎を追う者は一兎をも得ず』(笑)

釣れる魚、釣れる時期を狙って行くのですが、
春なんかは特に被ってしまいます・・・。

やっぱり、何かに集中したほうがいいでしょうかね・・・。

いや、釣れる時期に、釣れる魚を手段を問わず釣る!
やっぱりこれが俺スタイルですね。

と、言うことで今年も一年ありがとうございました。
来年も基本的にはこのスタイルは貫きます(笑)

さて、今週は、小樽で釣ったニシンの刺身がなまら
旨くて、旨くてね(笑)

近場の樽川埠頭でも釣れてたので、
なんとか樽川埠頭でも釣っておきたい!

そこで、おそらく釣り納めになるであろう
今年最後の釣りはS氏をお誘いして樽川埠頭ニシン釣り。

今年のニシンは平均デカいんですね。
ただしムラもでかくて、釣れればパタパタ釣れるようですが

釣れない時は一晩粘っても釣れないようです。
回遊魚ですから仕方ないですよね・・・。

今朝も暗いうに樽川埠頭へ付きましたが、
夜中組はさっぱり釣れてなかったようです。

先週に降った雪のせいで駐車スペースが狭くなってましたが、
そこは、このために買ったような車ですから、

雪をかき分け駐車スペースを確保です。

樽川埠頭は何度も様子見できていましたが、
朝の明けてから回遊するパターンが多いように思いますね。

そこで、とりあえず、一番左側が空いてたので
場所確保でロッドホルダーセットして様子見です。

そのうちS氏も到着です。

暗いうちは、まったく釣れてる様子ありません。
車の中で待機してる人が多いですね。

外に出てる釣り人も手持ち無沙汰なかんじですね。

正月休みに突入してるので、時間はあまり気になりません。
幸い風も弱く気温も多少高めですね。

時々ちらつく雪が気になるぐらいです。

夜も明け始めますが回遊は来ませんね・・・。

仕掛けはグリーンスキンサビキ7号に反射板付けて、
上下に水中集魚ライト付けるパターンです。

シンカーも蛍光グリーン6号です。

時間も6時半回った頃でしょうか、
案の定、右端からポツポツ掛かり始めます。

なぜか、右端が一番釣れるんですよね・・・。

一番左端にいましたが、よく見ると右側が入るスペース
ありそうなんですよね。

すかさず移動したのは言うまでもありません。(笑)

で、ですがですね、私の右隣の人までなんです。

釣れるのが(^_^;)

IMGP3402.jpg

観察すると赤っぽいサビキにシンカーも赤い。
そこでツイストスキンケイムラレインボー(名前ながぁ)

にシンカーも蛍光赤6号に変えてみます。

しばし、辛抱しますが、ようやく掛かり始めました。

少し大きく回遊もし始めてる感じです。
釣れてるのはほぼ底に近い感じですね。

ただ、やっぱり一番右側が釣れてますね・・・。
軽く10匹はいってますね。

この時点でバラシこそありましたがたった一匹です(^_^;)

しかし、今度は左側の釣り人にのみ釣れ始めました。
見ると隣の隣の人なんて針数ニシン付いてます(^_^;)

するとその回遊の波に乗って私にもようやく
ポツポツと掛かり始めました。

ただ、やっぱり抜き上げる途中でバラシや、
掛かっても途中でバレるケースも多いですね。

しかし、それも続かず・・・。

1時間も続きませんでした(^_^;)

時間にして6時半から40、50分ぐらいだったでしょうか。
回遊魚の宿命ですね。

IMGP3403.jpg

ただ、やっぱり今年のニシンは大きいですね。
平均30センチ超えますからね。

そんななときS氏は車の中で寝てました(爆)

IMGP3405.jpg

それから釣り人もポツポツ帰り始めます。
早く帰っても暇なので、目覚めたS氏とお湯を沸かし

カップめんをすすりながら、次の回遊待ちますが・・・。
大粒の湿った雪がシンシンと降り始めてきます。

どちらからともなく、「帰りましょうか???」
という事で、リベンジを1人誓ったS氏と別れ

樽川埠頭を後にしました。これで釣り納めですね。

2004年開始の北海道フィッシングフロンティアですが、
今年の12月でちょうど丸10年になります。

途中、運営会社が変わり、サイトでは致命的な
ドメインの変更を余儀なくされたことが3回。

ピーク時に比べアクセスは10分の1程に減りましたが
このブログで知り合った釣り人は数しれず・・・。

まさに釣り人たちの出会い系サイト
といったところですか(笑)

連絡を取り合わなくなった人も多いですが、
引き続きブログは続けていきたいと思ってます。

釣り人のみなさま今年もありがとうございました!
来年もよろしくお願いします。

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ニシン  石狩  樽川埠頭 

[edit]

PAGE TOP

小樽港でデカニシン釣り!

IMGP3359.jpg

先週あたりだと、まだまだデカニシン
の情報ありませんでしたが、

平日に小樽港へ狙いに行った人から、
ついにデカニシンの頼りが・・・。

天気見ても他の釣り物も無理っぽかったので
週末はデカニシン狙うしかなさそうでございます。

そこで一等地小樽港の色内埠頭へ向かうことに。

時間は夕まずめに合わせて現地には4時半頃に着です。
吹雪の予報でしたが、流石に週末の土曜日、

釣り人出てますね~。

途中、屯田の釣具センターで、フラッシャー買います。
昨年だったか、一昨年だったか、

IMGP3365.jpg

これ、着けた他釣り人、圧倒的に釣ってたんですね。
また、発電機持たないものですから、

集魚効果も期待してのものですね。

現地つくと、Lineで連絡取り合ってた
シンシンさん御夫婦と合流です。

天気悪かったせいか、防波堤中びっしりでは
ありませんでしたが、釣り場確保には問題なさそうです。

が、釣れるポイントは限られています・・・。

そう、右側角地です。空かずの間ですね・・・。

少し様子見で回ると、案の定、角地のみが
ポツポツ釣れております。

左側の様子も見に行きますが、
左側に行くに従って釣果が落ちて行くようです。

一応、角地の右側の岸壁に一度、場所を確保しましたが
先端左側の人の切れ目まで向かいます。

ほんのちょっと右側のあたりまでは
ポツポツ釣れてるのですが・・・。

なぜか、左側に行けば行くほど釣れません・・・。
仕方ないので粘りますが、小物すら掛かりませんね。

すると中間付近の釣り人が帰り始めようとしてます。
それを見ていた、近くの釣り人がそこに移動し始めました。

そこで私もその移動した釣り人のポイントに移動します。

すると・・・。

ぽつらぽつら掛かり始めますね~。
サイズは25センチ以上って感じです。

IMGP3360.jpg

まれに小ニシンが掛かるぐらいです。

仕掛けはグリースキンサビキ8号に上下にフラッシャー
を付けて最上部に魚の形をした反射板をつけてます。

ここで不思議なのが、角地に近いところしか釣れず、
左に行けば行くほど釣れなくなるんですね。

途中、傾斜してるところあるのですが、
不思議とその辺までしか釣れません。

その左側だと投光器炊いててもあきらかに
釣果落ちますね。

私の二人右隣の釣り人なんか、見てると
連続で掛けてましたからね。

雪も途中で降ってきましたが、支障は無い感じですね。
風も背中からで弱かったので、寒い以外は

全然大丈夫でございました。

途中40センチ近い超デカニシンもゲットです。

DSC_0334.jpg

入れ喰いとは行きませんが飽きない程度に釣れます。

周りのライトの明かりで群れが見えるのですが、
かなり表層を泳いでますね。

お隣のお隣さんは見てると表層で喰ってきます。
私の方は少し下の方でヒットしますね。

それにしてもかなり表層に近いところです。

3時間ぐらい粘って15匹確保したところで
終漁でございます。

DSC_0336.jpg

やっぱり、発電機とライト買わないとダメかな・・・。

ブログ書く前にさばき終わり、
とりあえず刺身だけは作りました。

今日は外食なので調理及び食べるのはあすかな。

IMGP3364.jpg

テーマ: 釣り・フィッシング - ジャンル: スポーツ

tag: ニシン  小樽  釣り 

[edit]

PAGE TOP

FC2プロフ

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ